【フリーターの1人暮らし】正社員だけが生きる道ではない理由を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

ネットにはフリーターだと一生がヤバい。正社員にならないと厳しいという記事が溢れています。

ただ、現在フリーターで勤務をされている方は夢があり、そのような危機感を感じながらでもアルバイトを主軸として勤務をされていると思います。

結論、この記事ではフリーターである、あなたを一切否定しません。

むしろ、フリーターで一生涯を終えることは可能ということをお伝えさせていただきます。

しかし所得や雇用の状態によりある程度は制約を受ける生活は余儀なくされますが、それを我慢することができれば、フリーターのまま生きていくことは可能です。

むしろ夢が明確にあることは素晴らしいことであり、その実現のために尽力をしているあなたは素晴らしいのです。

ただ、フリーターである中で、これだけは保険として行っておいた方が得策だという事を1点だけ、お伝えします。

この記事を書いている人

(Twitter)

Remolog(りもろぐ)管理者|人材業界経験17年目|社長賞受賞経験あり|累積2000名以上の転職相談|1000社以上の支援実績|求人広告経験 |人材紹介業経験|採用ブランディング経験|コーチング経験|テレワークエバンジェリストとして活躍|40歳|横浜市在住

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

こんな方の悩みを解決する記事を書いています

Aくん

夢の実現のためにフリーターをやっているけれども、周囲の人は会社勤めをしてバリバリ第一線で活躍をしている。

そんな人を横目にみていると自分が本当にこれで良いのか悩んでしまう。

Nさん

色々と日常で制約を受けることは多々あるけれども、正社員で雇用をされて、一日中仕事に振り回されている人生は嫌だ。

それだったら一生涯フリーターで居続けたいと思っているけど、そんなことは可能なのか?

Fさん

周りから就職をするように進められるけど、フリーターで居続けることに慣れていて、いまさら正社員での雇用なんてできないだろうと思っている。

ただ、いろんな制約があるのは肌身で感じていて、不安はある。

結論、フリーターのままで生涯を終えることは可能です。

そのため、決して正社員に無理矢理就職をしなくてはならないといった焦る気持ちを持つ必要はありません。

それも含めてあなたの人生ですし、当然ながらその生活の中で得られる充実感も大いにあるはずです。

そのため決して仕方なく正社員に流されることはしなくて良いと考えています。

本記事では「フリーターはそもそも日本にどれだけ存在するのか」「フリーターで居続ける事がなぜ可能なのか」

「フリーターでいる事でどんな制約があるのか」「こんな傾向に該当をするのであれば正直、正社員への転職をオススメする」の項目について徹底解説をいたします。

もし、フリーターで居ることで、制約を受けるのが嫌だという方であれば、下記記事を参考にしながら、転職をしていくことをオススメします。(制約を受け入れられる方のみ閲覧いただくことをオススメします。)

目次

フリーターはそもそも日本にどれだけ存在をするのか?

減少傾向ではあるが、述べ136万人の方がフリーターとなっている

出典:総務省「2020年分の労働力調査」

2008年のリーマンショックを経て、多くの企業が雇用を調整することとなり、正社員の雇用を失った方が、一時的にアルバイトやパートなどの就業にシフトをしたことから、2008年〜2011年までは増加の傾向となっています。

そこから景気が回復をしたことで正社員の雇用枠が増えたため、アルバイトやパートから正社員になる方が増加をしたことで、年々フリーターの数が減少をしていることがわかります。

25歳〜34歳の年齢層が比重としては大きい

出典:総務省「2020年分の労働力調査」

2006年までは、15歳〜24歳までの若年層がフリーターとしての主の年齢層となっていましたが、2007年より逆転減少が起きており、現在では25〜34歳までの方々の比率が高い事がわかります。

これは、15〜24歳の時にフリーターとなっていた方がそのまま歳を取り、25〜34歳の間になっても、その雇用形態を維持していることの表れとなります。

このように昨今では高齢のフリーターが増えている傾向があります。

この背景としては少子高齢者に伴い、企業の採用が難しくなったことから、アルバイトやパートの雇用においても、ある程度の高時給を支給する就業先も多くなり、一定の所得を稼げることで、フリーターでも生計が立てられるようになってきた背景があると考えられます。

最低賃金も上昇傾向、それに併せてアルバイト・パートの時給も上昇傾向

上記は全国の最低賃金を示すデータとなりますが、ご覧の通り年々上昇をしています。

仮に2000年頃にアルバイト・パートとして勤務をしたとしても、5000〜6000円ほどしか得られなかったものも昨今では、7000〜9000円ほどまで1日得られるようになりました。

その結果、20日労働をした場合、一人暮らしであれば難なく生活ができるぐらいの所得を手にする事ができるようになっています。

フリーターで居続けることが、なぜ可能だと言い切れるのか?

今後も少子高齢化によって、人口が減少するため

日本はますます少子高齢化が進むと言われています。

そのため労働人口は減り続け、年金受給者などの人数も増加をしていくことから、働き手の需要はますます拡大をしていくと言われています。

その中で仕事は多数存在をしているけれども働き手がないと悩む経営者は少なくありません。

そうなると自社に人材を引き入れるために、時給を上げたり、特典を設けたりなど、アルバイトやパートの方でも恩恵を受けられる就業環境が多くなると見通しがあります。

そのため、十分生活可能な所得を手にする事ができ、一生涯アルバイトやパートでの雇用形態を続けられる可能性が高くなるのです。

生活困窮者にはセーフティネットとして生活保護が制度としてあるため

日本の制度は比較的整っており、万が一生活に困窮をした場合には申請をすることで生活保護として一定の給付金を受け取ることが可能です。

この制度は働けなくなった方を想定をして作られた制度ではありますので、万が一あなたがアルバイトやパートを続けられない状況になったときには、生活保護として一定の金額を手にしながら最低限の生活は営む事が可能です。

当然、働けるうちは働く方がよいのですが、アルバイト・パートだと一定の時間働かなければ当然収入はゼロとなり、突然生活が困窮をするリスクが否めない立場です。

不遇な状態を仮に迎えてしまったとしても生活ができるよう、政府としてもセーフティネットを強化して、保護をしている状態があるためフリーターでも生活はできるのです。

雇用形態が多様化をしていることで、スポット的な仕事が増えるため

従来は正社員雇用が基本で、勤務時間は9時〜18時までと8時間労働が主体でした。

しかしリモートワークの加速化や、仕事を成果として見ていく方向性に動く可能性が高く、そうなってきた場合に、時間ではなく成果に応じて所得が得られるようになります。

例えば下記サービスでは、登録をすると多くの仕事がWebサイト上に掲載をされています。

請け負うあなたは本ページに登録をして、できそうな仕事を請けていくだけで、ちょっとした時間に業務を行い月収10万円も得る事が可能です。

クラウディアの特徴について少し触れさせていただくと、日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

仕事を頼みたい企業や個人と、受けたい企業や個人をつなぐマッチングサイトとなっており、会員登録からすぐに仕事を請負い、始めることが可能です。

クラウドソーシング・在宅ワークなら【Craudia(クラウディア)】

様々な仕事から選ぶ事が可能

ウェブ・アプリ開発やホームページ制作 、LP・ロゴ・バナー制作などのある程度のデザイン力などが求められる専門的な仕事もありますし、チラシ作成や文字起こしなどのライティング業務、あなたのことについてのアンケートなど簡単な仕事まで多数登録をされています。

そのため自身のスキルレベルを把握して、できそうなものだけ受注をして業務を行なっていく事で、スポット的に稼ぐ事が可能です。

業務を通じて能力を培う事が可能

業務は簡単なものから始めましょう。

そこで大事なことは仕事を通じてスキルを高めていきましょう。そうすることで、また新しい仕事を請け負うことができ、スポットの時間でも収入が高い仕事が得られるようになります。

通常はフリーターとしてアルバイトをしながら、空いた時間にはクラウディアで仕事をしていくことで、ダブルインカムの生活がでに入れることができるようになります。

クラウドソーシング・在宅ワークなら【Craudia(クラウディア)】

まずは無料で登録ができるので、クラウディアに自分にあった仕事があるかどうかを見て、簡単なものからやってみることをお勧めします。

もし自分に合いそうだったら、継続的に単価の高い仕事を請け負ってみることをオススメします。

フリーターとなると、こんな制約を受けることになる

残念ながらフリーターで勤務をしていくと、比較的自由な時間が手に入る一方、弊害もあります。

主に下記の3点を制約だと感じている方が多いようです。それを許容することができれば、フリーターとして一生を過ごすことはできます。

貯蓄ができないために、将来的には不安が残る

一人暮らしであれば、十分生活をしていくことは可能です。

しかし贅沢はできず、最低限の生活を送る程度の生活になることは覚悟する必要はあります。

そのため当然貯金もしていくことは難しく、その日暮らしの生活になってしまう可能性があります。当然アルバイトとはいえども、年間の所得が106万円を超える金額になると所得税徴収の対象となり、その出費も鑑みる必要があります。

社会的な信用力という部分では欠けてしまう

住宅ローンやカーローンなどを組むことは難しくなります。

安定的な所得があったとしても雇用の区分においてアルバイト・パートになるとどうしても収入の安定というまでは判断されにくく、ほとんどの金融期間で申し込みをしても断られるということがあります。

そのため、将来的に住宅などを構えたい場合には、正社員にならざる終えません。

結婚などの機会には恵まれない可能性が高い

当然、夫婦となると、それなりの生活費が必要となります。

また、子供が産まれたら、大学卒業までの概算金額が1名につき2,000万円は必要であると言われています。

そのため家庭を築いていく場合には、少しハードルが高くなることは覚悟する必要があります。

このような傾向に合致をするならば、正社員をオススメする

上記の解説により、一人暮らしの場合においてのフリーター生活であれば、難なくこなしていく事が可能です。

しかし、将来的な設計をしていくとなると、少し厳しいという状況がわかります。

夢を追いかけながら目的意識を以てフリーターとして勤めている方であれば良いのですが、下記のパターンに該当をされる方であれば、正直、正社員での雇用を検討される方が好ましいです。

特に夢などはなく、ただ成り行きでフリーターをやっている

フリーターは勤務時間を自分の裁量で定められることはメリットではありますが、社会的信用、収入などにおいては圧倒的に不利です。

もし自由な時間を求めてのフリーター生活でなければ、即刻正社員での雇用に切り替えることは可能です。

現在は仕事は多数存在をするため、何か特別な要件を求めなければ、仕事は見つかります。

副業なども特段やっていない

例えば、いくつかの勤務先から所得を得ているパターンの場合を想定してください。1社に属すると大概就業規則上、副業が認められていない場合がまだまだ多く、副業をしていくことは難しいです。

ただ、最近では副業のジャンルも増えて、複数の仕事を同時並行でこなしていくことで多額の金額を得るという方も一定存在をします。

このように就業規則上副業が認められていない場合に、フリーターとして勤務をして、多くの仕事を請け負い生計を立てていくという事であれば、フリーターのままでも良い生活を送ることは可能だと思いますが、そうでない場合には、1社本業としてどこかの企業に就職をしていくことをオススメします。

もし、就職を希望ならば、フリーターの方への支援を主とした、就職SHOPを

転職に不慣れな方や就業経験がない方を対象にした人材紹介会社をおすすめします。

転職を不安に思う気持ちは非常に理解できますが、結論、一切不安に感じることはありません。

なぜかというと、転職に慣れている方というのは職を転々としていて、自身のキャリアが定まっていない人の可能性が高いです。

あなたが転職に慣れていないのは、今の仕事を大切にしてきた表れであって、誇りに思うべきです。

そのため、大事なことは「転職に慣れる」のではなく「この転職の機会を乗り越えて、次の仕事を徹底的に大事にすること」なのです。

多大なノウハウも身につける必要はありませんし、転職を人に語れるようになるのも必要ありません。

転職を決意した今の重要な局面を「いかに上手に乗り切るのか」が重要なテーマです。

この局面を乗り切ることができれば、手段は何だって良いのです。

転職活動に使えるものは使った方が絶対に「得」です。使わない手などありません。

1人での転職活動が難しいと感じるのであれば、2人で乗り越えたら良いのです。

そのための方法をお伝えしますが、注意点として「一切の料金はかからず、無料で利用できるもの」であり「あなたの些細な疑問もすぐに解消ができるもの」で「転職が実現するまで有効」を満たす「就職SHOP」をご紹介します。

若手の就職支援【就職Shop】
リクルートが運営する「就職SHOP」

こちらは、就職や転職の相談を「完全無料」でしていただけるサービスです。

リクルートグループが運営をしていて、サービス開始から延べ10万人もの方が利用をしており、情報管理やクオリティなどは安心して利用することができます。

そのため、外部にあなたの転職活動の情報が漏れることは一歳ありません。

また、サービスも充実をしていて、下記の悩みに対して的確にアドバイスをしていただく事が可能です。

  • 転職理由が定まらない場合には、コンサルタント相談をするだけで項目の洗い出しと優先順位づけをしていただけます。
  • 職務経歴書に書き出す際に、書類通過率の良い内容になるまで徹底的に添削いただけます。
  • 希望条件を満たす求人を迅速に紹介をいただき、あなたの転職活動を強力にサポートいただけます。
  • 転職のモチベーションが下がった時など、親身になって相談をいただけます。
  • 面接での会話の仕方など、丁寧にひとつひとつレクチャーしていただけます。
  • あなたの専任のコンサルタントがつき、お困りごとを受け止めてくれます。
  • 転職者からの相談はもちろん無料、転職をした後も料金は一切かかりません。

これだけの事を、あなたが入社が叶うまでサポートをしていただけます。

そして何度も伝えてしまいますが「完全無料」で利用をすることができます。

転職活動が曖昧な状態だったとしても相談の中で気づき、適切にナビゲートをしていただけますので、安心して利用ください。

若手の就職支援【就職Shop】
就職Shopとは、若者向けの仕事紹介カウンター|就職Shop

サービス利用の場合は上記の就職ShopのロゴからHPにアクセスをいただき「面談予約に進む」をクリック。

そして必要情報を記載して、エントリーするだけです。10分程度の申し込みで完了をします。

結論、フリーターとしての生活を送ることは可能です。

しかし様々な制約を受けながら生活をしていくことは必至です。

ただ、年齢を重ねていくと満足に仕事を選ぶことはできなくなり、フリーターから正社員にいくのであれば、なるべく早めの切り替えが必要です。

ただ、夢を持つことはとても素晴らしく、その実現をしていくためにやむなくフリーター生活ということであれば、スポット的な仕事をしながら、少しでも収入を増やし、将来の蓄えとしていくことをオススメします。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる