人事異動でモチベーション低下をした!【実は異動命令は期待の表れ】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

会社員として不可避なこととして、異動を命じられることではないでしょうか。半期に一度の人事異動が行われ、不本意な結果と捉えてしまった方も多いのではないでしょうか。当然、異動は希望の中で行われるものもあれば、突如命じられて不本意な部署へ行くこともあり、予測不能なだけに会社員としてはハラハラドキドキを感じるものとなっているはずです。

私も異動を命じられたことは多々ありますが、その瞬間は不本意だと感じたものの、実はキャリアを形成する上で大事な異動だったことも多々あります。

結論、この記事では異動を命じられ、その時には不本意だと感じていたとしても、その異動の本当の理由を解説することにより、納得をして次の環境で活躍をしようと思っていただける内容になっています。会社が異動を命じる理由について、そして異動によって得られるメリット、そして異動命令の際に確認をしておきたい点について解説をいたします。

この記事を書いている人

(Twitter)

Remolog(りもろぐ)管理者|人材業界経験17年目|社長賞受賞経験あり|累積2000名以上の転職相談|1000社以上の支援実績|求人広告経験 |人材紹介業経験|採用ブランディング経験|コーチング経験|テレワークエバンジェリストとして活躍|40歳|横浜市在住

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

こんな方の悩みを解決する記事を書いています

Nさん

不本意な部署に異動を命じられた、これって左遷なのかな?会社が自分を必要としていないのではと考えてしまい、とても不安に感じている。

Aくん

異動を命じられたんだけど、なんで自分がこの部署に異動なんだろうと疑問に思っている、どんな理由で会社は異動をされたんだろうか。

Bさん

異動って人間関係から仕事の仕方までイチから学ばなくてはならないので、活躍できるかどうかが不安に思う。

ネガティブに思う気持ちもわかりますが、結論異動は前向きに感じとると良いです。

これからお話をすることに関しては「異動によるメリット」「異動が与えるあなたへの良い影響」について解説をさせていただきます。

あなたの人生にとって異動が素晴らしいものに変わるよう、徹底解説をさせていただきます。

そんなポジティブに捉えられるような性格をしていないよ!と思われるかもしれませんが、まずは本記事をご覧いただき、理解を深めてください。

目次

異動はなぜ起こるのか?

あっきー

あ〜、今日実は会社で突然異動を命じられたの、新しい部署は○○というところで、今までの仕事と全く関係ないところなんだけど。

おっ、そうなんだね。それってもしかしたら良いきっかけの異動なのかもしれないね。当然会社は適材適所を実現するために異動をさせるんだけど、その意味合いは大きく二つに分類をされるんだ。今から説明をするのでしっかりと理解をしてみてね。

異動は会社都合と育成の観点の二つ存在する

組織の拡大に伴い、新しい部署も生まれます。そこで最適な方を登用するために、適任となる方を社内から選別します。

そこで選ばれた方は登用をされ、新たなミッションの中で重要なキーマンとして活躍をしていただくことを想定しています。

もう一つの異動理由としては人材の育成という側面です。これは、自身では気づいていない能力などを他者が見つけて評価をした場合、その素養を伸ばすために異動を命じて能力開発に努めていただくものです。

この場合においては、当事者にとっては実感がない素養ゆえに、異動を命じられた場合には不本意に思うケースが多いです。

しかし、長期的に見た時に、新たなミッション下で培う能力の広がりはとても大きく、この異動は結果的にしてよかったと社員側も思うことが多いようです。

そのため、一旦不本意に感じたとしても能力開発のひとつとして捉えてやってみると意外と良い結果を招く可能性が高いです。

人事異動で動かしたい人

全社を統括するなど、幅広い部門で活躍を期待されている方は異動を命じられることが多いです。

当然全社を管掌することになれば、それぞれの部門においての役割や課題などを把握しておく必要があるためです。

つまり期待をされている方こそ、異動を命じられることが多くなり、候補になるというのは歓迎されるべきことなのです。

一方異動をしない人はどのような方なのかというと、他の部署でその能力値を求められていないことが挙げられます。

当然その部門において重要なミッションを担っていて、スキルに特異性があるようであれば、例外となりますが、それが特にないとのことであれば、他の部署から指名を受けることができず、その部署に留まっているひとなのです。

人事異動は断ることは可能なのか?

基本的に会社の就業規則で異動の側面が定められている可能性が高いため、断ることはできません。

ただ、例えば転居を伴う異動などを命じられることもあるかと思います。

しかし異動をしてしまうことによって私生活に多大な影響をもたらす可能性がある場合には、人事異動は拒否するというよりも、伝えることで考慮をしてくれる会社が増えているようです。

例えば親の介護などにより転居をすることはどうしても難しいといった事例においては会社に事情を相談をして異動の対象から外してもらうことができたりします。

会社は事情を考慮して異動を取り下げてくれることもあり、一度相談をいただくことが重要です。

あっきー

なるほどね、異動は期待の現れって解釈でもあるのね、確かに異動を命じられたときには、困惑をしているため冷静に考えられなかったけど、実はこういう意図もあったと知って、少しほっとした。

そうだね、当然全て前向きな異動ではないけど、最近では育成面やどうしてもあなたの力が必要なところに配置転換をするケースが多いんだ。

異動により得られるものは何があるのか

新しい部署での人脈形成

新しい部署へ異動をすれば、初対面の方々との交流を行う必要がでてきます。

イチから人間関係を構築しなくてはならなくなるため、その過程は大変ではありますが、その人脈はあなたの会社人生の中でとても大きな意味を成してきます。

つまり前の部署での人間関係はそのまま引き継がれ、新しい部門での人間関係も構築できるために、社内であなたのことを知る人も多くなり、協力を仰ぐ際には多くの方に相談をすることが可能になります。

新しい知識や経験が手に入る

同じ仕事を行う場合には叶いませんが、別のミッションを少しでも担うような異動の場合だと新たな知識が必要になるなど学習の機会が手に入ります。

また勉強で得たことを実業務で活かすことができれば習得も早いため、最適な学習が行えます。そのため、その会社だけでなく、今後のキャリアを形成をしていく中で大事な経験を得る機会となる場合が多いので積極的に異動は捉えたいです。

固定観念を壊す機会が得られる

同一の部署に長いこと在籍をしていると、固定観念が無意識に形成をされてしまいます。

そうなると判断軸などにおいても無難なものが選択されるようになってしまい、会社にとってみれば、リスクは軽減できるのは良いことですが、一方新しい発想が生まれないなどの弊害も生じるようになります。

その点新しい部門に異動をすると新しい価値観が当然ながら存在をします。その観点を身につけ、過去に培った経験も考慮をしながら新しい概念での判断ができるようになり、自身が持つ選択の深みが増すといったメリットが挙げられます。

あっきー

たしかにね。特に人脈や新しい知識に関しては異動をしたことによって得られたって経験もあるもんね、最初は戸惑うことも多いけど、この異動がきっかけになって社内で仕事がしやすくなったということもあったね。

特に人脈は貴重だよね。同じ部署で勤務をしていると働きやすいんだけど、どうしても社内の人脈が広がらないから閉鎖的になるし、会社全体を見渡すということも難しくなるからね。

異動を命じられた時に確認をすべきこと

自分の期待されているミッションと役割を把握しておく

異動を命じるということは何かしらのメリットが必ず存在をします。そのため異動の理由については上長に何を期待されているのかを確認するようにしましょう。

期待をされている場合には、必ずミッションが明確にあり、上司はそれを話してくれるはずです。そのため自分が腹落ちをするまで上長にヒアリングをして、把握をするようにしましょう。

異動後の自身の後任選定と引き継ぎ業務について上司とすり合わせておく

異動をしたことで、前の部署での業務をほっぽりだしてしまうと当然ながら異動前の部署が困惑してしまいます。

だからこそ、異動をすると命じられた場合には何の仕事を自分が手がけていて、誰に引き継ぐのかをしっかりとすり合わせて抜かりなく引き継ぎを行うようにしましょう。

そうすることで、引き際もしっかりとした対応をする人として感じていただき、周囲からの信頼も増します。

あっきー

あっ、これは大事だよね。異動を命じられることがあっても、その意図について命じた人に尋ねることはあまりしなかったな。今思えば聞いておけば異動を前向きに捉えられたのかもしれないな。

そうそう、結果的に異動をして、成長をしてより会社に貢献できるようになるのであれば、歓迎すべきことだよね。

まとめ

最近では、異動は人事育成の観点で行われることが多いようです。

3年周期で必ず異動を発生させる企業も珍しくなくなってきました。

当然今の部門で多大な成果を輩出していた場合には異動により棄損をされる可能性があるために業績だけを中心に考えたら、異動はマイナスしかありません。

しかし、あなたに様々な能力開発をしてもらうことが結果的に会社の成長に長期的な視点で見た時にはプラスと捉えられることが多く、定期的にあなたに経験をさせる意味で異動を命じている可能性もあります。

そのためモチベーションの低下をするのではなく、この機会をチャンスとして捉えて進めていくほうが結果的に得策です。

過去に私も異動を数回経験しましたが、命じられた直後はモチベーションが下がったこともありましたが、結果的はプラスの異動ばかりであり、良い経験をさせてもらったと思っています。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる