リクルートエージェント面談【ハイキャリア部門に出会えたら活用必須】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

普段、人材紹介会社に対してのコンサルタント業務も行っておりますが、私自身が転職活動を行った際には人材紹介会社を中心に利用をしています。

その中で今回はリクルートエージェントのハイキャリア部門でお世話になった話をさせていただきたいと思います。

この記事では、もっともよかったと感じたリクルートエージェントのハイキャリア部門での紹介斡旋について体験談をもとに解説をします。

このハイキャリア部門というのはリクルートエージェントの中でも特徴を持った部門であり、もしお世話になる機会があればぜひ積極活用をしていくべきだと断言します。

そう思った背景について体験から感じた内容をもとに解説をいたします。

結論、最初からハイキャリア部門での斡旋は望めません。リクルートキャリアに支援を依頼すると、候補者の属性を鑑みてアサインされます。

この記事を書いている人

(Twitter)

Remolog(りもろぐ)管理者|人材業界経験17年目|社長賞受賞経験あり|累積2000名以上の転職相談|1000社以上の支援実績|求人広告経験 |人材紹介業経験|採用ブランディング経験|コーチング経験|テレワークエバンジェリストとして活躍|40歳|横浜市在住

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

こんな方の悩みを解決する記事を書いています

Nさん

良い人材紹介会社を探しているんだけど、いまいち自分にあった仕事を紹介してくれるところに巡り会えていない、どこか良い紹介会社があったら教えて欲しい。

Aくん

リクルートエージェントのHPを見ていたらハイキャリア部門っていうのが書かれていたけど、これは一体どんな紹介が行われるのかを知りたい。

Bさん

ある程度経験を有しているため、専門的なアドバイスを受けられる人材紹介を検討したい、ただ、ある程度の求人数がある大手でそれを実現したいと思っているけど、どこか良いところはないかな??

上記の方にお勧めしたいのが、リクルートエージェントのハイキャリア部門です。

通常の部門とは異なり、大変素晴らしいサービスを行っていただくことが可能です。

あなたの転職活動をより確実なものにするためのサポートを受けられると断言できます。その理由について下記で解説をさせていただきます。

決して宣伝ではなく、自身が受けてみて本当によかった人材紹介サービスだったので、もし、この部門にアサインを受けることがあれば、必ず頼りにするようにしましょう。

目次

リクルートエージェントのハイキャリア部門とは

あっきー

リクルートエージェントって記載があったので、どんな人材紹介会社なのかはなんとなくイメージがつくけど、この中でもハイキャリア部門っていうのは一体なんなの??

そうだね、イチから説明が必要かもね。まずはリクルートキャリアについて、今一度どんな特徴を持った人材紹介会社なのかを解説をして、その後にハイキャリア部門について解説をしていくね!

リクルートエージェントとは

まず、リクルートエージェントについての説明ですが、リクルートグループの運営する人材紹介部門です。

現在日本において最も大手のサービスであり、特徴としては圧倒的な求人数の多さが挙げられます。

また、データベース管理も整っており、瞬時に希望の条件を満たす求人を提供してくれるため、効率的に転職活動を進めたいと考える方には適切なサービスです。

ハイキャリア部門とは

ハイクラスや高年収領域専門の転職支援サービスです。

主にミドルクラス〜ハイクラスまでの求人がメインとなり、現在の経験を生かしたスペシャリスト採用や、管理職採用などの少しアッパーな方々を対象とした人材紹介部門です。

体験談としてですが、ここで紹介をいただく求人は700万円〜1200万円程度の求人も多く、外資系IT会社や、国内大手企業など問わず名だたる企業の求人案件を推薦いただけます。

また、リクルートエージェントの中でも経験豊富なコンサルタントが属しており、そのアドバイスは非常に的確であり、転職活動をスムーズにナビゲートしていただけます。

あっきー

なるほどね、通常の若手層の求人とは異なり、少しハイレンジな求人を紹介してくれるサービスなのね。詳しい知見を持ったコンサルタントが多いのかしら?

そうだね、ここに属するコンサルタントは業界に精通をしている方が多くて、細かな悩みに対しても的確に回答をしてくれるんだ。ここのサービスを受けられるようだったら何がメリットなのか解説をしてみるね!

ハイキャリア部門のメリットは何か?

専門特化をしたコンサルタントによる面談が可能

もともと、業界に精通をしていた方が担当をしてくれているケースがあり、知識としては多大なものを持たれています。

業界の商慣習に始まり、ネガティブな点、転職活動を考える理由、同業界でのキャリアの築き方といった細かい部分まで精通をしているコンサルタントが在籍をしています。

そのため相談をすると、すぐに事情を理解していただけるため、会話もスムーズで顕在化した課題に対してはもちろん迅速に理解をいただけます。

また、自分でも気づいていない潜在的な課題についても言及をしてくれるために、学びとしてはとても大きい機会となりました。

具体的には、業界内で転職を決意する方がどのような悩みを持っていて、どのように解決をして、今どうなっているのかとった情報も併せて紹介をしていただけたために、自分の描くキャリアの道筋がはっきりとしてきて、転職のイメージがつくようになりました。

ハイクラス求人が多大にあり、選択に困るぐらい選べるようになる

とにかくハイクラス領域の相談をさせていただく中で、該当をする求人はすぐにピックアップをいただきました。

その結果ハイクラス求人が自分の手元に50社程度集まり、選ぶのも一苦労だった覚えがあります。

紹介をいただく際にも「この会社への志望に関しては○○という経験が不足をしているために、もしかしたらチャレンジ的な意味合いも強いですが」と補足をしていたいたりもしたため、応募難易度なども肌感覚としては得ることができ、どのような企業が自分にとって相応なのか相場感も掴めることができました。

企業担当と求職者担当が分かれていない

これは意外でしたが、リクルートエージェントは通常、転職者側と企業側の専任スタッフが分かれています。

転職者側を担当する役割をキャリアアドバイザー、企業側を担当する役割をリクルーティングアドバイザーと呼んでいます。

この分業は効率性を追求できる反面、企業の雰囲気など求人票から見えない情報などを手にすることは難しくなります。

一方このハイキャリア部門においては企業と転職者の担当が同一であるため、企業の温度感、雰囲気、細かな注意点なども含めて詳細に把握をされており、どんな疑問にも迅速に回答をいただくことができました。

ハイクラス領域の転職となると、細かな部分まで検討をしないと多大なリスクになって返ってくることがあります。

そのような点についても適切にアドバイスをいただけるため、信頼をして転職相談をすることが可能でした。

徹底的にレジュメを添削していただけます

希望の求人に好まれそうな内容を鑑み、自身の経歴書を徹底的に磨き込んでいただけました。

強み、弱みを把握し、それが相手企業にとってどのように伝えることが適切なのかといった分析、そして書き込んだ職務経歴書の添削に何度も付き合っていただけました。

これだけでもかなり価値あることであり、その職務経歴書は現在ではほとんどの企業で用いることができるような素晴らしいものへと変化をしました。

ちなみに、非公開求人も多く取り扱っているため、あまり見かけない求人も紹介をしてくれたりします。そのため、自身の求める求人が見つけられていないという方は活用すべきです。(非公開求人は過去記事を参照)

こんな方にはオススメしないサービスだった

転職の意向が曖昧な方

上記のメリットが享受できる反面、転職の意向が曖昧だった場合には適切なアドバイスをコンサルタントもできません。

自身が何を課題と感じて、どのようにしたいのか。それはどのような求人があれば叶うのか。

そしていつぐらいまでに転職をしていきたいと考えているのかといったイメージをしっかりと持って相談に望めば的確なアドバイスをいただくことは可能です。

しかし、そうでない場合にはやはりコンサルタントにとっても曖昧なアドバイスしかできなくなり、有意義な時間を過ごすことはできなくなります。

もちろん、相談程度でもリクルートエージェント側は歓迎なのかもしれませんが、有意義な時間にするのであれば、このあたりの意向は整理して望まれると良いでしょう。

自身の強みなどの整理をまだ行っていない方

自身の強みや弱みを整理した上で臨まれないと、コンサルタントも自身のキャリアを客観的に棚卸しするのが難しくなります。

そうすると職務経歴書の添削なども難しくなり、結果として活用をするメリットが薄れてしまいます。

最低限、自身の強みや弱み、希望条件、転職理由などはどこかに書き留めていただき、コンサルタントに伝えられるレベルまでは情報としてまとめておくことをオススメします。

あっきー

すごく良いサービスなんだね。確かに業界に精通をしているコンサルタントであれば、自身を客観的に見てくれて、そして深いアドバイスもしていただけるので、職務経歴書なんかもすごくまとまりそう。

そうなんだよ。実際に自分も職務経歴書の添削に非常に尽力をいただいて、どこにでも通るぐらいの職務経歴書ができたんだ。当然人材紹介なので無料でサービスを受けられるので、本当に良い出会いだったと思っているよ。

この部門にたどり着くためには、リクルートエージェントのHPより通常エントリー

最初からハイキャリアの部門を選択することはできません。

あなたのキャリアを鑑みた上で、ハイキャリア部門での担当が適切だとエージェント側が判断をした場合に、担当として振り分けがなされ、ハイキャリア部門での相談が可能となります。その振り分け条件は当然非公開ではありますが、ある程度の経験を有していることがおそらく条件となりますので、申し込みの際には何をキャリアとして培っているのかを詳細に記載をすることが必要だと考えます。

ハイキャリア部門での相談を受けられるのであれば、絶対にメインで活用をオススメします。

圧倒的なハイクラス求人の紹介をしていただけることはもちろんのこと、転職活動を通じて自身の強みや弱みについても徹底的に整理をいただくことができるサービスはとても価値あるものだと感じました。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる