在宅勤務(テレワーク)のサボりはバレる!【未対策の場合は丸裸に】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

📘 この記事のレベル

初心者
難易度
解決時間
記事を読むのに必要な時間

約 11 分

こんにちは、慎です。

「テレワーク中にサボりをしているけど、会社にバレていないかな?」という不安を抱えていませんか?

結論から述べると、対策を講じないとサボっている実態は会社に筒抜けになります。

そうなって懲戒などの重たい処分を受ける前に「バレないための対策方法」について解説をしていきます。

あっきー

誰にも見られていないはずの在宅なのになんでバレるの??

基本的に、在宅勤務が許されている職種は「ホワイトワーカー」と呼ばれる、企画系・営業系・事務系などの仕事の方が多いです。この方々は必ずと言っていいほど、会社のPCを貸与されているため、それが原因となりサボりはバレます。

ちなみに、会社にサボりがバレると、こんな重たいペナルティが課されることがあります。

  • 上司に呼び出され、きつい説教を受けることになる
  • 評価に反映をされ、給与などに大きく影響をもたらすことになる
  • 同僚に白い目で見られるようになり、職場に居づらくなる
  • 懲戒などの処分を下され、次の転職活動時にも大きく影響をもたらすことになる

サボりが見つかるとかなりの代償をもたらすことになるため、絶対にバレることは避けるべきです。

そのため、この記事では対策を講じることで、在宅勤務時でも会社にバレないための方法をお教えします。

この記事は下記のような方におすすめです!

  • 誰にも見られていないしサボりをしても大丈夫かな?でもバレたら怖いなと考えている人
  • テレワーク中にサボりがバレて処分を受けた人が居るって聞いたけど、どうやってバレたのか知りたい人
  • バレないために自分でもできる対策について知りたい人

適度なサボりは多少許される範囲内ですが、常態化してしまうと抜け出すのが難しいです。「サボり癖をなんとかしたい!【治すための具体的な方法を解説します】」のでサボり癖がある人の治し方もご紹介していますので気になる方はご覧ください。

この記事を書いている人

(Twitter)
  • 人材業界経験17年目
  • 社長賞受賞経験あり
  • 2000名以上の転職相談
  • 1000社以上の支援実績
  • 求人広告経験
  • 人材紹介業経験

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

活用必須】転職を支援する自分が「友人に薦められる」厳選サービス

転職エージェント編

金融系・コンサル系への転職希望の方 :株式会社コトラ(公式HPはこちら)
管理系職種への転職希望の方:株式会社Ms-Japan(公式HPはこちら)
ハイクラス系求人への転職希望の方:株式会社JAC-Recruitment(公式HPはこちら)
外資系企業への転職希望の方:エンワールド・ジャパン株式会社(公式HPはこちら)
転職未経験者に特化をした紹介会社:就職SHOP /株式会社リクルート(公式HPはこちら)
ベンチャー企業への転職希望の方:株式会社UZUZ(公式HPはこちら)

自己分析編(完全無料サービス)

新卒者限定の自己分析ツール:株式会社キャリアエッセンス/Job-T(公式HPはこちら)
中途者限定の自己分析ツール:ミイダス株式会社(公式HPはこちら)

この記事では、まず、テレワークに移行をしたことで、みんなが何に時間を費やしているのかを説明します。その上で、サボりがバレる理由・対策方法について解説をし、テレワーク中のサボりでもバレないようにする対処法をお伝えします。

目次

テレワークの勤務実態はアンケートでも明らかになっている

✏️ テレワーク中の勤務実態について

出典:日本労働組合総連合会「テレワークに関する調査2020」

アンケート結果のポイント

  1. 約50%程度の方がテレワークの中で残業をせず定時で業務を終了している
  2. 約30%程度の方が勤務時間8時間を費やすことなく業務を終了している(サボっている)
  3. テレワークをしている方の70%程度が勤務日の5日以上を在宅で実施をしている
  4. 時間外・休日労働などの申告などをしていない方が60%程度存在している
  5. 小学生以下の子供を抱える回答者の80%程度がテレワークは困難と回答している

通勤時間が削減されるだけで、ものすごく影響は大きいです。「通勤時間1時間は無駄である5つの理由【在宅勤務をして分かった点】」の記事で詳しく解説をしています!

テレワークになり「働かなくなった人」が圧倒的に多い

✏️ テレワーク中の勤務実態について

出典:テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)

アンケート結果のポイント

  1. 残業時間の変化がないと答える人が50%程度で最多の回答
  2. 通勤時間が削減されたとしても業務時間に充てているという方が多い
  3. 残りの50%の方は1日1時間〜6時間程度時間削減ができたと答える方が占める
  4. 職種や役職、仕事環境によって多少のばらつきが生じているものの、多くの方が残業時間の削減に成功

残念ながらサボっている状況がいつまでも見過ごす会社も多くはなく、対策が徐々に取られています。「在宅勤務はサボり放題と感じている人へ【まもなく終止符が打たれる】」で詳しく解説をしていますので、ご覧ください。

サボっていると思われているんじゃないかという不安を感じる方も多い

[20代:n=266、30代:n=299、40代:n=140、50代以上:n=33][SA]
出典:株式会社ヌーラボ「テレワークと“サボり”の関係性に関するアンケート調査

アンケート結果のポイント

  1. テレワークにより自分の時間が増えたと回答をする方が約40%占める
  2. 労働時間が減り、在宅で一人で勤務をしていく中で、サボっていると思われていると不安に感じる方が増加
  3. 年齢が高い方ほど、サボっていると思われている不安感が強い
  4. サボっていると思われれている方の多くが、より仕事に費やす時間が増加している

テレワークも万能ではありません。実施をしてみて感じた課題について「テレワークになって抱えた課題【2年の在宅勤務を通じて見えたもの】」で解説をしています!

テレワークになり、みんな「生活のゆとり」が多くなった

出典:日本労働組合総連合会「テレワークに関する調査2020」

アンケート結果のポイント

  1. 浮いた時間を何かに活用をしたいと考える人が増加
  2. 空いた時間は家族との団欒の時間に費やす方が圧倒的に多い傾向
  3. 自分の時間を有効活用するために勉強を始める方も増加

下記の記事は、テレワークの中で自身のスキルアップを図りたいと感じる方に向けて、費用対効果が抜群な学習方法のみを厳選して紹介をしている記事となります。

これから少しでも勉強に取り組もうと考えている方は是非ご活用ください。

テレワークで時間ができ、結果的に夫婦仲がよくなったという例も

出典:PRTIMES「夫婦仲について」

アンケート結果のポイント

  1. 家族と共に過ごす時間が増えたため、必然的に会話量が増えた
  2. 子供の様子を見ている時間が増えたため、お互いの認識が一致した
  3. 夫が家事を手伝う時間が増えた
  4. お互いの仕事の側面を見る時間が増え、理解が深まった

夫婦仲が良くなったと答える一方で、家事を手伝わないことや、仕事のストレスをぶつけられる頻度が高くなったという意見もあり、一緒にいる時間が良くも悪くもはっきりと影響をしている事がわかります。

結局、みんなは浮いた時間は何に活用しているの?

出典:テレワーク・リモートワーク総合研究所「「テレワークによって浮いた通勤時間の使い方」

アンケート結果のポイント

  1. 仕事に活かせる「資格取得」などの時間に費やし、有意義に時間を使う
  2. 英語などのやってみたかった能力開発に時間を使う
  3. 健康管理のために、お酒を控え、ジョギングなどのトレーニングに費やす
  4. オンラインスクールなどに通い、本格的に勉強を開始する
  5. やっぱり、ついついオフの時間通りネットサーフィンなどに費やしてしまっている

1日数時間捻出ができれば、難しい資格などにもチャレンジが可能ですし、現在資格学校ではオンラインスクールなども整備していたりして、従来より勉強がしやすい環境が整ってきているということも要因としては挙げられます。

資格学校も以前と比較をしてプロモーションを強化しているのか、テレビCMや雑誌、Webのプロモーションで多く広告を見かけるようになりました。それだけ需要が伸びていることが分かります。

また、テレワークで空いた時間に副業としてブログを始める方も増えています。

私も同様ですが、実はブログは結構仕事に活かせる内容も多く、やっておいて損はない取り組みです。

詳細については「ブログで「かせぐ事」よりも大事なこと【心底後悔した僕が語ります】」の記事でご紹介をしていますので、併せてご覧ください。

また、テレワークに移行をして趣味が減ったと感じる方は「テレワーク時代のオススメ趣味嗜好15選【暇な毎日を脱却する方法】」の記事もおすすめです!

ここから本題、在宅中見られてなくても、行動は「ま・る・は・だ・か」です

あっきー

確かにここまでの内容で、テレワークになったことで時間が生まれたってことはわかったけど、なんで、私たちの行動が会社に筒抜けなの??

まぁまぁ、ちょっと待ってよ。仰々しい話になるんだけど、これから「自分たちの仕事は会社に監視されてて丸裸」ってことを説明していくね。

会社は勤務時間をデータで管理しています

テレワークの中での労働管理実態について

  1. パソコンの使用時間(ログイン・ログアウト)の時間によって労働実態を管理しているのが最多
  2. ICリーダーなどでの読み取りにより勤怠を管理しているのはわずか10%程度
  3. 中小企業を中心に労働管理をしていないと答える会社も20%程度と多い状態

この結果からもわかる通り、大手企業ではテレワークに移行をする際にある程度の勤務実態を測れる体制を構築していることがわかります。

また、貸与をしているパソコンに対して端末管理ソフトを導入するなどをして、把握しているようです。

最近では、分単位でパソコンの使用時間が計測できるだけでなく、何のページをブラウザで見ているのか、何のアプリを開いているのかなどもログとして残るようなシステム導入がされていたりします。

もっとも多かったものは、パソコンの使用時間などを計測することで管理をして、その時間が少ない方には個別ヒアリングなどを行い実態調査などをしている事を耳にします。

最近だとCMをやっているSKYなどはその類の管理ツールです。

端末管理ソフトの詳細については「在宅勤務で遊んでいる人は要注意【端末管理ソフトで全てバレてます】」で詳しく解説をしていますので併せてご覧ください。

情報端末(貸与PCやスマホ)は監視されている

双眼鏡で探し物をするが見つからない会社員の写真

会社から支給をされるパソコンやスマホには、予め会社が定めたアプリを強制でインストールできます。この中で資産管理ソフトというものもセットアップされているケースがあります。

これは「起動アプリの名前と使用時間」「ブラウザで閲覧をした全ページと閲覧した時間」「パソコン起動時間」そして「ファイル移行などのアクセス履歴」など、情報システム部門は瞬時に把握が可能です。

つまり、あなたが「いつ、何を、どのように、どのくらい」といった尺度は全て筒抜けなのです。ちなみにセキュリティ強化と言われている昨今、このような仕組みを取り入れていない企業は少ないです。

GPSで現在地がわかるようになっている

迷子をスマホのGPSで探すエプロン姿の介護士の写真

最近のPCではGPS計測ができるものがほとんどかと思います。

例えば、代表的なものでいうとスマートフォン。おそらく全機種にGPSが対応をしていると言っても過言ではありませんが、この仕組により、あなたが今どこにいるのかがわかります。

スマホを紛失してしまった時には便利なGPSですが、最近はこの精度が非常に高く、移動経路なども事細かに把握されてしまいます。そのため会社スマホを持ち歩くのは注意が必要です。

パソコン操作をしていない時間がわかる

ベッドに入りながらリモート飲みする男性の写真

資産管理ソフトではパソコンを何時に立ち上げ、何時にシャットダウンをしたのか、正確な日時を記録する機能があります。

始業の時間にパソコンを立ち上げていなければ、サボっていると疑われますし、逆に立ち上げていてもアプリケーション等々やブラウザ閲覧などをしていなければ、利用されていないのが筒抜けになります。

ただ、どうしてもやる気がでない時は誰もがありますよね。そんな時にはこちらの記事をご覧ください。

アクセスログが全て参照できる

MacBookでコーディングの写真

どこに何の目的でアクセスをしたのかはわかるようになっています。

例えば会社の貸与されたパソコンで株のチャートなどを立ち上げみている方などは筒抜けです。

業務と関係のないサイトの一覧を出す事ができるため、そのページにアクセスをした人をリストアップすることは容易です。

なんで大勢いる会社で、自分だけバレるのか?(発覚するまでのプロセス)

発覚プロセスのまとめ

  1. 情報システム部門で、怪しい行動の場合には検知される仕組みがある
  2. 上司が行動ログを閲覧する権限を有していることが多い

業務と逸脱した行動ログがあればアラートが出る

鐘型の風鈴の写真

資産管理ソフトは本来セキュリティを担保するために使用されるものです。

つまり社員が危険な行為を行っている場合には、すぐにアラートが出て、状況把握ができるようになっています。一例を挙げると、社内のデータを持ち出そうとしても同様にアラートが出ます。

私の知る会社では1ヶ月に1回、株のチャート、アダルトサイト、通販サイト、ギャンブルなどのキーワードに該当をするページを軸に◯回見ていた社員をピックアップをします。

そして該当の社員には詳細をヒアリングして事実確認をするという制度を取り入れている会社も存在しています。

上司が行動履歴を参照する場合があるため

46%削減すると意気込む上司の写真

怪しい行動をしている社員は、上司もなんとなく分かります。

例えば、Googleカレンダーなどに何の予定も入っていない社員を対象に、上司が情報システム部門に問い合わせをして、アクセスログなどの調査を依頼していたりもします。

そこで、何のアクセスもない、スケジュールも何もないという状況だったら、上司に「怪しい」と思われてしまい、聞き取りの時間を入れられて、問い詰められた結果バレるということも起こります。

テレワークに移行をしたからと言って暇になるわけではありません。「テレワークで暇だと感じるのは危険サイン【即実行の改善方法を解説】」で危ない兆候について解説をしていますのでご興味があればご覧ください。

万が一、バレたらどうなるのか?(処罰はどんなものがあるのか)

発覚プロセスのまとめ

  1. 会社員として最も過酷な懲戒処分が待っている
  2. サボり中に事故があった場合には労災が降りない可能性もある

就業規定に基づく懲戒処分が待っている

声を荒らげるスパルタ先生の写真

懲戒処分と聞くとクビになると思われる方も多いかもしれませんが、通常段階があり、事態がによって処分が確定をします。

サボりの場合には「服務規程違反」に該当するケースが想定をされ、多くの場合には「訓告処分(注意をされる)」処分が課せられることが多いでしょう。

ただ、サボりも長時間に渡っていたり、会社の業務に相反する行為(本業の知見や人脈、経験を活かして同業の副業を始めるなど)があった場合には処分のレベルも高まり、場合によっては懲戒解雇となる場合があります。

サボり中に外出をして交通事故などに巻き込まれた場合

祝田橋の交差点と交通整理をする警察官の写真

仮に業務時間であったとしても、業務内容に全く関係ない所に出向いて事故にあったとしたら、労災認定も降りない可能性があります。

結果的に、治療費の補助も受けられなくなり、多額の出費をしなくてはならない状況が発生する可能性があります。

仮にこれが昼休み等々の時間で昼食のため外出をしたということであれば、直接的な業務ではないものの、会社の就業上起こりうるものであると捉えられ労災認定が降ります。

サボりがバレないための対策方法

会社のPCやスマホは極力持ち歩かない

待ちぼうけでスマホを手に取る女性の写真

GPSの追跡を回避するために、会社のPCやスマホは持ち歩かないようにしましょう。しかしサボり中の出先で会社のスマホに電話がかかってくることもあります。

その対策として、会社のスマホの「転送設定」を行うようにしましょう。この場合には電話に出てしまうと、会社のスマホで通話料が発生しますので、その額が大きくなりるとバレます。

そのため、着信があった場合には電話に出ず、極力サボりから戻った時に折り返しをするようにしましょう。

Zoomなどは背景画像を必ず入れる

ベッドに寝転びながらZOOMするの写真

急なZoom会議を求められた時でも、アカウントさえあれば、最悪自分のスマホからもアクセスすることができます。しかし端末が異なると背景設定などは引き継がれないため、万が一に備え自分のスマホの背景画像も設定しておきましょう。

背景画像は自分のデスク周りの画像を入れておくと普段と変わらない風景が映し出されるため万が一の時にも怪しまれずに済むようになります。

会社のPCは朝イチに立ち上げておく

今日の報告書だけ送っちゃうねの写真

会社のPCが立ち上がっていないことでバレることを回避するための方法です。朝イチにはタイムカードの打刻だけでなく、会社のPCを立ち上げ、スリープなども解除しておくと良いでしょう。

多少バッテリーは消費しますが、会社PCを立ち上げていないことでバレてしまう危険性が減ります。また、Googleリモートなどの遠隔アプリなども入れられるようであれば、尚良いです。

外出先から何か作業を求めれたとしてもちょっとしたことであれば、対応することが可能です。

チャットアプリなどは立ち上げをしておく

サポートチームにチャットで確認していますの写真

チャットアプリは多くがオンライン状態なのか、そうでないのかが分かるようなアイコンがあります。

このアイコンが長時間オフラインになっている場合にはサボっているのでは、と勘繰られてしまい結果として、監視をされる可能性があります。

そのため、チャットアプリは会社PCを立ち上げたと同時にセットをしておくと良いでしょう。

対策のまとめ

  1. 外出をする場合には、会社携帯は転送設定にし、自宅に置いておく
  2. 会社PCで無用なサイトは決してみない(怪しいサイトを見る場合には自宅のPCを必ず使う)
  3. 朝にパソコンを立ち上げ、オンライン状態にしておく、夕方にはシャットダウンをする(スリープは不可)
  4. 急なZoomのログインを求められたとしても背景でバレないように設定する(スマホアプリも忘れず)
  5. チャットアプリは必ず立ち上げておく

対策の最新版については、禁じ手ですが「バレない仕事のサボり方【不器用な人でも怒られずに済む方法を解説】」という記事で、サボりがバレても怒られずに済む方法を解説していますので、併せてご覧ください。

リモートワーク環境の中で直接的には誰の目にも触れない状況とはなりますが、システムによって行動はすべて監視をされています。

当然、人なので気分が乗らないときもありますが、小休止程度でとどめておき、自分を律しながら業務をしていく必要があります。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる