在宅勤務はサボり放題と感じている人へ【まもなく終止符が打たれる】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

📘 この記事のレベル

初心者
難易度
解決時間
記事を読むのに必要な時間

約 8 分

こんにちは、慎です。

テレワーク中にサボり癖がついてしまって、出社になったらどうなるんだろうと不安に思った経験はありませんか?

現在はコロナ禍なので感染を防止することが最優先と考え、会社のインフラなども未整備な状況はありますが、テレワークに移行をしている会社が多いのではないでしょうか。

しかし、テレワークの弊害も企業は段々とわかってきており、出社頻度をどうしようかと、議論検討している会社が多くなっているようです。

当然、テレワークにはメリットもデメリットもあります。

テレワークのメリットについて

  • 通勤の必要がないため、その時間を有効活用することができる。
  • 会社メリットとして、光熱費やオフィス賃料などの削減に一定寄与できる。

テレワークのデメリットについて

  • 社員同士の交流が乏しくなるため、関係性が希薄になる
  • 議論など、煮詰めなくてはならない話が進めにくくなる

上記のようにテレワークもメリデメが存在をし、すべての会社がテレワーク実施に際して歓迎をしているわけではありません。

あくまでも今は感染対策の一貫として、取り急ぎリモートワークを取り入れただけという会社が多い状況です。

この記事は下記のような方におすすめです!

  • 在宅勤務は誰の監視もないのでサボり放題。でも少し後ろめたさを感じている人
  • 与えられた仕事を最低限こなしているから、サボっていても大丈夫だと思っている人
  • 出社頻度が高まることを戦々恐々と不安に思っている人

本記事では「テレワークがメインの方針が間も無く終わるためサボることができなくなる」理由について解説をします。

この記事を書いている人

(Twitter)
  • 人材業界経験17年目
  • 社長賞受賞経験あり
  • 2000名以上の転職相談
  • 1000社以上の支援実績
  • 求人広告経験
  • 人材紹介業経験

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

活用必須】転職を支援する自分が「友人に薦められる」厳選サービス

転職エージェント編

金融系・コンサル系への転職希望の方 :株式会社コトラ(公式HPはこちら)
管理系職種への転職希望の方:株式会社Ms-Japan(公式HPはこちら)
ハイクラス系求人への転職希望の方:株式会社JAC-Recruitment(公式HPはこちら)
外資系企業への転職希望の方:エンワールド・ジャパン株式会社(公式HPはこちら)
転職未経験者に特化をした紹介会社:就職SHOP /株式会社リクルート(公式HPはこちら)
ベンチャー企業への転職希望の方:株式会社UZUZ(公式HPはこちら)

自己分析編(完全無料サービス)

新卒者限定の自己分析ツール:株式会社キャリアエッセンス/Job-T(公式HPはこちら)
中途者限定の自己分析ツール:ミイダス株式会社(公式HPはこちら)

ちなみにテレワークで暇だと感じる人は結構危険なサインです。「テレワークで暇だと感じるのは危険サイン【即実行の改善方法を解説】」で詳しく解説をしていますので併せてご覧ください。

目次

テレワークメインに「終止符」が打たれる理由

あっきー

テレワークが終わっちゃうと、なんだか在宅での自由が奪われるような感じがして、あまり前向きには捉えらないなぁ。

そうだよね、通勤が主体の生活が戻ってくると、なかなか受け止めにくいよね。ただ、出勤を主体とした働き方に移行をする理由もあるんだよね。

ポイント

  1. テレワークでは「◯◯◯◯」という業務が弊害になっているため、会社は対策を講じようとしている
  2. 在宅での勤務を嫌う「◯◯◯◯」という存在がいるため
  3. 「◯◯◯◯」を推進するため、テレワークと在宅を掛け合わせようとする働き方を推奨している

前提として、テレワークは従業員にとっては大変なメリットですが、経営者にとってはどうでしょうか。

また、出社をして同僚と顔合わせをしない働き方を続けるとどうなるのでしょうか。結論、さまざまな観点を複合させるとメリットもデメリットも出てくるため、その課題に対して企業としては当然対処をしていきます。

その観点について解説をしていきます。

【特徴1】テレワークでは行いにくい業務が放置されてしまっている

出典:PRTIMES「コロナ禍におけるオフィスの在り方」

今の業務を遂行するだけであれば、テレワークを中心とした働き方で何ら問題ない会社が多いのではないでしょうか。

しかし、テレワークの場合下記が極めてネックになります。

  • ちょっとしたことをZoomでは聞きにくいので、新入社員などの疑問が解消されにくい。
  • 社員の仕事の管理が難しいため、改善のテコ入れを図ることが極めて難しい。
  • 行動管理などを行う手立てがなく、会社としての適正な管理が不十分
  • 短期オンボーディングなどつきっきりの必要性がある業務がやりにくく、育成しづらい。

つまり、今の会社の業務に関しては難なく行えますが、会社は中長期での発展も見据えて意思決定をしていかなくてはなりません。

このように密接に人と関わらないと進められない業務がおざなりになっているというデメリットもあります。

上記のことについても明確に方針を定めなくては、今後の発展も期待しにくくなり、明確に解決するための方針を打ち出す必要があると考えている会社が多いのです。

【特徴2】多くの経営者が出社に大きな意義を感じている人が多い

出典:PRTIMES「コロナ禍におけるオフィスの在り方」

会社は社員同士の意見を交わすことでイノベーションを起こしたり、その意見を集約することで新しい解決策などを講じたりします。

コミュニケーションはやはり在宅よりも出社をして集約をした方がやりやすいと感じている経営者が多いようです。

また、自宅だと集中ができないと感じている人も一定存在をしているため、その人たちにとって出社をすることは自身の業務の生産性を上げる環境となりうるため、そんな人たちの意見も反映して出社は有効と考えているようです。

また、会社にとって風土はとても大事なものです。

ただ、在宅が中心となるとコミュニケーション頻度が低下して風土を形成することが容易ではなくなることで、経営にとって大きな弊害が生まれることになります。

一定、在宅勤務を行う中で社員が新しい試みを図るということも起きていて「ブログで「かせぐ事」よりも大事なこと【心底後悔した僕が語ります】」や「テレワーク時代のオススメ趣味嗜好15選【暇な毎日を脱却する方法】」など新しいチャレンジをしていく人も増えているため在宅のメリットも一定はあります。

【特徴3】新しい働き方の模索をしている企業が多くなっている

出典:PRTIMES「コロナ禍におけるオフィスの在り方」

テレワークが仕事の生産性を高めている側面もあり、全てを出社に切り替えるという方針を考えている経営者は少ないようです。

そのため、今後はテレワークと出社の回数を定めて「ハイブリッド型」と呼ばれる勤務に移行をしていくと考えているケースが多いようです。

そうなると今後はある程度出社をして、会社で進める方が効率的な業務は出社時に行い、自身だけで行える業務は自宅で行うという働き方が選択されることが多いでしょう。

自分一人で行える業務に関しては在宅時に行い、コミュニケーションを活発にしなければ進まない業務に関しては出社をした時に交わして解消をするといったように、業務とコミュニケーションを効率よく展開するハイブリッド型が支持される傾向にあります。

在宅勤務はサボり放題と感じている方が、危険だといえる理由について

働き方として「出社日・テレワーク日」を定めるというだけの変化ではなくなる可能性があります。その理由について解説をしていきます。

ポイント

  1. 現在の日本の評価制度は「◯◯◯◯」なのでテレワークのサボりを指摘しにくい
  2. サボりは知らぬうちに「◯◯◯◯」するものだから
  3. 経営リスクを回避するため「◯◯◯◯」を強めるようになってきているから

【特徴1】「ジョブ型雇用」への支持が高まっている背景がある

出典:SELECK「ジョブ型雇用」

出社、テレワークという働くスタイルだけでなく、評価制度についても見直しをしている企業が多いです。

もともと日本は「メンバーシップ型」と呼ばれる仕事の形態を優先してきました。

メンバーシップ型評価制度

  1. 業務は「人」に割り振られる考え方であり、人の能力に対して給与という対価を払う
  2. 人に対して業務が割り振られるため、仕事ひとつひとつの成果の所在が見えにくい

具体的にどれだけの仕事を行い、いつまでに何を成果として輩出すべきなのを定義しにくいという側面があります。

これにより、テレワークの中で仕事の成果が曖昧だったとしても把握しにくく、サボり放題と思ってしまう方が多いのが今の特徴です。

ただ、今後は「ジョブ型」に移行をしていこうと検討をする会社が増えてきています。

ジョブ型評価制度

  1. 業務に対して報酬が支払われるため、人の能力は考慮されない
  2. 業務のクオリティは担保されるが、手がける人の生産性の部分は見えにくい

これは、仕事が中心という考え方で、その仕事を誰がどの範囲まで行い、何を完成物とするのかが明確に定まっているため、仕事をしたのか、していないのかといった線引きが明確に設けられるようになります。

そうすると、テレワークでサボっていると当然仕事が終わらず、仕事をしていないという状況が明白なものとなります。

【特徴2】サボりの癖がつくと、なかなか戻せない

結論、サボりは最初は少しだけと思っていたとしても「知らずのうちにエスカレート」していきます。

私の身近にいたAさんの実例をもとに解説をしていきます。

Aさんの特徴

  1. 最初は1時間だけの小休止をしていたはずが、次第に2時間〜3時間サボるようになってしまった
  2. 自制をしようとしたけれども、誰にも監視をされていないため、ついつい楽な方に流れるようになった
  3. サボりは決して会社にバレていないだろうと考え、安堵をしてしまっていた
  4. 何度もサボりを治そうと努力をしたが、やっぱり楽な方に流れてしまう癖は拭えなかった

このAくんは仕事をすぐにサボり、また、サボりが発覚をして都度注意をすると、言い訳ばかりです。

とある日に自身のサボりの結果、顧客に大きな損害を与えてしまうことがあり、懲戒処分が下されるようになってしまいました。

そして、サボりは会社に大体バレています。

下記の記事で詳しく解説をしていますので併せてご覧ください。

Aさんの主張としては下記のようなことでした。

Aくん

仕事に向き合おうと努力はしたんですが、ついつい集中力がなくなるとぼーっとしてしまうことが多くなって、ついついサボりに発展しちゃうんです。

Aくん

サボってきた期間が長かったので、まじめに働こうとしても、他のことが気になっちゃって、そちらに気を取られちゃうんです。

自身としては心底改善をしたいと考えているようですが、長年サボっていると「楽」と感じてしまう感覚が根付いていて、ついつい集中力が途切れた時など、堕落した方向へ無意識で向かってしまいます。

もし、サボりの自覚があって、本気で治したいと思う方は「サボり癖をなんとかしたい!【治すための具体的な方法を解説します】」の記事をご覧ください。即効性のあるものをご紹介していますので、参考になるかと思います。

【特徴3】サボりの実態はログでしっかりと取られているため

サボりをしている人がバレていないと思うのは大間違いです。

それどころか、サボりの記録がしっかりと取られているため、言い訳をしても無駄です。その理由はいくつかるのですが、昨今多くの会社が導入をしている、端末管理ソフトにあります。

端末管理ソフトとは

  1. 会社のPCの利用状況を把握するためのソフトウェア
  2. 開いたWebページ、滞在時間、利用時間などすべてのアクセス記録が一定期間保存される
  3. 端末をどこに持ち出しているのかGPS等々で把握ができる

テレワークと在宅を融合していくことで、このような端末管理ソフトの需要が飛躍的伸びています。

今までは一部の大手企業を中心に利用をされていましたが、サービス提供金額も見直しが図られ安価で導入することができるようになってきたこともあり中小企業でも導入する企業が増えています。

詳細は過去記事を参照いただければと思いますが、このようなソフトによる監視が強化をされることにより、テレワークでのサボりの実態は白日のもとに晒され指摘が強化される傾向にあります。

数分の息抜きであれば良いのですが、一度サボるとエスカレートをしてしまい、業務時間のほとんどがサボりに充てられているという状況を招いてしまいます。

そうなる前に、自制をして、今後「テレワーク→出勤スタイルへの変更」「メンバーシップ型→ジョブ型」移行になったときにサボりが白日の元に晒される前に、必ず改善をしておきましょう。


励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる