転職の最終面接は、ほぼ合格?【何を目的に実施するのか理由を解説】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

転職の相談を受ける中で、最終面接の対策について教えて欲しいという事を耳にします。

当然第一志望の企業に万全の準備をして臨みたいという気持ちはわかりますが、結論から述べると最終面接で落ちることはあまりありません。

なのに、なぜ必ず最終面接をするのかといった疑問も多く聞こえてきます。

今回の記事では転職時の最終面接はほぼ合格なのに、なぜ実施をするのかといった理由について解説をしていきたいと思います。

最終面接の対策も万全にしていったのに、代表と世間話程度のことしか話さなかったのに、合格という結果に拍子抜けをされた方も多かったのではないでしょうか。

今回の記事では、転職において一般的な企業は何回面接を実施し、何回目が最終面接になるのかといった大枠を解説します。

その後に、この面接を実施する理由について解説をした後に、最終面接は落ちないとはいえ、気をつけるべき点について解説をさせていただきますので、最後までお読みいただけますと幸いです。

念のためお伝えをしますが、最終面接はほぼ落ちないという結果論であって、会社によっては代表自らが採用権を握り、直接合否を下すという会社もありますので、完全に気を抜くのはご法度です。

この記事を書いている人

(Twitter)

Remolog(りもろぐ)管理者|人材業界経験17年目|社長賞受賞経験あり|累積2000名以上の転職相談|1000社以上の支援実績|求人広告経験 |人材紹介業経験|採用ブランディング経験|コーチング経験|テレワークエバンジェリストとして活躍|40歳|横浜市在住

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

こんな方の悩みに解決する記事を書いています

Aくん

一次面接に現場の担当者の方で、二次面接で人事の役員に対応をいただいた。

その後に最終面接ということで社長との面接が控えているが、一体何を用意していけばよいのかわからない。

Bさん

最終面接で落ちたということをあまり聞かないんだけど、そもそも何でこの面接が用意をされているのかがわからない。

合否などを判断しないのであれば、やる必要がないと感じているんだけど、なぜだろうか。

Bさん

最終面接は社長か役員に対応をしていただくことになっているんだけど、ビジネスの世界で百戦錬磨の彼らと対等に話をさせていただくことなんてできるのだろうか。

緊張しちゃって話せなかったらまずいよな。

みなさん、最終面接に望まれる方は多かれ少なかれ上記のような感情を持っていることが多いです。

不安になる気持ちはわかりますが、安心をして望むようにしてみてください。

この記事で、最終面接を実施する理由がわかれば少しでもリラックスをして臨むことができるようになりますので、参考にしていただけますと幸いです。

目次

面接はそもそも何回まで行うのが一般的なのか

あっきー

第一志望の最終面接までようやくたどり着いたんだけど、次で3回目の面接。

普通このくらいの回数はどこの会社でも実施をするようなものなの?

うん、結論から述べると今は2回実施をするところが多いかな。

その2回目が最終面接に該当をしていることが多く、大体社長が対応をすることが多いようだね。

現在の一般的な面接回数について解説をしてみるね。

面接回数の割合(職種別)
出典:doda「面接は平均何回?」

面接の回数は2回が標準的

転職サイト大手のdodaの調査によると、転職において面接回数は2回と答えた企業が圧倒的に多いことがわかります。

しかし業種によっては3回実施をしているところもあり、志望をする先で傾向はまちまちであることがわかります。

金融系職種の面接が大きい理由は、お金を扱う職種ゆえ、慎重さや管理、責任感など多岐にわたる人物面を捉える必要があります。

ひとりの面接官が良いと判断をしても別の人が見るとNGといったケースが起きるため、複数人数との面接をしながら人物を見極めなくてはならないという理由から起きています。

一方で、医療系職種や技術系などにおいては資格が必要となるため、その資格の保持者であれば、能力的には問題ないと判断をされ、面接が2回程度で終了をする傾向にあるため、全体的に面接回数は少ない傾向にあります

人が集まりにくい業界に関しては面接回数は少なめとなっている

たとえば、販売サービス系の職種や営業系の職種においては、一般的には不人気職種に該当をします。

そのため応募の人数自体が少ないため、面接回数を極端に多くしてしまうと、選考辞退などにつながりかねない可能性もあります。

そのため、面接回数をできるだけコンパクトにして、少ない回数で応募者を囲っていこうとする企業の姿勢があり、面接回数は比較的少なめとなります。

ただ、応募をする職種が不人気だったとしても、人気企業であれば、人は多く集まります。

その場合には企業としても人が選べる立場にあるため、面接回数が多くなる傾向があります。

このように職種だけでなく、どれだけ人が集まっているのかによっても面接回数は異なりますので注意が必要です。

面接回数は景気によって変動をします

現在は売り手市場と呼ばれる状況ゆえ、求人数の方が多く、求職者が少ないという構図になっています。

つまり働き手が少ないとなると企業は躍起になり採用をしていかないと、なかなか人の確保ができないという状況です。

そのため、全体的に調整が聞きやすい面接の回数を少なくすることにより、求職者が応募しやすいような状態を作り、なるべく負荷がかからないような配慮のため多くても3回程度の面接で留まることが多いです。

しかし、リーマンショック直後などを例にとると、買い手市場だったため、求人数が少なく、求職者の数が圧倒的に多いような状況だったため、どんな求人だったとしても多数の求職者が殺到をしました。

その結果、企業は多くの人をふるいにかける必要があり、面接回数も4回〜5回程度設ける会社が多くなっていた時期もありました。

このように、景況感によっても面接の回数は異なりますので、ひとえに何回という形で決まっているわけではありませんでのご注意ください。

余談ですが面接の筆記試験は1回にはカウントされません

あっきー

面接の筆記試験含めると計4回目なんだけど、この試験に関しては面接では1カウントに該当をしないの??

うん、筆記試験に関しては面接回数には該当をしないことが一般的かな。

この試験に関しての概要についても少し説明をしておくね。

結果報告書
出典:エン・ジャパン「3E-iP」

筆記試験の一例を挙げると「SPI」が代表的なものですが、このテストは試験時間だけで数時間かかるため、面接時に受講をするとなると転職者の大きな負担になります。

そのため、上記で紹介をしたエン・ジャパンが展開をする「3E-iP」のようにSPIほどの細かな指標は図ることはできないものの、ビジネスシーンにおいて必要とされる能力のみを把握することができるSPIの簡略版のようなテストが現在では主流となっています。

このテストは概ね30分程度で受けられることが多く、Webで回答をするものが一般的になっています。

多くが、書類選考を通過して、その後に本テストの配信がメールアドレス宛に送られ、それに沿って受講をしていくことが一般的です。

このテストの特徴は「人物面を見極める」という点と「計算能力などの地頭」を図る二つの要素が織り込まれています。

上記の表では右下の点数が書かれているものが地頭を指し示すものであり、それ以外のものに関しては、性格などを把握するものになっています。

筆記試験はなんのために行っているのか

性格面を把握するため

どんなに優秀な方であったとしても、会社風土に合わなかったり、既存社員とのコミュニケーションが性格的に難しいと判断をされたら迎え入れることはできません。

そのため適正検査を経て、その人の指向性などを把握しますが、テスト結果はあくまでデータなので、この指標だけを鵜呑みにするのではなく、面接などでの印象も踏まえて総合的に判断をしていくことが求められます。

そのため、事前に受験をいただいたテスト結果をもとに、その裏付けを取るため面接で質問をさせていただき、その結果で受け入れるかどうかを判断しています。

そのため、事前に受験するテストでは、正しい回答を焦らず行うのが重要です。

地頭を把握するため

いかに人物面が非常に優れていても職務遂行能力が乏しい場合には務まりません。

そのため、地頭の良さというその人の能力値を測るために、このようなテストには計算問題などの性質を持った質問が用意されています。

これは時間内に何問解けて、その正誤がどれだけあったのかを測るものゆえ、落ち着いてテストに臨むようにしましょう。

現在実施されているテストは多くが上記の2つの把握できるものがほとんどで、自宅でリラックスしながらWebで受講できるものが多く、時間をきちんと確保をして受験をしていく事をお勧めします。

上記のように、筆記試験に苦手意識を持たれる方というのは一定いらっしゃるようですが、最近のテストは対策などを講じることが難しいです。

ありのまま受験をすることが求められているので、なるべく脳が冴えている午前中などに受講をする以外特段の対策などを行うことは難しいと言えるでしょう。

話を戻します、転職時の最終面接は何のために行うのか

あっきー

最終面接で社長と会うことになったんだけど、なんか緊張しちゃうよね。百戦錬磨の彼らに対して何を伝えれば良いのか教えて欲しい。

そうだよね。緊張しちゃうのもよくわかるけど、彼らが何を見極めているのかの背景をきちんと理解をすれば、そんなに応対に困るようなことはないはずなので、下記をきちんと理解をして臨もう。

最終面接で見極めるのは、ずばり「人物面」である

社長はその会社の代表者で社員の雇用に対しての最終責任を持つ人です。

そのため顔合わせをしてどんな人物が自社に入社をしておくのかを把握しておく必要があります。

ただ、最終面接前に人事担当者は現場責任者との面談を経て、人物面はある程度認められている人が最終面接にたどり着くため、あなたのありのままを代表にお話をいただくことで問題なく終えられることができるようになります。

代表者としては、現場が認めた人を無下にすることもできないため、代表自らが合否を判断してしまうと、現場の顔を潰しかねません。

顔合わせ程度のものになっていることが多く、最終面接では合否が問われれないことが多いのです。

多くの最終面接ではこれを聞かれるので、用意をしておくと良いです

顔合わせの中で、当たり障りのない質問を受けることが多いのですが、ほとんどが下記のような事を尋ねられているようです。

少なくともこの回答に関してはある程度自分の答えを用意しておく必要があり、その程度の対策で構いませんので、リラックスして臨むようにしましょう。

  • なぜこの会社を受けたのか?
  • 今までどんな仕事をしていたのか?
  • 困難に当たったときにどう克服をしたのか?
  • 仕事をする上で、何を大切にしているのか?
  • 入社をしたら何をしていきたいか?
  • 入社に際して不安に感じていることは何か?

このようなざっくりとした質問をされることが多いです。

少なくとも上記の質問に関しては周りくどい言い方はせず、端的に伝えることが好まれますので、回答を用意しておきましょう。

最終面接は基本対面で実施をするのでご注意

最近では選考はオンラインで行うことも多いですが、この最終面接だけは顔を合わせながら行うことが多く、来社を求められることが多いです。

また、代表が立ち会うことが多く、ご多忙の中を間を縫って時間を作っていただくことが多いため、多少の時間の前後が直前に起きることはよくあることなので、余裕をもって当日は訪問をするようにしましょう。

この最終面接の時間は通常であれば30分程度で終わることが多く、長時間になることはあまり多くありません。

そのため、短時間で答えられるように端的に回答をまとめておくということは事前準備として取り組む事をお勧めします。

あっきー

大手の企業でもこのように重役の人が対応をすることが多いってよく耳にするけど、一介の従業員に時間を費やしてくれるなんて、ありがたいね。

そうだね、企業は人なりという言葉にもあるように、会社にとってもっとも大事なのは人であり、それを迎え入れることに対しては企業にとっても責任を持つことにつながるよね。

最終面接でしっかりと顔を合わせておくという慣習が日本にはあるよね。

残念な事をいいます、最終面接で落ちてしまった例

あっきー

最終面接は「ほぼ」落ちないって言うけど、ほぼってことは落ちる人もいるの?

かなり少数だとは思うんだけど、どんな例があったのかを教えてほしいんだけど。

そうだね、最終面接で落ちてしまった例は残念ながらあるよ。

実際に起きた事例をもとに解説をしていくけど、いずれも回避が可能なものなので、絶対に下記のことは行わないようにしよう。

面接時間に遅刻をした

数分の遅刻ではあったものの、企業に事前に連絡をせず、遅れて訪問をした候補者の方は残念ながら、それを理由に不採用になってしまったことがあります。

時間を守るのは当然であるという考えが同社にはあるため、それに反してしまったことにより代表の逆鱗に触れてしまい、結果的には不採用になってしまったと言う例です。

当たり前かもしれませんが、くれぐれも時間には注意をして少なくとも10分前には同社に訪問をするなどして、絶対に遅れるようなことがないように段取りをしましょう。

万が一電車などの仕方ない理由によっての遅延だった場合には、事前に人事担当者に報告をするなど、情報共有をしておくことで問題なく進められますので焦らず、適切な対応を行うようにしましょう。

会社の価値観に共感を示さなかった

代表はその会社のトップです。当然ながら会社には風土もあり、大事な考えが存在をします。

特段代表者はこの考えに共感をしている人物かどうかは気にしてみています。

そのため最終面接時に会社の風土についての言及がなされ、そこに一定の理解が示せなかった状況では、不採用になる可能性があります。

納得をしていないのに、最終面接だけ合意を行う必要はありませんが、一次面接〜二次面接段階で会社の考え方についての疑問があればしっかりと解消をしておき、未然に防げるようなやりとりはしておきましょう。

面接での回答に虚偽があった

当然、一次面接〜二次面接での回答については、代表にも申し送りと言う形で共有をされています。

つまり、その回答に対して逸脱する内容の回答をしてしまった場合、代表者が困惑をしてしまい、結果的に見送りと言う事態になる可能性があります。

くれぐれも一次面接〜二次面接では何を話したかどうかは思い起こし、一貫性のある発言をすることをお勧めします。

これらのことは嘘みたいかもしれませんが、実際に起きていることです。

いずれも、当たり前のことゆえ、適切な対応をすることにより回避は可能です。慌てず、ゆっくり冷静になって対応をするようにしましょう。

ここに関しては当たり前かもしれませんが、多くの企業では一次面接や二次面接でしっかりと見極めを行なった上で最終に辿り着きますが、代表がNOと言ってしまうと、どんなに頑張っても不採用になってしまいます。

ただ、よほどのことがない限りは通過をするのでリラックスをして臨むようにしましょう。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。

転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「
無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる