転職活動がつらい、疲れた【在職中に無理せず最短で行う方法を伝授】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

転職を始めて行う場合、自分一人で情報を調べて、応募をして転職活動を成功させるのは非常に難しいです。

転職活動は秘密裏に行う必要はありますが、誰にも相談をしないで、ひとりで進めようとすると膨大な時間がかかります。

また、誤った情報をもとに進めてしまい、結果内定までの道のりが遠くなってしまうことがあります。

そうならないために、今回の記事では「転職初心者が何を頼ればよいのか?」を解説していきます!

転職を実現するためには、方法などにこだわりを持つ必要はありません。

使える方法があれば、とことん活用をして自分が良いと思える転職先を見つけることができれば、転職活動としての本質は満たせるのです。決して転職ノウハウなどを身につける必要もありません。

「転職活動を思い立った時」のみあなたの力になることができればよいのです。そのための有益な情報のみ厳選してご紹介をさせていただきます。

この記事を書いている人

(Twitter)

Remolog(りもろぐ)管理者|人材業界経験17年目|社長賞受賞経験あり|累積2000名以上の転職相談|1000社以上の支援実績|求人広告経験 |人材紹介業経験|採用ブランディング経験|コーチング経験|テレワークエバンジェリストとして活躍|40歳|横浜市在住

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

こんな方の悩みを解決する記事を書いています

Nさん

転職は準備が肝心ってことはわかるけど、自分は就業経験がないために、職務経歴書に記載をすることもできない。

何を頼って、何から始めてよいのかを端的に教えて欲しい。

Dさん

準備をしようにも、いざやろうとすると職務経歴書に何を書いて良いのかもまとまらない。

転職活動やめようかなって思うぐらい準備が辛い。

Bさん

転職サイトを見ていても悩みは増える一方で、誰かに相談をしたいんだけど、紹介会社の利用は未経験でも活用して良いものなのかわからず、躊躇してしまう。

Fさん

とにかく転職活動は不安なことばかり、どのようにして良いのか一緒に悩んで相談をしながらサポートをしてくれる人が欲しい。

ただ有料のものは利用できず、とにかく無料でサポートを受けたい。

基本、誰もが転職活動には不安を持ちます。

あなただけではありませんので、ご心配をされる必要は全くありません。転職が怖いと思うのも当たり前ですし、不安に思うのもみんな同じです。下記のアンケートは転職サイト「ミドルの転職」のユーザーにアンケートを取ったものです。

このサイトは30代〜40代のミドル層が中心に利用をしていますが、下記の回答通り総じて不安を抱えていることがわかります。

出典:ミドルの転職「「転職活動中の苦労・不安」について」

転職活動が始めてだと、自分の希望する求人を探すのも一苦労です。

また転職活動が長期化すればするほど、不安は高まっていきます。

また、在職中であれば、現職の仕事との両立をするということも難しく、自分ひとりで情報を調べながら転職をしていくのは、よっぽど慣れている方でなければ不可能だと言っても過言ではありません。

そのため、頼れるものは頼っていただき、とにかく楽に転職活動を進める方が賢いのです。

そのため今回の記事では頼るものを頼って、あなたの転職を最短で、そしてなるべく楽に実現する方法を徹底解説します。

転職活動に慣れていないと、一人で転職活動を行うのは不安もつきまとうし、多々疑問に思うこともあるため、人材紹介会社を使うと解消できるようになるよね。

今回は「人材紹介会社に頼ろう」というテーマで解説をしていくね!

あっきー

人材紹介、確かに転職活動が不慣れな中だったら、すごく良いサービスよね。

ただ昔に利用をした人材紹介会社が全然ダメだったので、あんまりいい思い出がないんだよね。

そうだったんだ、確かに人材紹介会社は良し悪しがあるよね。

じゃあ、今回の記事では「良い・悪い人材紹介会社の見抜き方」についても解説をしていくね!

今回の記事では、転職活動をひとりで進めるのではなく、人材紹介会社を利用して相談をしながら着実に前進をさせていくための記事を書きます。

ただ、上記でもお伝えした通り、人材紹介会社には相談をする相手の優劣があり、残念ながら転職活動において役に立たなかったと答える方も一定存在するのは事実です。

そのため、解説としては「なぜ人材紹介会社を活用したほうが良いのか」を転職初心者がつまづくポイントを通じて解説をし「どのように人材紹介会社を利用するのか」を話し、最後に「ダメな人材紹介会社の見抜き方」という点を解説します。

本記事を通じて、転職をより実現するための可能性を引き上げることができるようになります。

目次

そもそも、人材紹介サービスってどんな存在なのか?

一言で言うと採用をしたい企業と、あなたの間に立って仲介などを行なってくれるサービスです。

あなたの転職に対しての希望や悩みを捉え、適切にアドバイスをしてくれる存在です。また企業との間に立ち条件交渉であったり、面接のサポートなど、転職活動全般において支援をしてくれるため、プロの力を借りながら転職活動が行えるようになります。

人材紹介会社の関係図

あなた(就職したい求職者)がまずは、相談をしたい人材紹介会社のHPを開きます。

そこで自分に合った紹介会社であれば、相談を希望する旨を伝えます。

大体、相談を受け付けるための入力フォームが存在をし、そこから情報を入れるだけです。その上で面談の段取りをしてもらえるので、あなたはエントリー後に待つだけです。

最近ではオンラインで相談をいただくことも可能で、必ずしも訪問する必要はありません。

面談当日は、あなたがどのような人なのか、なぜ転職をしようとしているのか、どのような会社を希望しているのかといった様々な情報を得るため「コンサルタント」と呼ばれる方ヒアリングをします。

人材紹介会社は転職を実現するためのサポート役なので、合否等々は全くありませんので、ありのままをお伝えするようにしましょう。

結論、このコンサルタントは転職のプロです。あなたの悩みを全て受け止めていただき、適切なアドバイスをしてくれます。

その中で、職務経歴書の記載だったり、転職をするための面接アドバイス。

場合によっては面接の模擬などもレクチャーしてくれたりします。

あなたが転職に際して不足の項目がある場合には相談の上解消をするようにしましょう。

前提として伝えておくと、人材紹介会社は「転職者」からの報酬を受け取ってはならないと法律で定められているので「相談も無料」「転職先の斡旋も無料」で行えるんだ。

あっきー

え、無料?そんなに手厚いサポートをしてくれるのに私は一円も払わなくていいの??そうしたら、この人材紹介会社はどこからの収益で事業を行なっているの?

おっ、いい質問だね。人材紹介会社は転職者の方から一円も頂かない代わりに、転職が実現をしたら報酬額を「採用した企業」からいただく契約になっているんだ。

あっきー

お〜!それはすごい、だから転職者は費用がかからないんだね。でもビジネスで相手もやっているので、転職が実現できなければ紹介会社は相談時間やコストなど大損をしてしまうね。。。。

そうなんだよ。ここからは少しシビアな話をするけど、ビジネスでやっている以上、転職が実現できる可能性のある転職者に注力をするということは当たり前のように発生をするので注意する必要があるんだ。

あっきー

うっ、いきなりシビアな話ね。じゃあ、人材紹介会社がどんな視点で候補者に優劣をつけているのかを教えてよ!

紹介会社がビジネス上重要視をする「3つ」のポイント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: PAR56489_TP_V4.jpg

前項では、人材紹介会社は転職者から報酬を受け取らないと言う話をさせていただきました。

しかし民間企業が運営をしていることもあり、当然ながらビジネスとして行なっています。

結局は転職を実現した時に採用企業から金銭をいただくことで運営ができているのですが、そうなると「採用可能性の高い転職者」に注力をすることになります。

その採用可能性の高い転職者というのはどんな存在なのか、下記に「3点」ご紹介をさせていただきます。

この3点に合致をしてなければ人材紹介会社を利用できないわけではないので注意です。

ただ、最初の面談で下記の3点において懸念を持たれてしまうと支援がままならなくなるため、最初のコミュニケーションは気をつけることをお勧めします!

直近で転職の意向があるかどうか

人材紹介はビジネスで紹介業を営んでいます。

つまり収益に直結をしない転職者に対しては対応の優先順位を下げます。

例えば、直近で転職希望の方と、将来的には転職をしたいと考える人であれば、当然前者の方の方が具体的な転職相談が行えますし、転職者としても応募をするといったアクションに繋がりやすいです。

つまり直近で転職をする意向が有る方を優先的に対応をするようになっているため、お問い合わせフォームなどで転職の意欲度(いつまでに転職をしたいのか)といったアンケートを取り、意向度を確かめています。

そのため、当然ながら、良い求人があれば転職をしたいという曖昧な状況は見せずに、転職をするという意思を明確にもって人材紹介会社に尋ねれば、具体的なアドバイスを行っていただけます。

物を売る販売員の方もそうですが、すぐに購買をするお客さんには積極的に説明をしますよね!

それと一緒の事が起きるようになります。

転職者の年収が高いか低いか

これは、採用企業からいただく報酬額と関係をしています。

あなたの転職をした時の年収に応じて成功報酬が発生をしますが予め採用企業と人材紹介会社の間では、入社時の成功報酬は◯%とすると基本契約書を締結しています。

例えば、転職者Aさんが採用企業B社に年収700万円で入社をする。

もともとの人材紹介会社⇔採用企業との成功報酬費用は35%(一般的には30%〜35%で定められる場合が多い)だとすると、成功報酬金額は245万円となります。

もし年収が400万円程度で入社をした場合には140万円となってしまうため、当然ながら転職者に対しての目線は年収が高い方を優先しますし、逆に採用企業の優先順位は年収を高く提示していただける場合に紹介をします。

結局は、報酬額の高い低いによって紹介をする企業、しない企業と分けています。そのため、裏返してしまうとあなたにベストな企業があったとしても報酬額が低ければ紹介をしない、ということも発生をします。

転職回数などのレジュメのキレイさがあるか

仮に年収が高い転職者だったとしても、転職回数が10回も20回もしていたら、企業としてのイメージは良くないために、採用観点で見た時に敬遠をしがちです。

つまり、転職者本人の経歴を見て、企業に自信を持って推薦ができるかどうか、という観点であなたの経歴書を見ています。

転職回数が極端に高くなかったとしても、人材紹介会社に提出するレジュメ(Web上の職務経歴書)に空白の期間があったり、内容が不明確だったりした場合、紹介会社としても判断に困るため優先順位を高めてはもらえません。

そのため、紹介会社にレジュメを提出する際には適切に記載をした書類を送付しましょう。

職務経歴書の書き方については下記でご紹介をしていますので併せてご確認ください。

転職回数が多いなどのレジュメに懸念点があると企業側も敬遠しますので、支援をするのに多大なパワーがかかります。

そのため、優先順位的に落とされる可能性があります。

ここで、立ち戻ります。なんで人材紹介会社を使った方がよいのか?

上記はエン転職によるユーザーアンケートの調査結果です。

上位を見てみると「自分のアピールポイントがわからない」といったことや「自分の適性がわからない」と答えている方が多いのです。

つまり、自己分析において課題を感じている方が多いと置き換えられることを表しています。

転職の初心者の方が自分を分析し、それを職務経歴書に記載をしていくといったことは至難の技であり、プロに相談を経て客観的に魅力として伝わるアピールポイントに置き換える事が重要であるのがわかります。

転職経験者であったとしても、この項目に関しては時間がかかるもので、悩みに悩む項目でもあります

。一人で進めようとせず、人材紹介を活用すれば、この悩みを抱えずに済みます。

また、思った以上に仕事をしながらの転職活動において困ったことが、面接の段取りです。応募をした企業と面接の日程を決め、スケジュール管理をして、複数社受けている場合には面接のステータスを管理しなくてはならず、何をしなくてはならないのかが途中でわからなくなるといった事が起きるようになります。

応募から面接日程の調整、ステータス管理まで全て人材紹介会社がやってくれるので、自分はただただ面接に注力をすれば良いだけになります!

それに加えて、面接に合格をしない時の振り返りをしなくてはならないのが、特に困難を極めます。

なぜならば自分としては本気で望んだ面接だったのですが、不合格となってしまった場合に「何が悪かったのかを振り返る必要」があるのですが、当然ながら自分でダメだったポイントに気づくことは難しく、客観的な視点が必要となってきます。

人材紹介会社は面接の結果をもとに、分析をしていただき、次の対策をレクチャーいただけます。

そのため、あなたはアドバイスを着実に遂行をするだけで、合格に近づいていくようになります。

また、面接に通過をして内定をいただいたとしたら、次に待ち構えているのが、現職の退職交渉です。

引き留めにあうこともあり、何を答えるべきか、どうするべきかなど厳しい判断を迫られることも多く、転職初心者は引き留めの重圧に負けて転職を諦めてしまうということも往々にして存在します。

せっかく勝ち取った内定を、しっかりと入社まで到達するために、どう退職交渉を切り出したら良いのかといった相談をすることが可能です。

まとめとなりますが、人材紹介を活用するメリットは下記の「4点」に集約をされます。

これほどのサポートを無料で活用できるため、利用をしない手はありません。必ず人材紹介会社を活用して、転職活動を行うようにしましょう。

  1. 自己分析を支援してくれるため、自分のアピールポイントを考える時間、苦悩から開放されます。
  2. スケジュール調整を行なっていただけるため、自分は面談にだけ注力でき、時間的な削減ができるようになります。
  3. 面接の結果を振り返り、適切なアドバイスをいただけるため、迷う事がなくなります。
  4. 退職交渉などの最終段階でも適切にアドバイスをいただくため、スムーズに退職ができます。
あっきー

でもさぁ、言いにくいんだけど、私なんてそんなに多くの経験を持っていないし、特段誇れるスキルもないんだけど、そんな自分が人材紹介会社を活用しようとしたら、相手にしてくれるのかな?

あ、それはね、ほとんどの人が感じることで、結論全く問題ないよ。

なぜなのかを次の項目で解説をしていくね。

人材紹介って気軽に活用しちゃっていいの?

結論「大丈夫です」が回答です。なぜならば、人材紹介会社は転職者あってのビジネスであることや、仕事は世の中に豊富にあるため、どんな人でもマッチをする求人は存在します。

どんな人であったとしても相手にとってはビジネスになるため、転職者を邪険にするようなことは自分のビジネスを苦しめる結果になるため、一切ありません。

人材紹介会社は相談をすることに価値があるため

人材紹介会社は転職者の相談を受け、適切なアドバイスを行い転職成功をさせるプロフェッショナルです。

つまり相談をされ適切な方向に導くことが仕事のメインといっても過言ではありません。

一方、転職に慣れている方は自分の意思で転職先を探し、誰の力も借りずに転職を実現することができます。

そのため不慣れな人にこそ、人材紹介会社は価値を発揮することができるのです。

転職初心者は市場においても価値があるため

転職初心者はあなたが思っている以上に市場で求められています。

転職回数が多いとどうしても「雇用をしても、すぐに転職をしてしまうのでは」と思ってしまい、多い方は企業も敬遠する傾向にあります。

そのため、転職初心者の方は長く活躍をいただける可能性を企業も感じ、比較的間口は多数あるのが現状なのです。

そのため人材紹介会社も力を入れてサポートをしていただけ、結果的にあなたの転職を強力にバックアップしてくれるのです。

あっきー

そうなんだ、確かに人材紹介会社はマッチングビジネスだもんね。転職者の望む求人を見つけてきて、紹介をすることができればビジネスは成立するんだね。

そうそう、なので、人材紹介会社にとって1番のお客さんは転職者なんだよね。

なのでどんな方でも活用をすることは可能なんだ。


また、人材紹介はアドバイスをして仲介をすることが目的なので、転職に不慣れな方の方が介在価値を発揮しやすいビジネスなんだ。

多数あるなかの人材紹介でどこがオススメなの?

人材紹介会社は様々な特徴を持ってそれぞれが運営をしています。

そのため自分のステージにあった人材紹介会社を選択して進めることが必要なんですが、転職初心者は何を軸に選んで良いのかわからないと思います。

そのため、転職に不慣れな方を対象にした人材紹介会社をおすすめします。

転職を不安に思う気持ちは非常に理解できますが、結論、一切不安に感じることはありません。

なぜかというと、転職に慣れている方というのは職を転々としていて、自身のキャリアが定まっていない人の可能性が高いです。

あなたが転職に慣れていないのは、今の仕事を大切にしてきた表れであって、誇りに思うべきです。

そのため、大事なことは「転職に慣れる」のではなく「この転職の機会を乗り越えて、次の仕事を徹底的に大事にすること」なのです。

多大なノウハウも身につける必要はありませんし、転職を人に語れるようになるのも必要ありません。

転職を決意した今の重要な局面を「いかに上手に乗り切るのか」が重要なテーマです。

この局面を乗り切ることができれば、手段は何だって良いのです。

転職活動に使えるものは使った方が絶対に「得」です。使わない手などありません。

1人での転職活動が難しいと感じるのであれば、2人で乗り越えたら良いのです。

そのための方法をお伝えしますが、注意点として「一切の料金はかからず、無料で利用できるもの」であり「あなたの些細な疑問もすぐに解消ができるもの」で「転職が実現するまで有効」を満たす「就職SHOP」をご紹介します。

若手の就職支援【就職Shop】

リクルートが運営する「就職SHOP」

もちろん、就職や転職の相談は「完全無料」です。

リクルートグループが運営をしていて、サービス開始から延べ10万人もの方が利用をしており、「就職相談」に強みを持っています。

当然ですが、情報管理やクオリティなどは適切に管理をしているため、安心して利用することができます。

このサービスは転職初心者を中心に活用いただけるものになっているんです。

そのため「転職とはどうするのか?」という初歩的な疑問から丁寧に解説をしてくれ、あなたの歩調と合わせて進めていただけます。

もし、あなたが転職が初めてで、不安を抱えながら行おうとしているのであればこのサービスを活用ください。

他の人材紹介会社を訪ねると、残念ながら支援の優先順位を上げていただけない可能性があります。

その点、このサービスであれば、優先順位を高めて対応をいただけるだけでなく、転職初心者が疑問に思う事柄も丁寧に解説していただけます。

特に、転職初心者のあなたが活用をすべきメリットを下記に挙げさせていただきます。

  • 転職理由が定まらない場合には、コンサルタント相談をするだけで項目の洗い出しと優先順位づけをしていただけます。
  • 職務経歴書に書き出す際に、書類通過率の良い内容になるまで徹底的に添削いただけます。
  • 希望条件を満たす求人を迅速に紹介をいただき、あなたの転職活動を強力にサポートいただけます。
  • 転職のモチベーションが下がった時など、親身になって相談をいただけます。
  • 面接での会話の仕方など、丁寧にひとつひとつレクチャーしていただけます。
  • あなたの専任のコンサルタントがつき、お困りごとを受け止めてくれます。
  • 転職者からの相談はもちろん無料、転職をした後も料金は一切かかりません。
あっきー

ここまで徹底的なサポートをしてくれるって本当にすごい!でもなんでこんな事がサービスとして提供できるの??

うん、とにかく転職初心者の方は多いんだけど、説明をする時間を要したり、経験者と比べて時間的工数はかかるんだ。

でもね、この悩みを持った方は非常に多く、ビジネスとしてのマーケットは大きいために、リクルートグループが満を辞して乗り出した支援領域なんだ。

転職斡旋が主眼ではなく、就職「支援」を中心としたサービス

就職先を斡旋が主たる目的の「人材紹介会社」では、転職者の明確な意思(希望転職先・希望条件・転職時期など)が求められます。

しかし就職SHOPは就職「支援」が主たる特徴であり、実現できるためにはどのようにすればよいのかといったアドバイスを行い、求職者の悩みを紐解くのが強みであり、所属するコンサルタントも、このような強みが発揮できるよう教育をされています。

基本「学歴不問」「人物重視」「職業経験不問」の方に対してサービスを提供している

上記の方々に対しての紹介ノウハウが多数あり、様々な悩みに対して的確に回答をいただけます。

具体的には「就業経験がないために、自身の職務経歴がまとまらないので相談に乗ってほしい。」「誇れる経験などがなく、職務経歴書に何を記載をしたら良いのかがわからない。

書いたものを実際に見ていただきアドバイスが欲しい。」といった要望が可能です。

就職SHOPは転職経験者をメインには置いていません。あくまで転職初心者を中心に最良のアドバイスができるようなサービス設計になっているため、とにかく初心者が迷ったらここといえるようなサービスなのです。

自身の棚卸しも「対面」だから容易にできる

基本的には就職SHOPに出向き、対面で相談をします。(緊急事態宣言等々などにより外出自粛などの状況下の中ではZOOMなどのオンライン面談も可能です。)

そのため、コンサルタントの方が親身になって、あなたの強みや弱みを引き出していただき、まとめていただけます。その内容を職務経歴書に記載をして添削いただけます。

これだけの事を、あなたが入社が叶うまでサポートをしていただけます。

そして何度も伝えてしまいますが「完全無料」で利用をすることができます。

転職活動が曖昧な状態だったとしても相談の中で気づき、適切にナビゲートをしていただけますので、安心して利用ください。

若手の就職支援【就職Shop】

サービス利用の場合は下記より、HPにアクセスをいただき「面談予約に進む」をクリック。

そして必要情報を記載して、エントリーするだけです。10分程度の申し込みで完了をします。


あっきー

就職SHOPはすごく良いってことがわかったので、早速無料相談を申し込んでみたんだけど、気がかりなのが良い人材紹介会社とダメな人材紹介会社の違いもよくわからない。

どう見極めたら良いのかも、このタイミングで教えて欲しい!

そうだね、ネガティブな情報もしっかりと知識として得ておくことで、就職SHOP以外の紹介会社を訪ねる機会があったら、参考にしていただけるように解説をしていくね!

こんな人材紹介会社はダメ、利用を止めるべき判断をする「3つ」の視点

連絡が遅い

通常、スカウトサービスを運営する会社は「転職者のからの応募があった場合には1週間以内に返信対応をする」という条件をサービス利用上の約款に加えています。

しかし、このルールを逸脱し、残念ながらいつになっても連絡がないケースは日常的に発生をしています。

状況によっては、長期休暇などの期間は1週間を超過することもあるでしょうが、平時の時に超過の状況がある場合には利用を控えることをオススメします。

転職者への連絡が遅いことは、企業に対してのレスポンスも遅い可能性があります。情報がもっとも優先される人材紹介ビジネスにおいて、対応が遅いのは致命的です。

このような特徴が見かけられた場合には、柔軟な対応をしてくれることも期待できません。

希望の連絡経路を無視する

予めスカウトサービスには、どのような連絡を希望するか明記する項目が定められていたりします。(全てではありませんが多くのサービスにはあります。)

例えば、会社にいる時に携帯電話経由だったとしても連絡があれば、周囲の方に聞かれる可能性がありますし、家族に秘密にしていた場合には自宅に電話をすることも憚れます。

そのため、メールのみで連絡、電話ならば◯時〜◯時までと設定する機能があったりします。ただ、その記載を無視して連絡をしてくる人材紹介会社も存在します。

おそらくあなたのレジュメをしっかりと読み込まず連絡をしてきているのだと思いますが、そのような会社が良いサービスを提供してくれるとは思えません。

同じ会社から何通もスカウトが来る

中堅〜大手の人材紹介会社経由の場合に多いですが、人材紹介会社A社に属するB、Cさんから連絡をいただくケースです。

基本的に人材紹介会社では、一人の転職者に対して連絡ができるのは一人のコンサルタントと定めています。

そのため社内共有を行い、スカウトを誰が送るのかを調整しています。

これは転職者が困惑をしないための配慮をしていることから実施をしていますが、このルールを無視して多数のコンサルタントからスカウトが送られてくる場合には要注意です。

理由としては、社内の情報が適切に共有されていない場合、企業の情報も同様である可能性が高いです。

つまり会社内で情報の統制が取れていないため、ベストなマッチングを図ることができず良い求人が紹介されない可能性が考えられます。

あっきー

いやいや、こんな人材紹介会社ないでしょ!?(笑)

驚くのも無理はないんだけど、実は結構頻繁に起こっていることなんだよね。

そもそも、こういった人材紹介会社は信頼すらもできなくなるので、少しでも疑問を持ったら注意深く観察をするようにしたほうが良いよ。

あっきー

そう言われてみると、スカウトメールでも雑な書き方をしている人材紹介会社はあったわね。

そもそもこういう人材紹介会社には面談すらの時間も割きたくないんだけど、スカウトメールの段階で見分ける方法ってある?

スカウトメールでダメな人材紹介会社を見分ける「3つ」の視点

自身のレジュメに書かれていることに、一切触れていない

スカウトメールの仕組みとしては、サービス上に登録をしたあなたのレジュメを見てスカウトメールを送っています。

これは各社共通しています。

DM等々の無作為で送付するものもサービスとしては提供されていますが、スカウトメールとDMは区別がつくようになっているケースがほとんどです。

そのため、あなたのレジュメは必ず目を通されているわけですが、この内容について触れられておらず、いかにもテンプレート的なものが送られてくる場合があります。

コンサルタントが大量に多くの方に送付をして確率論的に返信があった方を順次対応するという方法を取り入れられていることが多く、一人の方に対して十分な面談時間や、対応をしていただけない場合があります。

過去に相談をいただいた転職者の中には、スカウトの送付をしたことすら記憶になく、応募をしたら、条件に合致をしていないので、対応できません。と断られたケースもあったようです。

利用するメリットが書かれていない

人材紹介会社は、転職をサポートします。

しかし、数ある人材紹介会社があなたにどんなメリットを提供できるか初見では不明です。

コンサルタントはあなたのレジュメを見て、自分が支援できそうだと思ったためにスカウトメールを送りコンタクトをしているはずです。

どんなメリットをあなたに提供するかを明記していなければ利用をすべきか否かの判断をするのは難しく、困惑します。

そのため、通常であれば、あなたの「◯◯」というところが支援できると思ったという理由の明記と、コンサルタント自身は何が強みで、どんなことができるのかといった内容を盛り込むのが一般的なスカウトです。

しかし、その記載がないということであれば、あなたのレジュメはしっかりと読み込まれていない可能性があり、良いサービスを提供していただける可能性も低くなります。

スカウトメールに誤字、脱字が散見される

これはビジネス上NGではありますが、意外と多い特徴です。

日々コンサルタントはスカウトメールを大量に送付しています。

そのため誤字脱字のチェックなどをせずに送付し、求職者の困惑を招くケースも珍しくありません。

このような細かな部分にも配慮ができるコンサルタントを選びましょう。

あっきー

たくさんの候補者を集めるってことをしているから気持ちはわかるんだけど、なんかモノのように扱われている感じがして嫌な感じね。

そうなんだよね。ビジネス効率性を高めていくことはもちろん大事なんだけど、人の感情を無下にするような進め方をしてくるケースもあるので、こういった会社はサポートも雑だったりするので、スカウトを読み飛ばしてOKだよ。

あっきー

でも万が一スカウトメールで気づかなくて、面談に行っちゃったらどうしよう。その時の対応方法についても教えてほしいんだけど!

初回面談で見分ける「3つ」の要素

面談担当者の話ばかりする

本当に多い特徴ですが、良い人材紹介会社は相手の話をじっくりとヒアリングしてくれます。

相手の話が8割、自分の意見は2割程度が適切と言われており、その割合の逆になってしまっている人材紹介は少なくありません。

例えば、自身の得意分野などを大々的に話をしたり、求人の特徴などを熱心に伝えてくれるコンサルタントは多いのですが、転職者の知りたい情報というのは、それが自分にとってどうメリットになるのかの1点だけであり、コンサルタントは多くを語る必要はないのです。

自分の希望を聞く前に案件紹介をする

転職者にあった求人を紹介すると言いながらも、転職者の希望を聞く前に、職務経歴書だけを見て推薦をする紹介会社は多数存在します。

それではあなたの転職をする動機を満たす求人を紹介することはできず、あまり相談の意味がなくなってしまいます。

理想とする面談はあなたの職務経歴書で書かれていない部分を掘り下げ、転職に期待をしたいことや、今の悩みなどを深くヒアリングをすることで、適切にアドバイスをしていただくことです。

それを通じて、あなた自身がなにかに気づき、アクションをするサポートをするのが人材紹介会社の価値なのですが、とにかく求人ありきで話を進める紹介会社は多く、要注意です。

条件などを伝えたところ塩対応をされる

希望する条件が多い(例:年収800万円〜、東京勤務、在宅ワーク中心、転勤なし、賞与5ヶ月分)と、どうしても紹介する求人が少なくなってしまい、なかなか期待に添える求人の紹介が難しくなります。

そのような条件を伝えたところ良いコンサルタントであれば、何か妥協をすべき点がないか、相談を持ちかけてくれます。

ただ、それもせず、紹介するのが無理。と一方的に思い込まれ、塩対応をされてしまうケースも発生しています。

あっきー

本当に自分の商売に直結する人でないと相手にしないのね。。。

残念ながら、こういう対応をする紹介会社の担当もいるので気をつけなきゃいけないね。

目的は企業の要望を満たしながら、転職者の満足も得ることなのに、それができていない紹介会社は一定存在するんだ。

あっきー

でも、面談をしてダメな人材紹介会社だとわかっても、なんか断りにくいよね。

どうやったら角を立てずに紹介を打ち切ることはできるの?

活用したくない人材紹介会社が現れた時に断る最良の方法

利用をしない理由を明記したメールを相手に送付する

端的に利用を控える理由をまとめて、コンサルタント経由ではなく、その会社の代表メールアドレスに送付します。

コンサルタントに利用をしたくないという旨を告げても謝罪をされるだけになってしまうため、会社宛に送付をすることをお勧めします。

当然ながら会社からお詫びのメールの返信があると思いますが、今後利用をしたくないのであれば返信は自身の判断でお願いします。

スカウトサービスの運営元にクレームを申し立てる

特に酷い対応をされた場合には、スカウトサービスを運営する企業に連絡を入れましょう。

今は転職者を優先的に考え対応を進める企業が多く、迅速に対応をいただけます。この時にどのような対応をされて、利用を控えたいのかといった背景も含めて伝えると良いです。

その後スカウトサービス運営会社から人材紹介会社宛に是正の連絡をしていただき是正を図っていただけますし、かなり悪質な場合には退会対応も有り得ます。

未経験者なら間違いなく人材紹介会社を使いましょう。

ただ、一定の見極めをしながら、信頼できる紹介会社を選ぶようにしましょう。

そうすることによりプロのアドバイスをいただきながら、転職活動をスムーズに行う事ができ、結果あなたの転職活動を強力にバックアップしてくれるようになるはずです。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる