非公開求人は怪しいのか?【実は辿り着きたい求人で、探し方を解説】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

非公開求人という言葉をご存知でしょうか。

これは、企業が一般の転職サイトやハローワークなどの求人票に掲載をせず、特定の人材紹介会社を介して提供される求人になります。

企業の様々な事情から非公開で採用を進める必要があり、このようなカタチで募集をされたりします。

この求人は転職者に対してのメリットがあるのか。気をつけるべき点はないのか?実際に筆者が応募をしてみて感じたポイントを解説します。

目次

このページの概要

この記事の信憑性を示す根拠について

  • 転職サイト運営会社(東証一部上場企業)にて10年経験をし、社長賞受賞経験あり

  • 年間平均240社の企業訪問実績、多くの経営者や人事担当者との折衝経験から得た情報を記載

  • 年間200名の転職希望者との面談を通じ、様々な悩みを知り得た上での情報を記載

  • 自身の面接合格率は「77.7%(過去18社の面接実施、うち14社が内定)」

人材業界の「メディア(転職サイト)」「人材紹介業」「採用コンサル」「転職相談」の業務を通じて得た実際の経験を踏まえて分かりやすく解説をしています。

なるべく今のトレンドを踏まえながら、すぐに活用できる情報を書きます。

こんな方の悩みを解決する記事を書いています

  1. 転職活動を進めていると「CONFIDENTIAL」「非公開求人」というワードを見つけたが、これは何かを知りたい方

  2. 非公開求人に応募をする際に気をつけておきたいポイントを抑えたい方

  3. この応募をする上でのメリットやデメリットについて知りたいと考える方

転職活動をしていると、一般のサイトには出回らない非公開求人に巡り合う機会があります。

結論、この求人を見つけた際には積極的に応募を検討しましょう。その理由はなぜなのか?徹底解説をさせていただきます。

非公開求人にはどんな募集があるのか?

一概に、この職種が多いという傾向はありませんが、現在では多くの職種が非公開求人によって募集をされています。

傾向として多く存在するのが「経営上の理由から」「人事上の理由から」「厳選採用の理由から」の3点に分かれています。

経営上の理由からとは

経営を行う上で、非常に重要視をしたいのが、他社の動向です。例えば新規事情などが事前にリークをされてしまうと、他社に模倣をされてしまい、せっかくの機会が失われかねません。

また、取締役などのご退任する場合、後任選定をした情報が出回ってしまうと、上場をしている場合は株主に様々なイメージを持たせてしまい、株価にも影響をもたらします。

このように経営上の秘匿性を担保するために、公に募集は難しくなり、非公開求人として取り扱われます。

人事上の理由からとは

解雇予定の場合の後任選定の募集というケースです。

実例として挙げると、とある食品メーカーの営業部長のハラスメントが酷く、メンバーを新規で採用をしても辞めてしまうという状況がありました。

そのため、離職の原因を経営は調査したところ、この営業部長の存在であることがわかりました。

そのため、部長を解雇しようと考えたものの、一定の顧客の存在も考慮をすると部長不在は好ましくなく、新たな後任の選定をした上で現部長を解雇しようと考えました。

そこで、非公開求人によって後任を募集し、採用ができた場合には現部長の解任を進めていくという計画をしていました。

厳選採用の理由からとは

人気の求人は存在します。

募集をすると、200名〜300名が数日で集まる求人です。

このような求人は多くの方の注目を集め、採用上では多くの方を選定できるためにメリットのように感じますが、応募者の対応等々をする人事から見ると大変な作業になります。

具体的には、応募希望の方に対しては受付次第「応募受付通知」の送付を行い、面接やセミナーなどの「案内メール」を総譜をして、選考をする際には「書類選考」をはさみます。

不採用の方には「不採用メールの送信」など1名の方に対して多くの対応が生まれます。つまり、多数の人に応募をいただくと、それだけ人事の工数は大きくなります。

それを回避するため、特定の人物のみに当求人を案内する非公開求人が選択されます。

転職者にとって応募のメリットやデメリット何か?

一見、貴重な求人のように感じますが、メリットやデメリットが双方存在をします。

この点を踏まえながら応募をするかどうかの判断をしていただけると良いのではないでしょうか。

メリットについて

面接上のメリットがある

あなたの経歴書を見て、当該求人を紹介しますので、非公開求人に当たった場合には「書類選考」が省かれます。また当求人は、経営に近い職種での募集が多く、一次面接から社長や役員が登場する機会が多いです。

そのため当募集においては非常にスピーディーに進むケースが多く、転職活動を短縮化できる可能性があります。

高給を提示されるメリットがある

例えば、人事管掌役員候補や、時には社長候補採用など上位役職者を想定した募集があったりします。

当然あなたのスキルを見て経歴書上では的確という判断がされた上での面接となりますので、面接時には高い給与や高待遇を提示されるケースも少なくありません。

また当該募集でよくあるのが、給与は一般の社員のテーブルとは異なるものを想定されている場合があります。

ある程度の調整を経営者の判断によってしていただく場合があります。

デメリットについて

人間関係でのトラブルに巻き込まれる可能性がある

前項で記載をさせていただいたケースでよく起こりますが、誰かを更迭して後任を務める募集のケースです。

これは、入社後には当然、現職の方と一緒に勤務をしていく期間があり、人間関係で揉めるケースがあります。

例を挙げると食品メーカーの営業部長更迭のケースにおいては、後任の部長候補を採用して営業部に所属をしてもらったものの、現在の営業部長が採用をした背景を聞かされていませんでした。

また、自身の部下として入社をしたため「更迭をされ、後任となる人材なのでは」勘ぐってしまい、入社者に対して過度な仕事を与えました。

結果、入社者の方は取締役の後ろ盾もあったおかげでなんとか業務は進められたものの、プレッシャーなどを過度に与えられた苦痛は今でも忘れないと仰っています。

このように、人事関係が荒れるケースも珍しくなく、非公開求人の場合には特に注意をすべき点です。

極めて入社条件は高い

厳選採用という側面もあり、非公開求人を人材紹介会社を通じて幾人の方には案内がされます。ほとんどの方は好機と捉えて応募をするため、競争倍率は一定高いと考えた方がよいでしょう。

当然職務経歴書上では合格をしているものの、情報として読み取れない「人間性」「考え方」「経営者との相性」など内面の要素を多大に見られることにになります。

その点をクリアをするためには、数回面談や面接を挟む場合もあり、内定が出るまで長期化をする場合も存在します。

非公開求人にたどり着くにはどうすればよいのか?

先ずは人材紹介会社に登録する

非公開求人は人材紹介会社を中心に案内をされる場合が多いです。他のケースとしては「スカウトサービス」においてCONFIDENTIAL案件として、流通をするケースとなります。

前者を中心にお話をすると、先ずは人材紹介会社に登録をして諸条件面を担当者とすり合わせを行い自分の情報を共有しましょう。

この時に選んだ方が好ましい人材紹介会社は「経営者とのやり取りが多い会社」を選びましょう。なぜかというと、このような非公開求人は採用企業にとって秘匿性が高いものであり、自社の人事担当者にも共有をしない場合が多いです。

そのため、経営者と直接コンタクトをとっている人材紹介会社に情報が流れる可能性が高いためです。

※人材紹介会社は事前に秘密保持契約(NDA)を締結し、本情報を受け取る場合が多いです。

人材紹介会社の担当に魅力的な人物である印象を与える

人材紹介会社が非公開求人を持っていたとしても、あなたに紹介をするかどうかは、紹介会社の担当者の采配ひとつで変わります。

つまり非公開求人の合格が得られるであろう人物にしか、この案件は紹介はしません。

そのため、担当者にはPRポイントを含めて、適切な情報をお伝えすることで、先ずは自分が適格であると思われるような行動をしましょう。

具体的には「転職の意向度(すぐに転職をする可能性があるか)」「職務経歴が整理されているか(出来ることは何があるか)」「考え方・指向性が伝えられているか(代表との相性はOKか)」はしっかりと伝えて、非公開求人を受け取れる段取りをしてみましょう。

私が支援をした転職者で非公開求人を経て、年収が300万円アップをしたケースもあります。

このように特殊であるが上に、給与も破格である場合が多く、巡り会えた際には積極的に応募をしましょう。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる