最短の転職活動期間で実現したい【初心者が3ヶ月で転職を叶える記事】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

人事コンサルタント経験15年。関わった企業様は延べ2,300社。転職相談回数1,900回。

多くの企業様、転職者様との縁を生み出す傍ら、採用ブランディング向上に対しても支援をしています。

転職って人生を変える大きな転機となり、良い転職先に巡り会いができれば自身を豊かにする重要な事柄です。

しかし抑えるべきポイントも多く、安易に活動を進めると失敗を招くことも多く、慎重に進めることが重要です。

経験17年で得た、転職ノウハウを凝縮したサイトを作りました。

世の中の多くの記事は「成功」や「失敗」をした体験エピソードが書かれているものや、断片的な事柄しか書かれていないものが多く、失敗をしないための転職活動時に抑えておくべきポイントを、幅広くまとめとして記事にしているブログは思ったほど多くは無いことに気づきます。

当ブログは転職で起こりうる実際の事柄を、自身の経験を元に解説しています。そのため誰にでもわかりやすい構成になっています。

年間200名程度の転職相談の中で「初心者がつまづきやすいポイント」や「特に気をつけるべきポイント」などを分かりやすく説明をしています。

すぐに活用でき、必ず役に立つ事をお約束しますので、ブックマーク登録を願います。

目次

このページの概要

このブログは、どんな解説をしているのか

  • 転職初心者の方を想定して、分かりやすい表現で解説をします

  • 目標としては「3ヶ月で転職」が実現できるよう、解説をしています

  • 転職はゴールではない。入社後の活躍を見据えた解説をします

上記のとおり、転職は何かを叶えるための手段にすぎません。

そのため転職後に活躍をするだけでなく、定着が図られ、あなたの叶えたい事柄を達成することが「転職の成功」であり、その実現を前提として記事を書いています。

この記事を書いている人

(Twitter)

Remolog(りもろぐ)管理者|人材業界経験17年目|社長賞受賞経験あり|累積2000名以上の転職相談|1000社以上の支援実績|求人広告経験 |人材紹介業経験|採用ブランディング経験|コーチング経験|テレワークエバンジェリストとして活躍|40歳|横浜市在住

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

こんな方の悩みに解決する記事を書いています

Nさん

転職をするのが初めてなんだけど、緊張も不安もあるし、そもそも何から初めて良いのかがわからない。イチから教えてほしい。

Aくん

転職ノウハウをまとめたページは多数存在するけど、断片的な情報しかないため、転職を成功させるまでの道のりをひとつひとつ解説をしたサイトを探している。

Bさん

転職の全体像を捉えて、計画を立てたいと思っている。他の人はどんな風に転職活動を行なっているのだろうか、参考にしたいけど、なかなか具体的な情報がない。

転職を実現するために知るべき最低限のノウハウのみを記事にしています。

私自身が転職セミナーで説明をしている有料級の情報を「完全無料」で提供をしています。

この記事を通じて実践をいただくことで、あなたの転職を「3ヶ月」で実現する事をお約束します。

転職は段取りをひとつ間違えると多くの時間をロスしてしまうものなので、正確な情報をもとに効率的に行う必要があるんだよ。

あっきー

それは本当にそう思う、だけどね初心者が効率的に行うなんてことは難しくって、多くのサポートが必要だとひしひしと感じているんだ。そもそも転職をするって決めてから不安感がどんどん出てきてしまって、その重圧に押しつぶされそうな感じ。これって私だけなのかな??

いやいや、ほとんど100%の人が転職を行うには不安を感じているので心配はいらないよ。じゃあ、最初に不安を感じる理由や、どこに不安を感じるのかといった情報をお伝えするようにするね!

なぜ、転職活動は不安がつきまとうのか(ほぼ100%の人が悩みます)

エン・ジャパン株式会社が運営するミドルの転職で実施をした「転職の際の不安について」のアンケート結果によると95%の方が何かしらの不安を抱えながら転職活動をしている事が分かります。

1位は年齢(42%)となり、2位は期待とする年収が得られるかどうかの不安があると回答をしています。

続いて3位は自分の希望する求人があるかどうかが取り上げられており、多くの方が様々な不安を抱えながらも転職活動をしています。

出典:「転職の際の不安」について

多くの方が、転職を不安に思いながらも活動を始め、自身の期待とする転職先を見つけています。不安や恐怖を感じる事は多くの人に共通をしていることのため、過度に感じる必要はありません。

次の項目でも記載をしますが、年間843万人の方が転職を成功させています。多くの方が不安を乗り越え、希望を叶えているのです。

年間で843万5400人が転職活動を成功させている(なのであなたも成功できます)

出典:厚生労働省「2019 年(令和元年)雇用動向調査結果の概況」

厚生労働省の「2019年(令和元年)雇用動向調整結果の概況」に記載をされている資料によりますと、年間、785万人近くの方が退職をし、転職を実現させた方は843万5400人となっています。

そのため、適切な行動ができれば、必ずあなたの転職先は見つかり、決意してよかったと感じていただけるはずです。そのため不安に思う必要は全くないのです。

なぜ、年間785万人ものの方が退職をするのか?(転職は皆考えています)

出典:エン転職「転職理由(退職理由)のホンネとタテマエ」

面接で本音を語ると人事担当者への心象が悪くなることから、転職活動では「建前」と「本音」の理由が存在をします。

中でも多かったのが「報酬をあげたい」(58%)となり、次いで多いのが「職場の人間関係が合わない」「評価に納得ができない」「上司と合わない」(48%)であることがアンケートを通じてわかります。

このように「報酬」や「人間関係」を改善するために転職を決意する方が多いのですが、この理由を人事担当者に率直に伝えると、あまり良い印象を持たれない可能性が高く、本音を隠しながら、建前の理由を述べている人が多いのです。

そうなると、本音を隠しながらの転職活動になり、面接では何を伝えて良いのか不安に感じる方も多いのです。この悩みはあなただけではなく、多くの方が抱えるものなのです。

そうすると建前の理由を探すようになり、本音で思っていないことを述べなくてはならないために、悩み、不安を抱えることにつながるのです。

本音と建前を使い分けるのは転職活動において必ず起こりうることですが、理由を探すのは誰もが悩み、不安に感じます。

あなたの不安や悩みは特別なものではなく、誰もが転職活動を通じて感じるものなのです。

転職成功を迎えるためには、何が必要なのか?(何から始めると成功できるのか?)

結論、転職活動には多くの準備が必要です。転職理由を明確にするだけでなく、転職をするための方法も検討しなくてはなりません。

そして面接を迎えるにあたり、職務経歴書を書き出し、求める条件面なども明確にしなくてはなりません。

このように多くのことを転職活動では行なっていかなくてはならず、転職成功を迎えるためには適切な計画が重要になるのです。

下記にて「転職成功をするために、最低限必要となる準備」をまとめています。

【1st】転職を思い立った時に行う準備編

出典:『エン転職』1万人アンケート(2020年3月) 「面接準備」実態調査

上記はエン転職調べの面接準備で必要なことを1万人を対象としてアンケートをした結果です。ご覧の通り多くの項目において準備を必要としていることがわかります。

ただ、何から初めて良いのか転職初心者は迷うのは当然なため、実施をしておく準備を順番に解説をしていきます。適切に準備を行うと、自然と不安な気持ちは安らいでいるはずです。

あっきー

確かに、みんな不安に感じている中で転職成功をしているってことを聞くと安心をするね。ただ、どんな流れで進めたら良いのか、方法を具体的に教えて欲しいんだけど。

そうだね。では順番に何から行うのかを解説していくので、参考にしてみて欲しいな。大きく分けて最初は準備編、行動編、最終編という3軸で紹介をするので、最後まで解説を聞いてね。

転職をする理由(テーマ)を明確にする

転職活動をしていく中で、活動当初に転職に求めていた理由が不明確になり「結局この転職活動は自分の何を叶えるんだっけ」となりがちです。

そうなってしまうと転職活動の目的がなくなり、有益な面談を行う事ができず活動は停滞します。

そうならないためには、テーマ設定が重要です。どんな観点を、どの程度の粒度で定めておくのが適切かを解説します

転職を実現するスケジュールイメージを定める

いつまでに転職をするのか、今後どんなイベントが起こり、何をしていくのか。

そういったイメージが描けていない方のために、全体として何をしていくのか、どのタイミングで実施をしていくことが適切なのかをまとめたページになります。

こちらの記事をご覧いただき、無理をすることない転職活動を実施していくための方法を解説します。

年収相場や応募条件の「今」を把握する

自分の提示する年収を満たす求人がない。完璧な応募条件を満たす求人がない。

そうならないためにも、今の転職市場で求められる相場を把握しておく事は重要です。

どうすることで情報を手にすることができるのか、何を抑えておくと良いのかといった概要を解説します。

職務経歴書に書く前におさえておくべきポイント

職務経歴書を早速書こう。ただ何を書いたら良いのかイメージが持てない。

そんな悩みを解決するための記事となっています。本書類は企業の人事担当者に自身がどんな人物かを判断していただく重要な書類。

適切にまとめられている事が求められます。まずは書き出しを行う前に行っておくべきことを解説します。

自身の「強み」と「弱み」を書き出してみて、整理をしてみる

自身の強みを適切に捉えて、応募をする会社でどう活かせるのかをイメージしておくことは重要です。

ただ客観的に自身の事を捉え整理をするというのは難しいことであり、なんとなくのまとめになってしまっている方も多いのではないでしょうか。

その悩みを解決するため、どう整理をしていくのかといった方法を解説します。

職務経歴書と履歴書を書く

各内容の概要は整理できたとしても、実際にどのように書いたらよいのかイメージができない。

そんな悩みを解決します。書類は書き方がとにかく重要。相手にどう伝わるのかを想像しながら読み手の立場に立って書くことが必要です。

どのような観点を抑えて、適切な表現としては何を用いるべきかを解説します。

まずは、人材紹介会社に応募をしてみる

転職時に有効な方法として「人材紹介会社」に相談をしていく事が挙げられます。

最近ではサービス自体の知名度は高まっているものの、実際にどんなもののなのか、イメージが出来ていない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ここではサービスがどのように運営をされ、どんな観点を抑えながら利用をしていくことが適切なのかを解説します。

Nさん

準備は大事ということは理解できているんですけど、実際に用意すべきことってこんなにたくさんあるんですね。

転職は準備が8割とも言われます。

適切な準備をすると次第に不安も解消をされていき、転職活動を行う自信もついてきます。

準備ができたら、次は何をするのか?(行動をしてみましょう)

【2nd】準備は万全ですが、面接に入る前にやるべきこと編

ここまでくると転職準備は整っていて、漠然と抱いていた不安感は和らいでいるのではないでしょうか。

転職活動のイメージもなんとなくは頭の中にあると思いますが、いきなり第一候補の会社に応募をするのはやめましょう。

まずは自身を面談に慣れさせるのが重要なので、第二希望、第三希望の会社を受けて、面接に慣れるのが大事です。

この項目を怠ると「せっかく準備をしたのに面接で本領発揮できずに、第一志望の会社が不採用となった」となりかねず、必ず抑えておきたいポイントです。

これを実施することで、次第に緊張感がなくなり、自分のベストパフォーマンスが出せるようになります。

「面接」ではなく「面談」を先ずは実施する

頭の中でのイメージは整っているんだけど、実際に企業の人事担当者との会話をしたなかで、思うように話すことができなかった。そんな経験はないでしょうか。

それは場馴れが出来ていないことが多く、まずは自身を慣れさせる目的で、面接ではなく面談を実施することをオススメしています。

面談と面接は似ている言葉ですが異なるもの。その違いについて解説します。

面談に慣れてきたので面接実施。毎回行うべき回答整理をする

面談を通じて、自身のコミュニケーションも一定の自身がつき、いざ面接を実施することに。

まずは本命ではない会社を受けて面接で実際に受けた質問を振り返り、自分の回答をまとめて置くことが重要です。

実際に面接で尋ねる王道の質問を5つ取り上げています。回答としてどのようなものが適切なのかを解説します。

面接がとにかく通過しない。その理由を把握する

面接で不採用になると悔しい想いをしますよね。人事担当者は面接では何を見極めているのでしょうか。

そういった理由がわかると、相手の意を汲み取り回答が行えるので面接がスムーズに行きますよね。

そんな観点を解説しています。


Nさん

転職活動をしたことがないと、どんなコトを面接で聞かれるのかわからないですね。

確かに慣れるって事は重要かもしれませんね。ところで面談と面接って同じような言葉が並んでますけど、何が違うんですか?

面談は面接前に行うカジュアルな場と捉えている企業が多いですね。

求人票ではなかなか把握できない情報などもざっくばらんに聞くことができます。

相互理解を通じ、双方のマッチングを高める効果が期待されているため、最近は多くの企業で取り入れられていますね。

Nさん

面接前に相互理解ができるのはとても良いですね。

でも実際に面談で合否が確定をすることもあるんでしょうか?

ざっくばらんにとは言いますけど、深堀りした質問とかをしたら企業に嫌がられる事もありますよね。

もちろん、合否に全く影響をしないわけではないです。

あくまで面談は相互理解をすることが目的なので、あまり大きく合否に影響をするような事は少ないですね。

また立ち会う方も人事担当者ではなく、現場の社員の方であることが多い事も特徴です。

待ちに待った「内定」です(浮かれる気持ちを抑えて「3点」を必ず実施)

【3rd】選考最終局面で抑えておくべき詰めの準備編

準備の甲斐あって、大事な面接でも何なく受け答えができ、希望としていた企業から内定をいたただく段階に入ります。

おそらく計画をしてから2ヶ月〜3ヶ月程度が経過をしているのではないでしょうか。

ここまでくると、次の転職先での勤務を想像しながら、心が踊る毎日をお過ごしになっていらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、転職活動は最後まで気を抜いてはいけません。

ちょっとした気の緩みが全てを台無しにしてしまったことも実際に起きています。

そのため内定を焦らず、最後まで着実に進めることで次の転職先を確実なものにしてから大喜びをしましょう。

本当に入社をしたい企業を3社に絞りこみ、決定をする

転職活動を進めていくうちに、複数社から内定をいただくこともあるかと思います。

その中でどのような点を重要視して選択することが自身の人生にとって大事な選択となるのかといった疑問にお答えします。

入社前に上司になる方との面談を実施することになったが何を話そう

最終的に入社企業のご好意によって、上司となりうる方のとの直接面談を実施することになったものの、何を話したらよいのだろうかということに行き詰まることがあると思います。

この面談自体は何をテーマに行っているものか、あなたが何をすることが得策なのかといったことを解説しています。

やりたいことからではなく、できることを先ずは優先して入社直後は活躍をする

入社直後はあなたの印象を決定づける大事なタイミングですよね。

その時にどのように振る舞えばスムーズに転職先に馴染めるようになるのでしょうか。

そんな大事なタイミングに抑えておきたいポイントを解説しています。

Nさん

本当に入社をしたい企業を3社絞る理由はなぜなんでしょうか。

相手企業にも採用のスケジュールがありますよね。

なので選びすぎてなかなか決められない場合、その機会を失ってしまう可能性もでてきます。

だからこそ、あまりも広げすぎて自分自身が迷わないようにするために、3社程度に絞って、最終結論を出すことをオススメします!

Nさん

確かにいろんな企業を見たら、迷う可能性も出てきてしまいますよね。

ところでなんで内定直前になったら社員の方や上司の方との面談をしたほうが良いんですか?

それはですね、実際に現場の方や上司の方は、お任せいただく業務の詳細まで理解をされてますよね。

より細かな業務内容をヒアリングできたりします。

また面談を通じて、どんな方と一緒に働くのかというイメージを持てるようになり、入社後のミスマッチ等々が軽減されます。

立つ鳥後を濁さず去るのが優秀な人です

ここまできたら、不安を抱えて、悩んでいた数ヶ月前とは見違えるような存在になっていることでしょう。

次の転職先での活躍を想像し、心なしかゆとりすら生まれているのではないでしょうか。

しかしお世話になった会社に対して感謝をして、良好な関係の中で円満退社をするまで、もうちょっとだけ頑張ってください。

最後の最後まで、現職に恩を返せるよう、しっかりと引き継ぎや挨拶を行い、円満退社をしてこそ転職成功だと言えます。

それを実現するために、最後の5点を抜かりなく行うようにしましょう。

現職企業に退職願いを提出する

現職の引き継ぎ期間等々のスケジュールをチェックし、しっかりと引き継ぎを行うよう段取りをする

転職企業に「退職願いの提出有無」や「今後の引き継ぎスケジュール感」を伝える

現職でお世話になった方に対して、転職をする旨を伝えて感謝を述べ、良好な関係を築いた上で退職をする

転職サイト等々、利用をしたサービスの退会の処理をしておく

Nさん

退職願と退職届って異なるんですね。

そうですね、似ている言葉ではありますが「退職願」は会社へ退職を打診する書類になりますね。

逆に「退職届」はすでに退職が認められている場合に使う書類になりますね。

会社で規定のフォーマットを用意されることもありますので、人事に確認をしてみると良いと思います。

Nさん

引き継ぎはに要する期間ってどのぐらいが適切なんでしょうか。

またその期間には何をすることが良いとされているんでしょうか。

会社で規定をされているもので、概ね1ヶ月とされています。

ただ、職務内容によっては、より時間がかかるものも存在する場合があります。

業務内容の棚卸しと、引き継ぎに関わる時間については相談をされた上で、両者合意の上で進めるようにしてくださいね!

Nさん

引き継ぎの期間が決まり、転職先企業の人事の方に伝えた後のことですが、入社日までに何かをやっておくと良いことはありますか。

そうですね。様々な書類の手続きは進めていただくことをおすすめします。

現職での引き継ぎ状況など、簡単に転職先の人事担当者に伝えておくと、丁寧ですね。

万が一スケジュールが後ろ倒しになってしまったとしても、ある程度考慮をいただける可能性がありますね。

あなたが感じている不安は、誰もが感じる当たり前の感情です。

過度に感じる必要は全くありません。大事なことは適切な準備をして転職活動に臨むこと。

それが叶えば、自然と不安な気持ちはなくなり、あなたのパフォーマンスを最大限発揮した転職活動が行えます。

今回の記事を通じて得た知識を活用し、希望の会社への転職を実現しましょう。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメント一覧 (1件)

  • […] まとめページとして解説をした「【転職が怖いので動けない】不安を解消する「18個」の項目」ですが、お陰様で多くの反響をいただています。転職は準備することが多数あって本当に大変。という嘆きの声が聞こえてくるような気がします。しかし、いざ転職をすれば、そこには自分が待ち望んでいた新しいステージが切り開かれ、想像すると鼓動の高まりを抑える事が難しくなります。 […]

コメントする

目次
閉じる