転職をする際に、必要とされるスキルはこれ【身につけておくと有利】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんな方の悩みに解決する記事を書いています

Aくん

転職をする際に、必要とされるスキルはたくさんあるけど、具体的にはどんなものがあるといいのかな?

Bさん

転職の際に入社がしやすくなるスキルを教えてほしい

Fさん

技術的なスキルではなく、あくまで経験から得られるスキルを教えてほしい。

こんにちは、慎です。

技術スキルなどは、明確にできる・できないという線引きがあるため、転職を行う際に明確に提示できるのでわかりやすいのですが、経験から培うスキルなどにおいては、提示しにくく、アピールしにくいものですよね。

現在の転職環境において、どんなスキルを有している人が求められ、何を培うことが必要なのかを解説していきたいと思います。

この記事を書いている人

(Twitter)
  • 人材業界経験17年目
  • 社長賞受賞経験あり
  • 2000名以上の転職相談
  • 1000社以上の支援実績
  • 求人広告経験
  • 人材紹介業経験

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

この記事では「経験から得るスキル」の中で、持っていると転職が有利になるスキルを解説していきます。

また、これらをどう伝えていくと、転職時に有利に伝わるのかを解説することで、合格率を引き上げることができます。

目次

まずは、一般的に必要とされるスキルはこれ

あっきー

職種毎に必要とされるスキルは分かれると思うけど、まず、どの職種にも必要とされるスキルについて教えてほしいな。

そうだね、現在の転職市場において優遇されるスキルについてまずはお話ししていくね!

課題発見力(あるべき姿から逆算をして、現状の課題を見つけるチカラ)

「あるべき姿」を描き、現状を正確に把握し、そのギャップを特定するスキルのこと

このスキルは、今の社会においては必須スキルと言われています。

何をするにも、到達すべき目標を定めると思いますが、そこから現状を比較したときに何が不足しているのか、何をしなくてはならないのかを特定するスキルになります。

これらのことがあやふやになると、現状何をすべきなのかが不明確になるだけでなく、いつまで経ってもゴールに到達できず組織としての目標が達成されません。

そのため、あるべき姿を定義して、そこに対しては何が必要なのかを考え、課題として設定できる人はとても重宝をされます。

課題解決力(特定した課題に対して、どう対処をしていくのかを定めて実行するチカラ)

課題が起きている原因分析をして、どう解決をするのかを考え実行するチカラ

出典:コクヨ「問題解決の流れ」

課題は見つけただけでは、解決に至りません。

そのため、課題となっている原因を分析すると、解決しないといけない項目が見えてきます。その上で、どうやったらこの原因が解決をされるのかを考え、実行できるようにすることが大事です。

例えば、身近なものを挙げると、家の水道が故障をして水漏れをしているという事象に対して、どこから漏れているのかという原因特定がまずは大事です。その上で、排水溝付近で水漏れが生じているようであれば、システムキッチンの業者を選定しなくてはなりません。

ただ、蛇口付近で水漏れが生じている場合には、蛇口メーカーに問い合わせをしなくてはなりません。

このように原因に対しての対処方法が異なるため、正確に原因を突き止め、どのような対処をすることが適切なのかを選択するチカラが必要となります。

これを誤ってしまうと一向に物事が解決されないため、正確に要因特定をしていく必要があるのです。

主体性(自らが行動をして、問題解決に取り組む姿勢)

主体性がある人は「自ら考えて行動できる」
出典:オフィスのギモン「主体性の意味や特徴について」

問題を発見したとしても、行動をしなければ解決はされません。

放っておいても他者が実行をして解決してくれるならば良いのですが、ほとんどの職場ではそんなことはありません。

そのため自身が見つけた課題に対して、自らが行動をして、問題解決に取り組む主体性が求められるのです。

ただ、ここで注意としては、全てを自らが解決しなくてはならないということではありません。

あくまで主体性ということで自らが発見をした課題を自らのこととして捉えることが重要なのですが、問題解決には周囲の人の協力も仰ぎながら一緒になって解決をしていくことも重要です。

物事の大きさによっては1人で対応をすることも難しいことが多々起きます。

その際には人に協力を得て、率先的に解決をしていく姿勢が求められます。

計画性(問題解決をするための全体像を描くチカラ)

物事を解決していくためには多くの人を巻き込み対処をしていく必要があります。

そのためには、いつまでに何をしておくべきなのか全体図を示す必要があります。

出典:wikipedia「ガントチャート」

これはガントチャートという計画を策定する上で使われるものですが、誰が、いつまでに、何を、どんな状況で行うのかを明確にしておき、関係者含めて共有をしておくことが問題解決には大事です。

これを行わなければ、計画が曖昧となり、やるべきことが履行をされないという状況を招いてしまい、結果としていつまでも物事が達成をされないということが起きてしまいます。

こういった計画を練り、他者へ共有をしながら大きな問題解決に取り組むチカラはどの企業も欲しています。

しっかりとした人間関係を構築するために求められるスキル

他に大事なこととしては、人そのものに起因をするスキルを紹介していきます!これはよく面接で見極められるもので、重要なものです。

発信力(多くの人に対して伝達するスキル)

例えば、成功体験などを習得した場合、黙っていればその人の成功体験だけに留まってしまいます。

しかし、誰もが活用できるように汎用化し、他者へ伝えることができれば、誰かの役にたつかもしれません。

このように誰かの役に立つかもしれない情報を積極的に伝えていくチカラというのは組織の中で重宝をされます。

組織には多くの人が働いています。

多くの成功体験や失敗体験が日々発生をしています。

知っていれば対処をできたのに、と思うことも多々あると思います。

失敗体験などを未然に周知をして他者に学んでもらうことができれば、失敗の再発を防止することができるため、組織においては非常に大事なスキルとなります。

傾聴力(人の話をしっかりと聞き、理解をする)

組織にはさまざまな方が働いています。

当然価値観が異なるため、相手のことを理解する姿勢がなければ、衝突ばかりが起きるようになります。

そうならないため、相手のことを理解するという姿勢を持ちながら聞くということが重要になります。

このスキルを有していると、相手がやりたい、やりたくないといったことも正確に理解をして、利害を踏まえながら物事の意思決定ができるようになります。

そうすれば相手の協力も得やすくなり、物事が前に進むようになります。

ただ、聞くだけでなく、相手の言いたいことを理解しながら聞き、相手の言いたいことを正しく理解をしていくことが、この傾聴力になります。

柔軟性(起こりうる物事を受け入れ、対処をしていくチカラ)

昨今では予測が可能な未来を歩くということがなかなか難しい状況です。

そのため、さまざまなことが起こってから、対処をしていく必要があります。

そのため変化を当然のことと受け入れ、その事象を踏まえて何をすべきなのかを臨機応変対応をしていく姿勢が必要となります。

前項でお伝えをした計画性はもちろん重要ですが、不測の事態も多々生じます。

そうなったときに何を行い、どう軌道修正をしていくのかを考え、実行に移していくチカラがとても重要です。

このような柔軟性を持って問題解決に取り組む人の存在は希少と言えます。

このようなスキルは一例ですが、転職面接において上記のスキルをどう発揮したのか、どういった影響をもたらしていたのかというエピソードを考えておくことはとても重要です。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる