内定承諾「直後」に行うことは何?【採用のお礼メールは必須です!】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんな方の悩みに解決する記事を書いています

Aくん

採用が決まった後に、何かすべきことはあるんだろうか?

Bさん

入社後に同僚となった人がやってたんだけど、内定承諾後にお礼のメールを送っておけばよかった。

Bさん

内定承諾後に人事にお礼のメールを送りたいんだけど、何を書けばいいんだろうか?

こんにちは、慎です。

内定をいただいた企業に、承諾のご連絡をした後に、何もしないのは勿体無いです。

結論、必ず「採用をしていただいたことに対しての感謝」として御礼メールを送っておきましょう。

対応をすることで、人事内でもあなたの評判は高まり、入社直後に多くの便宜を図っていただいたりと、優遇される可能性が高いです。

内定を承諾した時点で、その会社の一員であると認識しましょう。

その会社に入社をしたということであれば、当然ながら、人間関係を構築していかなくてはなりません。

そのため、まずは人事の方との人間関係を構築していくためにも、御礼メールを送って挨拶をしておく方が圧倒的に得です。

この記事を書いている人

(Twitter)
  • 人材業界経験17年目
  • 社長賞受賞経験あり
  • 2000名以上の転職相談
  • 1000社以上の支援実績
  • 求人広告経験
  • 人材紹介業経験

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

この記事では「採用後の御礼メールの重要さ」を解説し、どんな内容のものを送ったら良いのかテンプレートをご紹介します。

内定承諾をいただいた直後に送付をすることで、新しい職場でのスタートダッシュを切れます。

目次

御礼メールの送付している人は、どれだけいるのか?

あっきー

御礼メールを送った方が良いのはなんとなくわかるけど、実際に送っている人はどれだけいるの?

うん、非常に有効なものなんだけど、実際に送っているのは下記アンケートの割合ぐらいなんだ。

出典:マイナビ転職「御礼メール」

実際に送っている人は、33.3%しかいないけど、送った理由は下記

下記は実際に御礼メールを送付したことがある人からアンケートを通じて把握をしたものです。

  • 単純に採用をされたのが嬉しく、自分のために尽力をしてくれた人事の方にお礼が言いたかった。
  • 入社同期となるメンバーよりも、印象を残したくてメッセージを送った。
  • 入社直後に何をするのかを聞きたかったため、御礼メールもついでに送った。
  • 御礼メールを送付することで、今後の評価等々も良いものになればと思い送った。

理由は様々ですが、多くは「感謝の意を伝えるため」「人間関係を構築するため」「評価等々の便宜を図ってもらえる可能性があるため」という点に集約をされています。

厳しいことを言いますが、内定を承諾した時点で新しく入る会社の競争は始まっています。

御礼メールはいつのタイミングで送るのが良いのか?

基本的には「内定を承諾した、その日中」に送付をするようにしましょう。

遅くとも、その翌日に送付をしましょう。

逆に数日経過をしたタイミングで送付をしても、少し間の抜けたメッセージになりがちなので、逆効果です。

人によっては、内定直後に御礼メールを送付して、入社前日にもメールを送付する人もいらっしゃいます。

御礼メールを送ると、人事の立場としてはどう思うのか?

現役人事数人に御礼メールが内定者から送られた時に、どう思ったのかをインタビューしてみました。

  • 丁寧な方だと思い、印象に残る
  • 入社の挨拶などを行う際には、依頼をしたいと思うようになる
  • 丁寧な方だという印象があり、配属される現場へ御礼メールを転送して上長にも共有をした

上記のような印象を持つようで、非常に好感触であると言えます。

さすがに評価等々の便宜を図るといった人事担当者はいませんでしたが、所属上長に御礼メールを転送するといったことを行う人事も居ました。

そのため、入社の受け入れも好印象のまま受け入れられる可能性が高くなります。

御礼メールはどんなものを送ったら良いのか?

あっきー

御礼メールを書いた方が良いのはわかったけど、どんな内容のものがいいの?

そうだね、いくつかテンプレートを用意するので活用してみて!

【パターン1】内定をいただいたことに対しての素直な感謝の気持ちを述べる

お世話になります。●●です。
この度は、内定をいただき誠にありがとうございました。

貴社への入社は切望をしていたこともあり、非常に嬉しく思っております。

この内定をいただいたのも◆◆様のご尽力あってのことだと捉えております。
良縁を結んでいただいた、きめ細やかなご対応を、心より感謝をしております。

この御恩につきましては、早期で活躍をすることにより、貴社にお返しできればと考えています。
まずは、内定をいただいたお礼を申し上げたく、ご連絡をさせていただきました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

人事からは素直な人だという印象を与え、サポートしてあげようと思わせることが可能です。

【パターン2】内定を承諾いただいた御礼に加えて、印象付けるワンポイント

お世話になります。●●です。
この度は、内定をいただき誠にありがとうございました。

貴社への入社を大変嬉しく思っております。

まだ、幾日か入社までにはありますが、早期で活躍をしたいと思い、何か把握しておくべきことや
推奨図書などがございましたら、ご教示いただけますと幸いです。

入社前までに把握をし、よいスタートダッシュを築けるよう準備をして参りたいと思います。
何卒宜しくお願い申し上げます。

活躍を見据えて、時間を疎かにしないという印象を与えることができるため、非常に熱心な方であるという良いイメージを持たれます。

【パターン3】配属先上司を意識した、御礼メール

お世話になります。●●です。
この度は、内定をいただき誠にありがとうございました。

ご入社まで待ち遠しい限りですが、私が配属をされる上司の方にも宜しくお伝えくださいませ。
入社までに貴社のHP、ならびに図書などを拝見し、業務理解を進めて参ります。

若輩者ではございますが、引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。

担当上司に頼もしい存在だと思われるような内容で、人事担当者も上司に本メールを転送をするはずです。

入社直前にお送りする、印象付けるメール

あっきー

御礼メールの必要性は理解できたんだけど、冒頭で入社直前に送っている人もいるって言ってたけど、どんな内容のものなの?

そうだね、内定承諾後に御礼メールを送って、入社直前にも送るとより丁寧だよね。

【パターン1】入社を楽しみにしている旨を伝えるメール

お世話になります。●●です。
明日より貴社にてお世話になりますが、本日から楽しみにしており、明日の到来が待ち遠しいです。

入社直後など、◆◆様のご尽力、サポート等々をいただくことになるかと思いますが、
1日でも早く活躍を迎え、貴社に貢献できればと考えております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

人事としては内定辞退を受けることを恐れているため、全く心配がいらないという安心の気持ちを持たせることができます。

【パターン2】入社直後のサポートをしてもらうためのメール

お世話になります。●●です。
明日よりお世話になりますが、貴社の雰囲気等々、まだ掴めていないものも多数ございます。

早期にキャッチアップをしていきますが、部署の特徴など、まだまだお聞きすることもあるかと思います。
入社直後もサポートをいただくことになりそうですが、何卒宜しくお願い申し上げます。

不安な部分を打ち明けることによりサポートをしてもらうお膳立てをするメールになります。

これはやってはダメ、気をつけましょう。

あっきー

御礼メールを送付する中で気をつけるべき点はどんなものがあるの?

そうだね、下記を意識してみると良いね!

手紙はやめましょう。基本的にはメールで送るのが一般的です

手紙の方が心がこもっていると思われがちですが、手紙は少し重い印象を与えます。

そして、メールの方がタイムリーに送ることができるため、書式よりもスピードを重視することが大事です。

また、現在ではコロナウィルス蔓延に伴い、出社をしていない場合もあります。

そうなった場合には、手紙を手にするタイミングがずれる可能性があるため、なおさらメールを優先するようにしましょう。

タイミングが重要、少しでもずれたならば送らないという選択肢が良い

送るタイミングは「内定承諾を得たタイミング」と「入社前日」の二つです。

それ以外の中途半端なタイミングでメールを送っても、人事は日々新しい候補者の対応に追われ、逆に業務の邪魔になってしまう可能性があります。

そのため、とにかく送付をするタイミングを意識して対応をするようにしましょう。

たかが御礼メールかもしれませんが、されど御礼メールです。

人事も人間、上司も人間なので、心の篭ったメールを送付をすれば「サポートをしてあげよう」「すごく優秀な人だ」と感情に訴えかけることができるようになります。

人間関係を構築することは良いことしかありませんので、せっかくの入社タイミングであれば最大限機会は活用をすることがオススメです。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる