転職して後悔しかない【再度、転職を決意する前に振り返るポイント】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

多大に労力と時間を使って実現をした転職ですが、思っていた状況と異なり、後悔すら感じるという方は実は結構多いものです。

この記事をご覧になっている方も少なからず、そう感じているのではないでしょうか。

この想いを感じたとしても、すぐの転職はオススメできません。振り返るべきものを行ってから、転職をすることをオススメします。

なぜならば、転職を失敗したと感じてしまう方は事前の情報収集が不足をしている可能性があります。

その状態を改善しないまま転職活動を行なったとしても、次の転職も同様のことが起きる可能性が高いためです。

転職を転々とすることは自分自身のキャリアを傷つけてしまうだけでなく、繰り返せば繰り返すほど、転職が難しい状態になってしまいます。

万が一転職をした直後に後悔を感じているのであれば、きちんと原因を突き止め、次の転職活動に生かしていくことが大事です。

なぜ後悔をしてしまう結果になってしまったのかの原因と、次に後悔を迎えないためにはどうすればよいのかという方法を解説する記事となっていますので、最後までお読みください。

目次

このページの概要

この記事を書いている人

(Twitter)

Remolog(りもろぐ)管理者|人材業界経験17年目|社長賞受賞経験あり|累積2000名以上の転職相談|1000社以上の支援実績|求人広告経験 |人材紹介業経験|採用ブランディング経験|コーチング経験|テレワークエバンジェリストとして活躍|40歳|横浜市在住

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

こんな方の悩みに解決する記事を書いています

Aくん

アットホームな社風という求人広告につられて入社をしてしまったが、締め付けが思った以上に厳しい。

この環境で続けられるイメージがない。転職をしたいと思っているんだけど、次に失敗をするわけにもいかない。

Bさん

転職で失敗をしたと最近つくづく感じている。

まだ入社から3ヶ月なので今転職をしようとしても、早期退職をなんて理由にして面接で伝えたらよいのかわからない。

Bさん

転職をして後悔をしているけど、まだ3ヶ月なので、次の転職先のことも考えると、もう少し待った方が良いんだろうか。

ただ、そうした場合には、いつまで待てばいいんだろうか。

せっかく選んだ転職先ですが、思ったイメージと異なり、最初は思い過ごしかなと思っていた疑念も、日常を過ごしていく中で色濃くなってきて、転職直後に後悔をするという方は決して少なくはありません。

転職先がイメージと異なっていても、早期退職は次の転職活動に大きく響くということがあり、早々決断できずにずるずると行く方もいらっしゃいます。

こんな時にどのような対処をしたら良いのかを解説し、あなたの悩みを解決します。

転職先がイメージと異なり、ミスマッチを感じて転職活動を再開される方は決して珍しくありません。

しかし、そうなってしまった原因について特定をしないと、再度の転職活動も失敗をする可能性があります。

そのための押さえておくべきポイントを本日は解説します。

なぜ、せっかく選んだ転職先に後悔をしているのか?

あっきー

今回、転職をしたんだけど3ヶ月くらい経過をしてみてわかったけど、なんかイメージと異なるような感じがする。

このままこの環境に居続けてよいのか迷っているんだよね。どうしたらよいのか相談に乗ってほしい。

あらら、あれだけ苦労をして転職を実現したのに、そう思ってしまうというのは勿体無いことだね。

だったら、早期退職をした方がどんな点に悩み再度の転職活動をスタートさせたのか、理由を解説するね。

基本的に多くの方が、転職した後に少なからずミスマッチを感じている

「エン転職コンサルタント」利用者に対するアンケート結果
出典:engage 採用ガイド

良いギャップも悪いギャップも含め、少なからず転職前に想像をするイメージと転職後のイメージは異なるというのは往々にして存在をします。

このギャップが軽微なものであれば、許容をしながら進めることができるようになるのですが、悪いギャップが大きなものであれば、早期退職につながる可能性があるようです。

ほとんどの方が少なからずギャップを感じており、このギャップをいかに小さくして入社をすることが重要です。

転職した後に辞めたいと思うタイミングは実は一年以内が最も多い

入社後に退職になりやすい時期
出典:engage 採用ガイド

ご覧の通り、ほとんどの方が一度は転職1年以内に仕事を辞めたいと感じているようです。

これは前項で述べさせていただきました入社前後のギャップを感じたことで、自身の中で迷いが生じるためであり、ある意味仕方がないことなのです。

逆に1年を経過して年数を重ねれば重ねるほど、退職をするという意識は薄れ仕事が長続きしていく傾向にあります。

なぜ、退職を考えたのか?

退職理由
出典:engage 採用ガイド

上記のように人間関係、評価、社風や風土、残業時間など面接時にはあまり多くを語られない部分において、不満を感じている方が多いとのことです。

この部分は面接前に人事に実態を尋ねることが憚られる項目ゆえ、あまり聞かず入社をしてしまったことで、実態に対してギャップを感じて退職を余儀なくすることになるということになります。

あっきー

確かに求人票などに書かれていることに関してはある程度理解をしていることなのでギャップを感じることはないけど、雰囲気とかはどうしてもみえないからね。

その点にギャップを感じるのはすごく理解できるなぁ。

そうだよね。あっきーも、退職をしたいと感じているのはこのあたりの部分なんじゃないかな。

ご覧の通り入社後のギャップは価値観の異なりから感じるものなので、時間が経ったら悩みは解消される可能性があるよね。

入社後のギャップは価値観が異なることで感じてしまうことが多い

当然、転職前と後の会社は決定的に価値観が異なります。

今まで勤めていた企業が「正」としてしまうと、新しい会社の風土は悪いところが目につくようになり、結果的にミスマッチを感じるばかりになります。

そのため、基本的に新しい会社は仕事の仕方は全く異なる環境ということを理解して入社をする必要があります。

入社直後は下記のことを想定しておくとミスマッチを軽減することができるので、意識しておきましょう。

今までの仕事の仕方は、その会社独自のものである

今まで当たり前とされていた仕事の仕方なども、その会社独自で最適化された仕事であるため、どの会社でも正しいわけではありません。

基礎的な報告・連絡・相談などのビジネススキルなどについては多くの会社で当たり前のように行いますが、会議の仕方、報告の際の伝え方、仕事のスピードなどは会社によって大きく異なるものゆえ、今までの仕事を全て正とするのではなく、新しい環境では新しい環境の仕事の仕方があることを認識しておきましょう。

入社直後は知らない人ばかり、相手のほとんどが見えてない状況であることを認識する

入社直後は親しい方も、相談できる方もいません。そのため、相手のことを知る必要がありますが、どうしても仕事をしていると悪い部分が目につくようになり、人の良い部分を見る機会ということが少なかったりもします。

そうなると人間関係的なものに不満を感じることも多くなります。

これは人間関係が悪い、というわけではなく、相手を正しく把握しようとしていない自分に責がある可能性があるため、今一度良い部分を見る努力をしてみることが大事です。

やりたい仕事ではなかったと感じる方が多い

入社直後にあなたの仕事のスキルや進め方などがわからない中で、上司はあなたのやりたい仕事を叶えてあげるということはほとんどありません。

まずは与えられた仕事を徹底的に成果に結びつけ、上司の信頼を勝ち取ることが先決です。そうなれば自ずとやりたい仕事が得られるようになりますが、これは早くても6ヶ月〜1年近くかかるため、入社直後にやりたい仕事が得られないと感じるのは当然なことなのです。

入社後ミスマッチをしたと感じたら、確認しておくべきこと

あっきー

確かに入社直後はさまざまなミスマッチを感じているんだよね。

これが将来的に解消をされないものだったら、早めに辞めるほうが得だとおもうんだけどどうなんだろう。

そうだね、今言ってくれた通りミスマッチを感じても、我慢してずっとい続けることが最適解というわけではないので、ある程度見極めが必要なんだよね。

そのポイントを見てもやっぱり退職をすべきだと思えば、その時には具体的に行動を移しても良いかもしれないね。

人間関係が悪かったと感じる前に、相手と対話する時間は設けたのか?

仕事の一面を見て、人間関係が悪いと決めてしまうのは時期尚早です。

その人との関係性を築いてみようと試みるのも大事な要素です。

そのため、まず人間関係が築きにくいという方に対して積極的に話をしてみるような機会を設けましょう。

合わないと感じている人との時間を設けることは億劫ではありますが、我慢して相手を知るということを目的に話をしてみると意外な一面が見つかって人間関係が築ける場合がありますので、おすすめです。

具体的には、あなたから1on1などの機会を求め、相手との時間を確保してみましょう。

どんな価値観を持っている人なのかを把握することを目的に話をしてみましょう。

評価・人事制度に不満があったのであれば、理由を尋ねたのか?

入社直後の評価は大変気になる項目ですよね。

その結果が不本意なものだったとしたら、適正に評価を受けられなかったと不満を持つのも理解できます。

しかし、その評価が下された理由を尋ねるようにしましょう。特にその場では「入社前に思っていた期待」がどうで、実際に入社をした結果の評価は「どうだったのか」という差分を必ず確認をしてみましょう。

そこでは明確な理由がありますので、その理由が納得できるものであれば、不満は解消されるはずです。

当然ながら面接で全てを把握することは難しいです。

そのため入社直後には上司もあなたに対してギャップを感じている可能性もあります。

そのギャップをまずは埋めることが適正な評価をいただく打一歩となります。

やりたい仕事を手にするためにはどうすればよいのかを上司に尋ねる

上司は、あなたのやりたい仕事を叶えるために、あなたのスキルを試しているだけかもしれません。

いつにどのような状況にになっていたら、やりたい仕事をお任せいただけるのかを具体的に尋ねることをおすすめします。

私に相談をいただく転職希望者の方の多くが、実はこのやりたい仕事を手がけるための方法を上司に確認していないということもあり、聞いてみることで認識の相違が解消をされ、転職をする必要がなくなるということも往々にしてあります。

上司は、あなたのやりたい仕事を与えないのではなく、与えるべきタイミングとスキルを見極めている可能性があります。

そのため仕事を与えてくれる上司に直接ヒアリングすることは非常に有効です。

結論、ギャップを感じたのであれば、どうすれば良いのか?

あっきー

色々と見えていない部分で感じる不安によって、自分が早期退職を検討しているということはなんとなく理解できたんだけど、具体的にギャップを感じたのであれば、何をすることが大事なんだろう?

そうだね、まずはおすすめなこととして3つのことをお伝えするね。

結論これを講じても不安が拭えないということであれば転職を決意しておくと良いでしょう。

残業・休日出勤などについてのギャップを感じた場合の対処

入社後に想定できなかったことの残業時間が待ち受けているケースはあります。

ただ、この残業時間も実は転職先企業が繁忙期真っ只中で、一時的に忙しいということも考えられます。

そのため、残業時間が多いと感じているのであれば、恒常的にこのような勤務状況なのかを判断する必要があります。

6ヶ月程度勤務をすれば、企業の残業時間の実態が掴めるようになりますので、まずは6ヶ月間は勤務をしてみることが大事です。

当然ながら面接で全てを把握することは難しいです。

そのため入社直後には上司もあなたに対してギャップを感じている可能性もあります。そのギャップをまずは埋めることが適正な評価をいただく打一歩となります。

やりたい仕事を手にして充実をしている人は、入社直後に何を感じていたのかを確認する

現在、活躍をしている人も、おそらく入社直後に悩みを感じて退職を考えたこともあるかと思います。

それでも、そんな時期を乗り越え今の活躍があるということであれば、その人に入社直後に何を悩みに感じたのかを確認してみると良いでしょう。

同じような体験をしている場合があり、具体的な解決策を提示していただけることでしょう。

自分だけで悩みを解消しようと思うと、ネガティブに考えてしまう連鎖に陥ってしまうことが多いです。そのため、うまくいっている人にヒアリングをすることで、自分の悩みがすぐに解消をされる可能性があります。

入社後にミスマッチを感じるのはほとんど全ての方が該当をすると言ってもよいでしょう。

しかし勤務を続けてくると風土を理解することができ、いつのまにか悩みが解消をされていることも往々にしてあります。

まずは6ヶ月程度勤務をすることはおすすめしますが、その間に上記の対策などを講じて、新しい職場への理解を意図的に行なってみることが大事です。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる