【転職の志望動機が書けない】200字で転職履歴書に書く方法を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

前回の記事では、転職を行う上で抑えておきたいポイントを解説をしました。

今回は、活動を始める前に定めたい「転職理由(テーマ設定)」について解説させていただき、あなたの「志望動機が書けない悩み」を解決します。

その前に、注意事項があります。

もし、テーマが曖昧なまま転職活動を行うと、活動の途中で「理由が不明確になり活動を止める」という状況になりかねず、色々と計画をしてきた時間がムダになってしまう可能性があるため、転職活動の一番最初に必ず行いましょう。

こんな方の悩みを解決する記事を書いています

Aくん

「辞めてやる!」と感情的になり転職活動を始めた。

ただ、ほとぼりが冷めると転職理由が不明瞭だった事に気付いて、止めようか悩んでいる。

Bさん

転職理由を人事に尋ねられたけど、なんて返して良いのか思いつかなかった。

そういえば、この転職は何を解決するために行うんだっけ。

感情的になり転職活動を始める方は多くいらっしゃいますので、転職理由が不明確になるのは、決して珍しいことではありません。

ただ、明確に理由を定めておかないと、活動を止めてしまうことにつながり、せっかく準備をした時間が無駄になってしまいます。

また、転職を一時的な感情で決めてしまうと、キャリアダウンや、年収ダウンなどを招き結果的に損をする可能性があります。

そうならないためにも、まずは自身にとって転職を行うことは何のメリットがあるのかを整理し、明確に理由を定め、本当に活動が必要かどうかを判断することが重要です。

目次

転職活動を止めてしまうタイミングと理由について

せっかく決意をして進めるはずだった転職活動をなぜ止めてしまったのでしょうか。

途中まで進めていた転職活動を止める背景には大きな環境変化があったのでしょうか。その理由について解説をします。

どのタイミングで転職活動を中断したのか

出典:Tech総研「100人のアンケート調査に見る転職を途中でやめた理由

まずは、リクナビNEXT(株式会社リクルート)の集計によるデータによると、転職活動を途中で止めたタイミングは下記の回答となっています。

  • 書類(職務経歴書・履歴書)審査の通過前(37%)
  • 書類審査の通過後(18%)
  • 1次面接を受けた後(9%)
  • 1次面接の通過後(5%)
  • 2次面接を受けた後(2%)
  • 2次面接の通過後(4%)
  • 最終面接を受けた後(11%)
  • 内定を得た後(14%)

このように、選考途中であるにもかかわらず、転職活動を止めてしまう方はいらっしゃいます。

次の項目では、実際に私が転職相談を受けた直近200名の方で、途中で転職活動を止めるという意思を示した方「46名」の方をピックアップしてヒアリングした結果となります。

転職を途中でやめた人にヒアリング、項目別の中断理由

転職中断理由アンケート結果

上記のように、理由は明確にはないものの、途中でトーンダウンをしてしまい転職活動を止めた方が多いことに気づきます。

そのため、転職活動序盤に明確な理由を定めて、目的をはっきりさせるというのは如何に大事なことかがわかります。

また、「家族や友人の反対」という意見についても、次いで理由としては多く挙げられました。

推察すると家族や友人に対して明確な転職理由を述べられず、賛同を得られるだけの材料が提示できなかったのではと考えています。

Nさん

確かに、以前転職活動を止めた時には、なんで活動をしているんだろうという目的が不明確になりました。

その結果、モチベーションが一気に下がり、止めちゃったことがありました。

Cさん

転職活動の理由が不明確になると、動きたくなくなりますよね。

そうなっちゃったら転職サイトも開かなくなって、いつのまにか活動をやめてしまっていた、なんて人も多いようなんです。

転職活動を休止せざる負えなくなる「嫁ブロック(家族の反対)」について

嫁ブロックとは、その名の通り「ご家族に転職活動を話された際に反対を受けること」を意味している言葉です。

下記のデータからもわかるように、4人に1人の割合で嫁ブロックを経験されている方がいらっしゃることがわかります。

出典:エン・ジャパン「嫁ブロック実態調査」

また、嫁ブロックを受けてしまった理由の中でも多いのが「年収が下がる、有給休暇の取得率が低い、転職先企業の評判」といった意見があります。

条件面や評判といったマイナス条件になることを懸念して嫁ブロックの発生が多いようです。

転職を機に条件面での改善が図られるようであれば、周囲の理解も得やすく転職の応援もしてくれるようになります。

しかし、そうでない場合には、明確な転職理由を述べることができない限り、反対を受けてしまう可能性が高くなることがわかります。

出典:エン・ジャパン「嫁ブロック実態調査」

そのため、何度もお伝えをしていますが、必ず明確な転職理由を定めることをオススメします。

少なくとも下記の質問をされた時に、はっきりと回答ができるようになっていればOKです。

  • 何を目的に転職をしたいと捉えていますか?

  • 今の会社では得られないものが転職先にはありますか?

  • 形に表せる定量的なメリットはありますか?

自信を持って答えられるようになったら、きっとあなたの転職理由は明確にまとまっていると言えるでしょう。

そうなれば身近な周囲の方に転職の件を伝えることで、強力なサポートを手にして、活動を進めることができるようになるはずです。

Nさん

そりゃ、ご家族にとってみたら、転職活動を応援したい気持ちはありますよね。

ただ、家計にマイナスの影響をもたらす転職だったら絶対に嫌がりますよね。

そうですよね。ご家族も決して頭ごなしで否定をしたいわけでは無いはずですよね。

転職先で馴染めず早期退職をしてしまうリスクや、収入ダウンをする転職だと応援はしにくいですよね。

だから、それを上回る明確な理由を求めたくなるのも分かります。

転職で実現をしたい(叶えたい)ことは何かを定め、優先順位を決める

実際に、転職理由をまとめる方法をお伝えしていきます。

まずはとにかく書き出しを行いましょう、どんなことでも構いません。

何を自身は求めているのか、思いつく限り列挙してみます。勤務地や給与や勤務時間などの条件面でもかまいません。

また、上司との関係性や同年代の同僚との関係性といったソフト面の理由でも良いです。

まずは自身が求める条件をすべて書き出し、俯瞰をして見ることが重要です。

No.こだわる条件選定理由現職で取得可能優先順位
1横浜駅周辺で働きたい実家の母親の介護をしながらの勤務になるため不可2
2年収600万円以上妻が離職をしてしまい、一人の収入で生計をするため不可1
3
4
5
6
このように自分が求める条件をExcelなどに書き出しをして俯瞰をしてみることが大事

その上で、求める条件に優先順位を割り振ってみましょう。

ただ、くれぐれも注意をしたいのが、全ての項目を満たした転職先が現れることは不可能だと思ってください。

優先順位の上位に属しているものを「3つ程度」満たしている求人と出会えたら最良と思いましょう。

転職活動を行なっていると欲張りになり、多くの条件を満たす求人を探すようになりますが、絶対NGです。

優先順位を定めたら、その項目を満たせる求人を探しましょう。

人材紹介会社を活用する場合においても、この優先順位は明確に希望として伝えて、合致する求人を提出してもらうよう、働きかけましょう。

みんなはどんな理由を定めているのかを知りたい

出典:ミドルの転職「転職理由」について

上記はエン・ジャパンが会員に対して行なったアンケートの結果となりますが、最も多かったのが「給与面・待遇などの処遇面のアップ」です。

次いで「自分自身が成長をしていく環境」「会社の安定性や成長性」「人間性含む職場環境」の4点が多くの回答を占めています。

ただ、この表現だけだと、具体的に何を求めてということが分かりにくいために、上記の4つの要素を取り巻く詳細な転職理由を8個厳選してまとめました。(下記データは転職相談をいただいた方からヒアリングした内容です。

人・仕事・待遇・ビジョンなど人が持つ理由は様々

例えば、「人への魅力」は社員が優秀だったり、平均年齢が低く活力があったり、中途入社者が活躍をしていたりと様々な理由が挙げられます。

また、仕事そのものに対しての魅力、事業自体への魅力、処遇面での魅力、これも細分化をすると多岐に渡ることが挙げられます。

つまり、転職を行うということは「現職のままでは得られない何かを補うため」に行うものだと言えます。

ただでさえ、転職はリスクが伴うものです、例をあげると「転職直後に風土に馴染めず早期退職をしてしまう」ことや「思った仕事と異なり、ミスマッチを日々感じてしまう」リスクなどがあります。

それらを上回るメリットがなければ、転職活動をする意味はなくなってしまいますし、周囲の賛同も得られなくなります。

だからこそ「転職活動はメリットを明確にして、適切な理由を定める」ことが重要だと考えられます。

Nさん
転職活動をしていく中で、内定が複数社でてきたりすると相対的に良いものを選択しがちですよね。

そうすると重要なことってなんだっけと立ち戻った時に、イメージができなくなるんですよね。
そうですよね。自分が何を手にしたいのかをクリアにするということは、当然それを叶えられる会社を探すことになります。

その中Mustの条件、Wantの条件を定めておくことで、自分が選択をする理由を照らし合わせることができるようになるため、迷いがなくなります。

でも、転職初めてだし、定めた転職理由が適切かどうかアドバイスして欲しい

そう思う気持ちは非常によく分かります。結論、一切不安に感じることはありません。

なぜかというと、転職に慣れている方というのは職を転々としていて、自身のキャリアが定まっていない人の可能性が高いです。

あなたが転職に慣れていないのは、今の仕事を大切にしてきた表れであって、誇りに思うべきです。

そのため、大事なことは「転職に慣れる」のではなく「この転職の機会を乗り越えて、次の仕事を徹底的に大事にすること」なのです。

多大なノウハウも身につける必要はありませんし、転職を人に語れるようになるのも必要ありません。

転職を決意した今の重要な局面を「いかに上手に乗り切るのか」が重要なテーマです。

この局面を乗り切ることができれば、手段は何だって良いのです。

転職活動に使えるものは使った方が絶対に「得」です。使わない手などありません。

1人での転職活動が難しいと感じるのであれば、2人で乗り越えたら良いのです。

そのための方法をお伝えしますが、注意点として「一切の料金はかからず、無料で利用できるもの」であり「あなたの些細な疑問もすぐに解消ができるもの」で「転職が実現するまで有効」を満たす「就職SHOP」をご紹介します。

リクルートが運営する「就職SHOP」

こちらは、就職や転職の相談を「完全無料」でしていただけるサービスです。

リクルートグループが運営をしていて、サービス開始から延べ10万人もの方が利用をしており、情報管理やクオリティなどは安心して利用することができます。

そのため、外部にあなたの転職活動の情報が漏れることは一歳ありません。

また、サービスも充実をしていて、下記の悩みに対して的確にアドバイスをしていただく事が可能です。

  • 転職理由が定まらない場合には、コンサルタント相談をするだけで項目の洗い出しと優先順位づけをしていただけます。

  • 職務経歴書に書き出す際に、書類通過率の良い内容になるまで徹底的に添削いただけます。

  • 希望条件を満たす求人を迅速に紹介をいただき、あなたの転職活動を強力にサポートいただけます。

  • 転職のモチベーションが下がった時など、親身になって相談をいただけます。

  • 面接での会話の仕方など、丁寧にひとつひとつレクチャーしていただけます。

  • あなたの専任のコンサルタントがつき、お困りごとを受け止めてくれます。

  • 転職者からの相談はもちろん無料、転職をした後も料金は一切かかりません。

これだけの事を、あなたが入社が叶うまでサポートをしていただけます。

そして何度も伝えてしまいますが「完全無料」で利用をすることができます。

転職活動が曖昧な状態だったとしても相談の中で気づき、適切にナビゲートをしていただけますので、安心して利用ください。

就職Shopとは、若者向けの仕事紹介カウンター|就職Shop

サービス利用の場合は上記の就職ShopのロゴからHPにアクセスをいただき「面談予約に進む」をクリック。

そして必要情報を記載して、エントリーするだけです。10分程度の申し込みで完了をします。

転職はリスクが付きまとうもの。

だからこそ、そのリスクを上回るメリットがあるかどうかを「自分が転職で叶えたい何か」を明確にして、理由を整理しておくことが大事です。

それが明確な志望動機となり、面接でも説得力のある説明ができるようになります。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる