転職面接の自己紹介が思いつかない【すぐ切り出せるテンプレを紹介】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんな方の悩みに解決する記事を書いています

Aくん

面接で必ず問われる自己紹介ですが、月並みなことしか言えない。

Bさん

どんな自己紹介が人事にとって共感をしてもらえるのかな?

Fさん

自己紹介って難しいんだよな、人事はこの質問で何を見極めているんだろう。

こんにちは、慎です。

転職の面接で必ず問われる自己紹介ですが、慣れていないと上手に伝えることができません。

そのため、苦手意識を持つ方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな方のために「人事が好感を持った自己紹介の特徴」をヒアリングした結果をまとめ、ポイントを解説しています。

自己紹介は簡潔ながらも、十分にPRをすることができるかどうかが大事な視点です。人事はこのまとめ方についても着目をしています。

この記事を書いている人

(Twitter)
  • 人材業界経験17年目
  • 社長賞受賞経験あり
  • 2000名以上の転職相談
  • 1000社以上の支援実績
  • 求人広告経験
  • 人材紹介業経験

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

この記事では「自己紹介で最低限準備をしておくべき項目」を解説し、どう伝えることが人事の印象をぐっと良くするのかを併せてご紹介します。

その結果、自己紹介の場面を絶好のPRの機会にすることができるようになります。

目次

自己紹介は「流れ」が肝心です、基本の流れを紹介します

あっきー

自己紹介ってすごく苦手なんだよね、なんか伝える方法として良い物があれば紹介してほしいな。

そうだよね、自分のことを他人に伝えると、恥ずかしい気持ちもあるし、どう伝わるのか気になって、伝えにくいと感じるよね。

まずは、基本の流れについて解説をしていきます

  • 面接官への挨拶
  • 自分の名前と略歴
  • 実績と自身の強み
  • 結びの言葉

上記の流れを踏まえると下記のような伝え方になります。

【面接官への挨拶とお礼】
本日は、ご多忙の中、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございます。

【自分の名前と略歴】
○○ ○○(名前)と申します。
これまでの経験について簡単ではございますが、申しあげます。

1社目では●●株式会社にて営業に従事をした後に、◆◆への追求をしたく、2社目である▼▼株式会社へ転職しました。
そこで、営業からスタートをし、分析などのスキルを認めていただいたことから、企画業務も兼任としてお任せいただ
きました。そこで経験値を高め、より専門性を高めたいことから貴社を志望いたしました。

【実績と自分の強み】
私の強みは3点あります。
1つ目が数値を分析し、ファクトを炙り出すことです。
2つ目がファクトをもとに営業と対話をし、行動を促進することです。
3点目が俯瞰をして現状を把握することで、上位役職者への意思決定を促すことです。

この3点は貴社でお役立てできると考えています。

【結びの言葉】
本日は、ぜひ宜しくお願いいたします。

基本的には、自己紹介を伝える時間は「5分」と思ってください。

その時間内に伝えられるよう、事前にまとめを行っておくと良いでしょう。

自己紹介は、面接で言及してほしいと思う項目についての「さわり部分」を伝えるようにしましょう。

大事なことは、自分の全てを自己紹介で伝え切るのではなく、あくまで自分がPRをしたいと思う内容に誘導をするための索引のようなイメージで活用をすることが大事です。

自己紹介は端的に伝えることが必須

ダラダラと伝えてしまうと、理解しにくいと思われます。

そのため、基本の流れを理解した上で「結論」から述べましょう。

また全てを伝えるのではなく、人事に「これってどういうことなんだろう」と思わせるようなタイトルだけを伝えるだけで構いません。

自己紹介に自信がない方は、下記の流れで練習をしておきましょう。

  • 自分の自己紹介を書き起こししてまとめる
  • 他者に対して伝えてみて、伝わりやすいかを確認する(他者に相談できない場合はレコーダーで吹き込むことも良いです)
  • 相手からのフィードバックを踏まえ、自己紹介内容を改善する
  • 5分で伝えられるようペース配分などを調整する

大事なことは、5分というペースを意識することです。

5分を超過することも、3分より大幅に短くてもダメです。ちょうど良い時間で伝えられるようにするのが基本です。

練習をしないとペースが保てないため、何度でも3分程度になるまでやっておくと良いでしょう。

自己紹介のポイントについて

あっきー

流れは理解できたんだけど、伝え方の部分でポイントがあれば教えてほしいな。

そうだね、下記のようなポイントを押さえておくと、相手に好印象を持たれるようになるよ!

下を向いて話をすることはNG

基本的なことですが、相手の目を見て伝えることが肝心です。

また、時間を意識しすぎて早口で伝えてしまうと、せっかくの自己紹介も相手に伝わりません。

その時に表情なども気をつけるようにしましょう。

どうしても初対面の方に自分の紹介をするとなると緊張をして伝えられなくなります。

その上で表情まで明るく伝えなくてはならないとなると難しいのですが、練習を通じて表情などもコントロールできるようにしておきましょう。

もし、どうしても緊張が解けないようであれば「緊張しているため、顔が硬っている可能性がありますが、ご容赦いただけますと幸いです」と伝えると良いです。

応募企業のカラーに併せて伝え方は考慮する

これは特に「実績と強み」を伝えるパターンにおいて考慮すべき点です。

その強みが企業にとって必要のない強みであれば、自己紹介で伝えても好印象になることはありません。

そのため、この強みの部分については会社毎にカスタマイズをしておく必要があります。

実績は自分が培ってきたものなので変更をすることはありません。

例えば下記のように伝えると良いでしょう。

自身の経験:無形商材の営業職にて10年のキャリアを持っている、マネジメント経験も3名程度の経験あり

パターン1)有形商材の営業職のポジション志望

無形商材の経験ではあるため、貴社の有形商材の経験はありませんが、顧客のニーズを汲み取り、それらをどう提案することで相手が魅力に感じて、購入に踏み切っていただけるのかを個別で考え提案をすることができます。

パターン2)営業企画のポジション志望

営業職で培った様々な顧客のニーズを踏まえ、企画を立てる際に現場の温度感を理解しながら進めることができます。

その結果現場が推進しやすい企画を考案することが可能です。

パターン3)人事職(採用)へのキャリアチェンジポジションを志望

営業を経験したことで、話の進め方であるオープニング〜提案〜クロージングまでの一連の動作が採用においても活用できると考えています。

キャリアチェンジではありますが、営業経験を生かした効率的な採用を行いたく存じます。

このように、志望する職種において、いくつかパターンを用意しておいてください。

この準備に関しては時間をかけてでも行う必要があるぐらい重要なことです。

自己紹介を通じて、人事は何を判断しているのか

あっきー

自己紹介って当たり前のようにあるけど、何のために人事は聞いてるの?

そうだね、いくつかあるけど、自己紹介は下記のことを把握するために用いることが多いんだよね。

自分のことを客観的に捉えられているのか

自分のことを自分が分析をすることは難しいことです。

ただ、自分を分析し、客観的な視点を踏まえてまとめることが大事な観点なのです。

これができると、仕事においても今の自身の事象を正確に捉えて、客観的に見てもどう改善をしていくのかという改善策を講じる方であるという証明になるため、仕事の進め方という観点を見極めるために、自己紹介を用います。

客観的な要素を踏まえるために他者に協力を要請するというチームワーク的な側面を図る人事もいます。

準備をしているかどうか

自己紹介は必ず求められる項目ゆえ、予め面接で尋ねられることをリサーチすれば、用意をしておかなくてはならない箇所であることは明白です。

そのためリサーチをして、準備をしているかどうかという側面を人事は見ています。

どの仕事にも、「リサーチ→準備→練習」というプロセスは求められるものゆえ、この点をしっかりと基礎行動として身につけているかは重要なことなのです。

わかりやすく、簡素にまとめる力があるか

  • 人に伝えるチカラ
  • 情報をまとめるチカラ
  • 結論から述べることができるかどうか

など、仕事の基礎となるチカラを最低限身につけているかどうかは判断する上で重要な項目です。

周りくどい言い方をしてしまうと、このチカラが備わっていないと思われ、面接でマイナスポイントとなります。

なので練習は必ず行い、伝わり方という部分についても考えておきましょう。

自己紹介はいろんなスキルを見定める、重要な項目です。

この機会を最大限活用することができれば、面接を優位に進めるだけでなく、人事に好印象を持たれながら面接を進めることができるようになりますので、必ず事前準備をして臨むようにしましょう。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる