内々定には取り消しや辞退はある!【内定とは異なるので詳しく解説】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

内定後に、転職者の方の不安を解消をするためにの職場見学を実施している企業があります。

まだ内定をいただいたばかりの身なので、何を見極める必要があるのかもわからず、なんとなく職場見学の時間が終わってしたというケースは多々ありますよね。

万が一ミスマッチを引き起こした時に、なんで確認ができなかったんだろう。と悔やむ前に読んで欲しい記事を書きました。

その前に、大事なのは「内定」と「内々定」の意味合いは全く異なる言葉であるのをご存知でしたか?

その解釈を謝ると大変な状況に繋がりかねないため、併せて丁寧に解説をします。

目次

このページの概要¥

この記事の信憑性を示す根拠について

  • 転職サイト運営会社(東証一部上場企業)にて10年経験をし、社長賞受賞経験あり

  • 年間平均240社の企業訪問実績、多くの経営者や人事担当者との折衝経験から得た情報を記載

  • 年間200名の転職希望者との面談を通じ、様々な悩みを知り得た上での情報を記載

  • 自身の面接合格率は「77.7%(過去18社の面接実施、うち14社が内定)」

人材業界の「メディア(転職サイト)」「人材紹介業」「採用コンサル」「転職相談」の業務を通じて得た実際の経験を踏まえて分かりやすく解説をしています。

なるべく今のトレンドを踏まえながら、すぐに活用できる情報を書きます。

こんな方の悩みを解決する記事を書いています

  1. そもそも、内々定なんて言葉があるのを知らなかった

  2. 職場見学って呼ばれたけど、結局何をするイベントなのか意味を理解していない

企業は、内々定段階や、内定段階において、最終的なイベントとして職場見学などを実施したりします。

そもそも内定段階と内々定段階で気をつけるべきポイントって何かを理解して、その後に行われる職場見学においても有意義な時間を過ごしていただくための解説をします。

職場見学(社内見学)の目的とは

これ、企業は何の目的で実施をしているのでしょうか。簡単に3つのポイントでまとめました。

入社後のミスマッチを減らすため

まだ「内々定や内定段階」にあると、辞退をするのも可能です。

そうなった場合には職務経歴書上に記載をする必要があるのかというと、結論ありません。

しかし、入社を迎えてしまった後は、辞退ではなく退職となってしまうために、職務経歴書上に記載をする必要があります。

つまり、内定段階であるうちに、社風などの選考で見えなかった部分でミスマッチを起こしそうな箇所は確認して、入社後に早期退職にならないように確認してね。というメッセージがあります。

全ての企業で職場見学が実施されるのか

あくまで、職場見学は企業側の好意で実施をしていただく場合が多く、必ずしも実施をするというわけではありません。

また、通常は職場見学といっても、拘束時間が生じるために「職場に出向いた際に使った交通費や「拘束時間に対しての時給」が発生します。(職場見学直後に手渡しで渡される場合が多いです。)

職場見学を実施するというのは社内の執務室などに入室が可能になるため「秘密保持契約書」などのサインを求められる場合もあります。

尚、秘匿性が極めて高い職場などにおいては、職場見学を実施する場合が機密上難しい場合もありますので、必ずしも実施される項目では無いということは知っておきましょう。

職場見学って大体どのくらいの時間やるの

これは会社によって異なります。午前中だけ実施。午後だけ実施。一日を通じて実施など、様々な形態があります。

企業の人事担当者に対して事前に確認をしましょう。

職場見学って何をするのか

ここは、会社によって様々なプログラムが用意をされています。

一例を上げると、営業社員の同行を行い、顧客に出向いて商談風景などを体験し、事務職などの方は実際にデスクに座り、実際にある仕事のなるべく単調な業務をやってもらう、会議に出席をして議論を眺めるといったケースがあります。

いずれにしても、自分がこの会社でやっていけるのだろうか。という視点を持って臨むことをオススメします。

Nさん
実施をしていただけるのはとても有意義ですね、

たしかに面接段階では見えなかった項目も多々ありますし、そういった事柄を実際の職場で確認できるのはいいですね。
職場見学ではどんどん社員の方にも質問をしてみてください。

大事なのは自分自身が本当にこの会社でやっていく姿が想像できるのかというイメージを持つのが重要です。

職場見学で見るポイントってなんなのか

結論、面接段階では見れなかったことを把握するようにしてください。

どんなものが挙げられるのかを下記にまとめました。

面接で人事担当者が言っていた自身にとっての大事なポイントを、社員の方にも聞いてみる

人事担当者は良くも悪くも、自社の事を魅力的に伝えるプロフェッショナルです。

そのため、良い部分としてあなたに伝わっている項目が「実際のところどうなんだろう」という視点を解消するための方法です。

例えば「残業時間」「社内の雰囲気」「コミュニケーションの発生頻度」「有給取得実績」など、直接人事に尋ねにくい内容でも社員の方を通じて把握をしてると良いです。

社員の方が「この企業に決めた」理由

どういった理由で、この企業を志望して、今の仕事に就いているのか。

こんな部分は是非尋ねるようにしてみてください。結果、企業の良い部分が伺えるようになります。

例として「前職は、◯◯という部分が経験できなかったけど、今の職場では◯◯は□□というカタチで得られるため、自身にとって有意義なものになっています。」といった情報を把握できます。

清掃が行き届いているかどうか

これ、本当に大事です。

私もコンサルタントとして企業に訪問をする際には必ずチェックをする項目です。

理由としては「細かい事に気を遣い、業務を遂行できているか」という事がわかります。

例えば、コピー機の裏側を見ると良いと言われる事がありますが、通常だとあまり掃除をしないような場所ではありますが、ホコリが溜まると衛生上良くないだけでなく、掃除をする文化が定着をしていないのではと思いがちです。

そのため細かなところに配慮が行き届いている会社かどうかをチェックするのはとても重要です。

Nさん
細かなところに目が行き届いているのは日常の業務もずさんな管理をせず、しっかりと行われているとわかりますね。

確かに清掃状態まではなかなか気が付きませんでした。
その時だけ汚くなっていた、という場合もありますが、普段あまり目にしないようなところにも気を遣う会社は、それだけ配慮ができている社員の方が多いという現れでもあります。

細かな箇所こそ見ておきたいですね。

職場見学で余計な発言をすると、内定(内々定)取り消しにならない?

これ、心配されるお気持ちすごくよくわかります。

ただ、結論、ほとんど辞退にはなりません。(相当態度悪く業務に取り組んでいたなどは例外として)理由は内定と内々定という言葉を理解しておく必要があります。

内定と内々定の大きな違いは、労働契約が成立しているかしていないかの違いです。

内定となると労働契約を結んでいるため、取り消しを行う場合には明確な理由が求められます。

解雇通告といった措置を講じる必要が企業側に生じるため安易に取り消しはできません。

一方、内々定の場合においては、労働契約は成立していません。

この段階で職場見学等々を実施するケースが多く、ミスマッチを感じた時に辞退が通用するのがこのフェーズです。

ただ、内々定とは言えども、一度内定のニュアンスを出した企業が理由もなく取り下げるのはレピュテーションリスク(評判を下げるリスク)に繋がりかねないため、企業にとっても慎重になります。

当然節度を持って、誠実な対応をしながら職場見学をしていくのは当然ですが、リスクを感じて質問をしたい内容が聞けなかったという状況が起こらないよう、自身が尋ねたい項目を事前に準備をして臨むのが大事です。

職場見学は配慮は行えども、遠慮は行う必要はない。

自身がしっかりと確認をしたい内容を確認し、ミスマッチが生じないようにする大事な時間


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる