【すぐ選考辞退せよ】体験談から得た「絶対に回避すべき」企業の特徴

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

残念ながら、世の中には良い企業ばかりではありません。

パワーハラスメントやセクシャルハラスメントが横行をしている企業や、過剰なノルマを貸して疲弊をするまで従業員を使うブラック企業は様々な規制により減少傾向ではあるものの、ゼロにはなっていません。

そのため、そのような企業に間違っても入社をしないような目利きを選考途中でする必要があります。

この記事では「絶対に選考を進めてはならない、辞退を推奨する企業の特徴」がわかります。

本内容は、転職サイトを運営をしている企業で働いた前職での経験をもとに記載をしています。

内容は当時、転職サイトに寄せられた面接で起きたユーザークレームの内容を参考にしながら、実際にあったリアルな現状をお伝えしています。

はっきりとお伝えをしておきます。万が一、今から解説をする特徴が垣間見れたら、いますぐの辞退をオススメします。

なお、下記は当ブログの歩き方をまとめた記事です。転職関連の総まとめとなっていますので、併せてご覧ください。

目次

このページの概要について

この記事の信憑性を示す根拠について

  • 転職サイト運営会社(東証一部上場企業)にて10年経験をし、社長賞受賞経験あり

  • 年間平均240社の企業訪問実績、多くの経営者や人事担当者との折衝経験から得た情報を記載

  • 年間200名の転職希望者との面談を通じ、様々な悩みを知り得た上での情報を記載

  • 自身の面接合格率は「77.7%(過去18社の面接実施、うち14社が内定)」

人材業界の「メディア(転職サイト)」「人材紹介業」「採用コンサル」「転職相談」の業務を通じて得た実際の経験を踏まえて分かりやすく解説をしています。

なるべく今のトレンドを踏まえながら、すぐに活用できる情報を書きます。

こんな方の悩みを解決する記事を書いています

Aくん

ブラック企業で勤務をしたくないのは、誰もがそうだと思います。

どのような部分で見分けをつければ良いのかがわからず、ポイントを知りたい。

Eさん

面接で感じた違和感はやっぱり間違ってなかったんだ。

入社をした後にブラック企業に勤めてしまったと分かった。でも、もう遅いんだよな。

Bさん

転職初心者なので、なるべくわかりやすい特徴を教えてほしい。

面接が控えているので、その時にすぐに判断できる特徴を知りたい。

上記のような要望に対して、徹底的に解説をします。

今回の記事はなるべくわかりやすい特徴を記載していくつもりですが、面接で判断をしていくのは、あなたしかできません。

そのため、今からお伝えをすることを頭に叩き込んで面接で見極めていくことをオススメします。

何度もお伝えをしますが、ブラック企業に入社をしてしまうと、あなたのキャリアだけでなく、身体すらもボロボロになります。

転職活動ではホワイト企業を掴む重要性はありますが、もっと大事なことは「ブラック企業に入社をしないこと」です。あなたのキャリアを輝かしいものにするため、徹底的に解説をさせていただきます。

なお、下記の関連記事では、求人広告で見分けるブラック企業の特徴を書いています。

今回の記事は求人企業では見分けがつかず、万が一、選考に進んでしまった場合に判断をしなくてはならない場合、一次面接前、二次面接前、内定承諾前の3箇所で必ず見極めなくてはなりません。

少しでも特徴が現れたら事態をする判断をしましょう。

一次面接をする前に判断するブラック企業の特徴

ブラック企業は求人を集めるプロでもあります。

なぜならば多数の人が辞めていく中でも事業運営ができているのは、多数の人が入社をしているからです。

そのため応募の段階では見分けがつかないことも多く、そのような企業に対しては選考時に判断をしていくほかありません。

このパートでは【応募〜面接】までの期間に判断をするポイントをまとめています。

書類選考の連絡が極めて早い

書類選考は転職サイト運営側の目安としては1週間以内に返答と定めていることが多いです。

そのため通常でも2〜3日程度で完了をして通知をされることが多いのですが、このスピードがあまりにも早いケースは要注意です。

なぜならば、書類を提出すると、人事担当者、現場担当者などの関係者に対して閲覧をされ、合否を確認しますが、その期間が1日以内の場合、書類をさほど見ておらず、誰でも、とりあえず面接に呼ぶということをしている企業が一定存在をします。

ブラック企業の特徴としては、次々と人が辞めていくため、応募をしてくれる人は、誰でも書類選考通過させ、さほど転職者にスキルを求めない傾向があったりします。

そのため、とにかく数集めのために書類選考はほぼ無視をして、多数の面接をしていくといったスタンスを取っている可能性があります。

返信の連絡タイミングが深夜

人事から送られてくる書類選考の合否のメールが深夜である場合、注意が必要です。

当然自動返信メールなどの機能は各転職サイトなどで実装をされているので、その場合においては問題ありませんが、手動で人事担当者から送られるメールが深夜の場合、それだけ人事担当者が長時間勤務を強いられている可能性があるため、注意が必要です。

出典:インターワイヤード「長時間労働」に関するアンケート

確かに人事の仕事は忙しいという側面はありますが、上記アンケートからもわかる通り、昨今ではほとんどが8時間以内で終業をしているケースが一般的です。

これは労働時間に対する意識が変わり、会社としても働きやすい環境の整備をするため残業時間などに対する規制を強めて、厳格に管理をする風潮になってします。

それが行われていない会社に関しては一定の注意が必要といえます。

二次面接をする前に判断するブラック企業の特徴

前のパートで解説をしましたが、ブラック企業では、そもそも二次面接が行われない可能性があります。

なぜかというと2点の理由があります。1点目は選考が長期化をすると他社に入社をしてしまうリスクが高くなるためです。

2点目は日を追うごとに転職者の不安感が増し、辞退のリスクが高まるためです。

上記の2点を防ぐためにも、選考はなるべく短縮化してスピーディに行うよう各社が動いてはいますが、一次面接で転職者の特徴を把握するのは極めて困難です。

それでも合否を出してしまうということであれば、業務上、さほど見極めが必要ないと感じている可能性が高いです。

一次面接なのに企業の紹介がほどんどだった

一次面接はあなたの事を知るための場です。

本来あなたが何をしてきたのか、何をしたいのか、どんな経験を有していて、何ができるのか、様々なものを面接により見極めをします。

そのため人事からあなたへのヒアリングが中心になるべきなのですが、人事担当者が自社の魅力などをひたすら語るということも往々にして存在をしているようです。

これは、あなたの事を知るということよりも、自社の入社メリットを伝えて、とにかく引き入れたいという想いが強い会社にこの傾向がでたりします。

雑に言ってしまうと、この企業からしてみたら、あなたの経験はどうでも良く、とにかく入社さえしてもらえれば、良いと考えているのです。

一次面接のみで、すぐに内定が出る

現在、面接はコロナ禍の影響でオンラインのみで終了をする企業が多くはなってきていますが、以前実施回数に関しては一次面接、二次面接の2回実施をする企業がほとんどです。

理由は明確で一次面接は人事担当者、二次面接は現場責任者や役員などの複数人数で見極めを行うことが一般的ですが、そのようにしないと様々な角度からあなたの経験をジャッジすることは難しいのです。

人事経験があると、自分が良いと思っていた人でも、役員からすると首を傾げてしまうこともよくあることで、人の感覚や価値観がバラバラであるがゆえに、複数人数で見極めないと正確な判断はできないのです。

しかしブラック企業はとにかく入社をさせることがミッションゆえ、大した見極めもせず、次々と入社をさせる傾向があるため注意が必要です。

人事担当者が大幅に遅刻をしてきた

時間にルーズなのは完全にNGです。

当然人事担当者も不測の事態を迎えることがあるため、遅刻をすることもあります。ただ、約束の時間にあなたは訪問をしているのに、ただひたすらに待たされるような状況だった場合不安に思うはずです。

そのため通常であれば配慮をして、多少遅れる旨を伝言でも良いので聞くことができれば良いのですが、それもなしに大幅に遅刻をしてきた場合には、時間管理ができていない人事担当者を置いている会社に問題があるのではと疑ってみた方が良いです。

5分程度の遅刻であれば許容範囲ですが、15分〜20分ほど理由もなしに遅刻をしてきた場合には辞退が懸命です。

面接場所がオープンスペースだった

面接でヒアリングする項目というのは個人情報に該当をしますし、当然センシティブな内容であります。

そのため通常であれば隔離をされた部屋の中で人事担当者とあなただけで行われるのが一般的です。

しかし、オープンスペースなどで行われるとあなたも周囲を気にして自身のことを話しにくく、面接でチカラを発揮できない可能性もあります。

そのような事を配慮するのは会社の義務ではありますが、それを怠り、オープンスペースなどで簡素な形で面接が進む場合には要注意です。

ここで誤解をしないためにお伝えをしておくと「面談」はリラックスをした形で情報交換を目的として行われることがあるため、オープンスペースで実施をされることが多いです。

一方面接は見極めなのでクローズドな環境でおこなわれるものゆえ、違いがあるため、注意ください。

人事担当者が喫煙をしながら面接をしていた

いまどき、そんな会社があるのと思われるかもしれませんが、実際に起きています。

経営者がタバコをふかしながらあなたとの面談をしているといったことがクレームとして寄せられています。

当然、受動喫煙防止法の観点から勤務場所は分煙にすべきですし、あなたを迎え入れるかどうかの判断をする重要な場のため、タバコをふかしながら対応をするということは失礼にあたります。

あなたとの面談を軽視している現れでもありますし、そのような配慮ができていない会社は業務においても同様の配慮ができていない可能性が高く、すぐに辞退をすることが懸命です。

極めて遅い時間に面接が組まれた

当然仕事が終わった後に面接を行うケースがあるため、人事担当者は、その会社の定時の時間を過ぎて面接対応をしていただくケースが多いです。

ただ、人事担当者は出社の時間を午後からにしているなど労務時間も一般とは異なる形で設定をされている場合があります。

一般的には、21時までに終える面談であれば行うと定めている会社がありますが、21時〜23時ころで面接を設定する企業も少なくありません。

このように昨今の労働環境などを鑑みることなく、設定をしている企業は注意が必要です。

ハラスメント的な言動が目立つ

当然、年齢、容姿、人種、家族構成、生い立ちなどにより差別をしてはなりません。

法整備もしっかりとしており、男女雇用機会均等法や年齢制限禁止法など様々なものが存在をするため、企業も当然ながらコンプライアンスの観点より順守をすべきです。

しかし、残念ながら、面接で軽々しく上記の内容について触れる人事担当者も少なくありません。

突然ヒアリングをされその場を取り繕うために説明をしてしまう転職者の方も多いのですが、質問をされた場合には、辞退を前提としてお断りをすることが賢明です。

いかなる状況があったとしても上記の項目に触れる内容が会話の中であった場合には、危険です。

内定承諾をする前に前に判断するブラック企業の特徴

求人広告に書かれている内容と齟齬があった

あってはならないことですが、面接を行って、求人に書かれている内容と異なることに気づくケースがあります。

企業が伝えたい内容と異なった認識を自分がしてしまっていることもあるので、面接で尋ねる必要はありますが、時にブラック企業は嘘の情報なども上手に記載をして、とにかく多くの人を呼び込むようにしている場合があります。

そのため結論、面接では仕事内容について必ず自分が腹落ちをするまで聞くようにしましょう。

ここで少し隠すような素振りがあったり、そもそも求人内容が異なっていることが発覚をした場合には辞退を検討しましょう。

人事担当者が入社をとにかく急かしてくる

とにかくブラック企業の人事担当者が目的とするのは、入社人数です。

特段あなたのスキルを見極めることでも、入社後のミスマッチを減らすことでもなく、とにかく人数を入れることが会社から掲げら得ているミッションなのです。

そのため他の企業の選考状況なども考慮せず、とにかく入社を急かしてくる可能性があります。

今、入社を判断してもらえないと見送る可能性がある。

他社よりも好条件を提示するので入社をして欲しいなど露骨な言葉も言ってくる可能性があります。

いっときの感情などで左右をされるのではなく、本当に入社をして良いのか判断がつくまでは承諾をしてはなりません。

同時進行で進めている他社の悪口を言っている

当然、他社より自社を選んで欲しいというのは、どの人事担当者でも思うことです。

ただし、他社の批判などをする会社は要注意です。他社の評価を引き下げて、自社を引き上げるというのはビジネスの上ではご法度です。

当然ビジネスは様々な特徴を持って行っています。

そのため優劣の判断などは価値観によるため誰もが安易に決めるということはできないのです。

ところがブラック企業であれば、平気で他社の批判をして、自社を持ち上げるようなコミュニケーションをしてきます。

そのような状況が散見をされた場合には承諾を慎重に考え直すことが良いでしょう。

入社祝金などのメリットを提示される

入社祝金など過度なサービスを転職者に伝えて、入社を迫るといったケースも存在します。現在厚生労働省では過度な入社祝金などの受け渡しを禁じています。

しかし、このような金銭を渡す事で判断を急がせ有利に進めるということはブラック企業の常套手段です。

このような誘いがあったとしても、あなたは本当に活躍ができる企業かを見定め、長期的に得をする企業を選択するようにしてください。

ブラック企業の特徴は表面化しているケースは少ないです。そのためうっかり求人広告で応募をした会社が面接ではブラック企業の特徴が出ていたということもあります。

そうなった場合には、とにかく回避をすることが懸命です。その場に流されて判断をしてしまうよう、相手もあの手この手で誘いをしてきますが、冷静に考えて判断をするようにしないと、ついつい入社をしてしまったという状況にもなりかねません。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる