面接の手応えがわからない!【実は合格かもしれないサインのまとめ】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、慎です。

転職活動も本格化してきて、書類通過はある程度叶うようになってきたので、面接が立て続けに設定をされている。

こんな状況を迎えている方に「人事が合格者だけに見せる、面接のサイン」について解説をします。

この記事は、私自身が10人の人事担当の面接に同席をし、徹底的な観察により知り得た事実を記載しています。

志望度が高い企業への面接をしたけど、手応えがわからない方に向けて、合格のサインを伝えることで、不安を取り除くことを目的とした記事になっています。

ただ、注意事項として1点予めお伝えをしておきます。

この、合格のサインはあくまで10人の人事担当が合格をだした転職者に共通をしていた項目を記載したものです。

あなたが必ず面接に合格をしているかどうかを保証するものではありません。あくまで参考としてご覧ください。

この記事を書いている人

(Twitter)

Remolog(りもろぐ)管理者|人材業界経験17年目|社長賞受賞経験あり|累積2000名以上の転職相談|1000社以上の支援実績|求人広告経験 |人材紹介業経験|採用ブランディング経験|コーチング経験|テレワークエバンジェリストとして活躍|40歳|横浜市在住

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

目次

このページの概要

この記事の信憑性を示す根拠について

  • 転職サイト運営会社(東証一部上場企業)にて10年経験をし、社長賞受賞経験あり

  • 年間平均240社の企業訪問実績、多くの経営者や人事担当者との折衝経験から得た情報を記載

  • 年間200名の転職希望者との面談を通じ、様々な悩みを知り得た上での情報を記載

  • 自身の面接合格率は「77.7%(過去18社の面接実施、うち14社が内定)」

人材業界の「メディア(転職サイト)」「人材紹介業」「採用コンサル」「転職相談」の業務を通じて得た実際の経験を踏まえて分かりやすく解説をしています。

なるべく今のトレンドを踏まえながら、すぐに活用できる情報を書きます。

こんな方の悩みを解決する記事を書いています

Aくん

大事な面接を実施したんだけれども、とにかく合否連絡が待ち遠しい。

考えれば考えるほど、不安になり居ても立っても居られない。

Dさん

面接での手応えは感じていたけど、人事が難色を示していたシーンもあったので、ダメだったのかもしれない。

あの難色の理由はなんなのか気になって仕方がない。

Bさん

不合格になってしまったら、また転職活動の仕切り直しをしなくてはならない。

何としてでも、この面接は通過してて欲しい。

面接が淡々と進んでしまった。人事担当が気になる質問をしてきた。自分のことが思うように上手く話せなかったなど、色々なことを振り返りとして考えてしまっているのではないでしょうか。

合否連絡は概ね1週間程度かかることが多いため、第一志望の会社を受けた直後は、落ち着かない日々を過ごす方も多いのではないでしょうか。

その不安を少しでも和らげるために、この記事では「人事が合格者だけに見せる、とっておきのサイン」について実体験を通じて得た情報をもとに解説をしています。

あっきー

そうそう、この情報気になってたの!合否連絡を待つ間不安でしかたないと思ってて、第一志望の会社だったので感触だけでも知りたくて。

そう思うのも無理はないよね。ただ、合格する場合には面接で必ずといっていいほど見せるサインがあるので、その特徴について解説をするね!

人事担当者は何を面接で見極めているのか?

まず、予めお伝えをしておくと、面接に辿り着いているということは「書類選考上ではあなたは適格」だと思われています。

人事担当者はある程度の企業になると毎日2〜3名の方と面接を重ねています。

また、転職者への応対や面接人材の発掘など様々な業務を行う、忙しい毎日を送りながら、あなたとの面接を行なっています。

つまり、貴重な時間を費やしたとしても「あなたとの面接は行なっておくべき」と人事は感じており、面接にたどり着いているのであれば、職務経歴書上に記載をしていることは認めてもらっているということを理解しておきましょう。

職務経歴書と履歴書から判断できる項目について

在籍企業経験業務職務内容
実績転職回数個人情報
役職年収文章力
上記の項目に関しては事前に送付をしている職務経歴書・履歴書を通じて把握ができる

上記の多くの事柄を職務経歴書と履歴書から判断いただいています。これほどの多くの情報をもとに判断をされた結果、あなたは面接に辿り着いているわけです。

一般的に、書類選考の通過率は「30%〜60%程度」だと言われています。企業によって水準は異なりますが、少なくとも、書類選考を通過したのであれば、その30%〜60%の中に入っているわけです。

先ずはあなたが一生懸命培ってきた自身のキャリアが認められたと、自信を持って良いのです。

書類上では判断できない項目を面接で見極めている

実は、中途採用の見極めにおいて上記の情報があれば見極めは可能であり、書類の情報だけで見極めを行おうと思えば、ある程度はできてしまうのです。

しかし企業に応募をすると、必ず面接が設けられていて、その関門を通過しないと入社をすることはできません。

それでは面接によって、人事は何を確かめているのでしょうか。

結論、面接では「情報の深さ」と「真偽性」について人事担当者が確認を行うことが求められています。

情報の深さとは何か?

端的に言うと「より詳細な情報」のことです。

例えば、一例を挙げると、職務経歴書には「年間売り上げ1億円を達成しMVPを受賞」と書かれていたとします。

ただ、当然疑問として生じるのが「なぜ、このような成果があなたに輩出できたのか?」であったり「受賞はどの程度難しいことなのか?」といった内容は、人事担当者では分かりません。

その情報の周辺事情を面接では見極めています。

より、細かな事例をあげるとすれば、仮にAさんは「1億円を売り上げるための戦略・実行・検証までを1人で実施」したとします。

一方でBさんは「1億円を売り上げたが、戦略策定は上長が決めて、実行だけを担った」という両者を比較した時に、同じ1億円の成果を輩出したことには変わりありません。

しかし、Aさんは戦略を構築するスキルも保有をしていることになり、優位な評価を得るようになります。

一方でBさんは上司から言われたことだけを実施したため、実行力はあると思われますが、考えるチカラにおいては不十分という評価を受けてしまいます。

つまり、このように結果だけを切り取ってもわからない周辺の情報をヒアリングを通じて収集をし、的確かどうかを判断していくために、面接が必要なのです。

真偽性とは何か?

ひとことで言うと「情報が嘘なのか、正しいのか」です。

人事担当者は初めてあなたと会うため、信頼をしていません。

そのため、あなたが職務経歴書に記載をした情報が正しいのか、そうでないのかを判断します。

そのための質問を多く面接でぶつけて、正しい情報のみを把握しようとします。

面接ノウハウなどで、よく職務経歴書の記載は多少盛ってもよいといった記事を見かけますが、結論止めた方がよいです。

なぜならば、面接で簡単に暴かれ、逆に盛った事実が発覚することで、あなたの信頼が失われるだけだからです。

この真偽性を確かめるために、人事は「3回深掘りをして聞く」ということが徹底をされています。

例えば、下記のように「受賞を得られたものの、周囲の方の多大な協力があって為し得たものであったが、その内容は記さず自分ひとりの成果のように職務経歴書を記載してしまった場合」を前提とした失敗事例をご紹介します。

Fさん

【面接官】職務経歴書では受賞経験があるということが書かれていますが、それは何が評価をされて受賞をしたのでしょうか?

Nさん

それは、日頃より新規開拓に力を入れており、こまめに顧客に連絡をとって受注機会を逃さないようにしました。

その結果、受注件数が増加をして売上をあげることができたため、その新規開拓力について評価を受けたためです。

Fさん

【面接官】なるほど、新規開拓力が評価されたんですね。

では、その開拓力というのは具体的にいうとどのような能力なんでしょうか。

何かエピソードを踏まえてお話をいただくことは可能でしょうか。

Nさん

あ、エピソードですか。

そうですね、新規開拓を進める上でニーズの濃い顧客を見つける事が重要だと感じています。

事前のリサーチなどを徹底して注力ポイントを見極めてから行動をしたことで成果が輩出できました。

【心の声】実は上司にリサーチをしてもらって、その顧客先に連絡をしただけなんだけど、面接で伝えてしまうと心象悪くなるな。

どう答えて良いんだろうか。まずい、まずい。

Fさん

【面接官】なるほど、ではそのリサーチの精度も評価のポイントなんですね。

ちなみに具体的には、どのような観点でリサーチをすると、そのような結果が輩出できるのでしょうか。

教えていただくことは可能でしょうか。

Nさん

【心の声】やばっ、リサーチは僕自身していないので何もわからないや、回答する答えが見つからない。困ったぞ。

あ、ここに関しては、あの〜、その〜、リサーチは企業規模とか、云々・・・

Fさん

【面接官】【心の声】あ、この方はリサーチは一切やってないんだ。

大方上司の方が多大な協力をしてやったんだろうな。


そうですか、分かりました。この質問については結構です。

このような状況を迎えてしまう可能性があるため、適切な情報を職務経歴書に書くことはもちろんですが、周辺をくまなくヒアリングされるという認識はもっておくと良いでしょう。

人事は人を見抜くプロです。転職者の方が情報を盛って記載をしていることなど、お見通しなのです。

面接にどうしても通らないのであれば、人材紹介会社のコンサルタントに一度見てもらうというのはオススメですよ。

ここで小休止です。3分で自分の特徴をデータ化してみませんか?(無料)

あっきー

自己分析って難しいよね。一体どうやったら良いのか検討もつかない。

だとしたら、「あれ」をやってみよう。無料でどちらが良いのかを判断してもらえるサービスなんだよ。

あっきー

あれってなんなの??

うん、ミイダスっていう、自身の市場価値を分析することができる無料ツールなんだ。登録の際にこのサービスから問いかけられる質問に答えるだけで、自分の特性をわかりやすく表示してくれるサービスなんだ。

このサービスは転職支援サービス大手の「パーソルキャリア」の関連会社のミイダス株式会社が運営するプラットフォームです、わかりやすく自分の特性や思考性などがデータで可視化をされるため、面接で役に立つ自己分析が簡単にできます。

スマホでも登録は可能ですし、作業自体は3分で終わるので、登録をしていない人は、さらっと登録しましょう!

転職の市場価値もそうだけど、コンピテンシーというその人の特徴や、内面性といったパーソナリティ診断もできるんだ。これが無料でできるから驚きだよね。

あっきー

えっ、こんなスゴイ事が無料でできるの??

市場価値診断なら、ミイダス!

自分はどんな適性を持っているんだろうか。自分はどんな仕事が向いているんだろうか。何をすることを喜びとして捉えて、何をするのが嫌なのかといった性格面を丸裸にすることができます。この結果を踏まえて、面接でどのように伝えていくべきなのかを整理すると良いでしょう。

自分の思いもしなかった、意外な特性も把握できたりするので、便利なツールですよ!

面接のどの部分で合否を決めているのか?

結論から述べます。合否が確定するのは「下記の情報が集まった時」です。

たった5個の項目しかないのです、そのため確実に合格を得たいのであれば、下記の項目においての真偽性と情報の深さは掘り下げ準備をすることが重要です。

あっきー

そういえば、面接官ってどんなところで私の合否を判断しているんだろう。一般的な話で良いので、見極められるポイントを教えてよ〜。

そうだね。主に面接では下記の5点を注意深く見ているよ。この内容で企業が疑問に思うようなことがあれば、合格は少し遠のいてしまうよね。

志望理由が人間関係などの否定的な理由ではないか?

出典:エン転職「転職理由(退職理由)のホンネとタテマエ」

上記アンケートからもわかる通り、上司や職場の同僚などの人間関係を理由に退職をする方が多いのです。

しかし人間関係はどの職場にも必ず存在をし、時にはソリが合わない上司や同僚と共に働かなくてはならないのは、どの企業も共通をしていることです。

つまり人間関係を理由に退職をする場合においては、自社でも同様のことが起こるのではと人事は不安に思い、この理由をもとに転職をする方を敬遠する傾向にあります。

そのため、人事は転職の理由を詳細にヒアリングをして、人間関係での転職ではないかどうかを見極めています。

成果を輩出するプロセスにおいて「再現性」はあるか?

あなたが、現職に築いた実績はとても素晴らしいものです。

当然ながら多くの努力をされて、築かれた実績のため、賞賛をされるべきことなのでが、その実績を輩出したあなたのスキルや能力を企業は求めています。

つまり、実績そのものが評価をされているわけではなく、その実績を輩出するために必要となる能力をあなた自身が持っているかどうかが気になるポイントなのです。

仮にその実績は現職の環境のみで発揮されるものだったとしたら、転職をしてしまったことで発揮は難しく、入社をしていただいたとしても活躍をしていただくことは難しくなります。

そのため、実績の背景に隠された能力が、自社が求めている条件と合致をしているか、人事は見極めています。

またその能力は自社で勤務をした時でも再現性をもって、どうようの成果が輩出できるかどうかも重要なポイントとなっています。

転職者の人間性は自社の社風に合っているのか?

あなたの人間性や考え方が自社に合っているかどうかを見極めます。

企業にはカルチャーがあり、調和の中でみんなが仕事をしています。

そのため、正反対の価値観を持った人が入ってくるとその調和が乱れ、全体としての生産性が落ちる結果となりかねません。

それを防ぐために、面接の中でカルチャーマッチをしているかという判断をしています。

これはあなたが優秀なのか、素晴らしい性格の持ち主なのかという議論ではありません。

ただ単純に「自社とあなたの性格の相性が良いのか」というだけです。

仮にこの理由をもとに不採用だったとしても、決して自分を否定することなく、単純に合わなかっただけと前向きに捉えていただいて良いと思います。

逆に合わないカルチャーの中に入社をしてしまうと、周囲との価値観の相違が生まれ、仕事はとてもやりにくく、結果的に居心地が悪いと感じ早期退職につながります。

そのため、カルチャーマッチしなかったことで不採用になるのは事前に分かったことで良かったと捉える方が良いのです。

自社の情報を適切に収集をしていて、勘違いなどのミスマッチが起きないか?

自社の情報を間違った形で認識をしていないか、人事は注意深く観察をしています。

あなたが誤った認識をしていても不採用になるのではなく、情報を正してくれるだけです。

この情報を適切に処理をしておかないと入社後に「聞いていなかった」などのトラブルに発展をするケースが多く、入社後のトラブルを未然に防ぐために、情報が正しく伝わっているかを面接によって確認をしています。

希望年収や条件面での折り合いがつくか?

こちらは、かなり重要な確認項目として掲げられています。

通常企業は給与テーブルといって、年齢や経験年数などによりある程度の等級の給与体系が設けられています。

つまり、どんなに優秀だったとしても給与テーブル以上の給与を求められた場合には、企業は受け入れることはできず、入社を見送ります。

そのため、あなたの条件面に関してヒアリングを行うことはどの企業でも行われています。

しかし受かりたいという気持ちを優先して、条件面の希望を下げて申告をしてしまうと、逆に何か不都合がなものがあるのではないかと人事は勘繰りをするようになり、適正な給与額、条件面などを把握することが求められます。

合格者にのみ見せるサインはどんなものがあるのか?

結論から言います、この「6つのサイン」のいずれかが面接であった場合には、かなり高い確率であなたは合格です。

あっきー

これが知りたいの!!!私の面接を振り返りながら、聞くようにするね。

そうだね、この特徴は合格者のみに聞く内容として定着しているといっても過言ではないと思うよ。あっきーの面接でこんなサインはあった??

他社はどこを受けられていて、今の状況はどんなステータスですか?

人事として気になるのが、他社の選考状況。あなたが優秀であればあるほど、内定を出す企業が多いのは当然です。

せっかく採用をしたいとしても他社にスピード負けをしてしまい機会を失うことを人事担当者は恐れています。

そのため、他社よりも早く選考を進めて内定を出して囲い込む行動をとります。

そのため他社の選考状況がどのようになっているのか、合格者に対してのみ詳細にヒアリングをします。

このような質問に対しての回答をした後に、人事担当者が対応を急ぐようなワードが出てきたら、ほぼ合格は間違いないと思います。

仮に内定を出したとしたら、当社を選んでいただけますか?

これはよく人事が使う手法です。内定を出したけれども辞退をされてしまう不安から使うワードです。

仮に転職者が「選ばない」という発言をした場合には、その理由をヒアリングして、課題払拭をしてくるはずです。

転職者が抱える懸念点をひとつひとつ潰して自社にだけ興味を示してくれるようにするために、この質問をしています。

条件面での折り合いがつかない項目など思いつくことはありますか?

優秀な方であっても希望給与額が提示できなかったら、転職者に断られると人事は誰もが思っています。

そのため条件面などを詳細にヒアリングをして、多少給与テーブルなどを超えるような方は事前に社内のネゴシエーションを経て、希望の金額に近づけるよう調整を図ったりします。

そのために希望額が自社の給与テーブルに近しいのかを確認するために、この質問をしています。

あまりにも希望給与額と提示可能範囲が離れていた場合には、採用を見送るということも可能性としてはありますので、相場を理解しておくことは重要です。

遅くとも明後日には合否の返答をしますので、お待ちいただけますか?

通常1週間程度合否の判断には要します。当然次のステップに進むのであれば、次の面接官の段取りをしなくてはなりません。

人事担当の上司との合否のすり合わせ時間も必要なため、その程度の期間がかかるのは一般的です。

しかし、明後日などの短期的に合否判断をしてくれるのは、採用をしたいと思われているケースにおいて起こります。

人事はとても優秀な人なので早期に囲い込みたく、上司の判断を急かします。

また次の面接の段取りも優先的に組んでくれます。

そのため、短期間で合否の返答ができるのは人事が社内で調整を急いでくれる表れとなっており、このワードが出た場合には合格可能性は極めて高いのです。

現職の引き留めなどは、大丈夫そうでしょうか?

当然優秀な方であれば、現職での引き留めをされるのは間違いなく起こります。

せっかく内定を出したとしても現職で引き止められてしまっては面接の苦労も水の泡です。

そのため、現職で退職を上司に伝えた時にどんな反応をされるのか、その際に転職者はどのように対応をするのかなどの情報を把握しておき、懸念点については払拭をするように動きます。

次の面接では○○が求められるので、用意いただくことは可能ですか?

これはほぼ合格といっても間違いないと思います。1次面接を経て2次面接を行う場合には、人事担当者から役員などに面接の対応者が変わります。

当然人事としては自分が推薦をした人は素晴らしい人だと役員には伝わってほしいと考えています。

そのため、人事担当面接において合格の方には、次の面接のポイントなどをレクチャーしていただくことがあります。

役員の性格や、過去にどんな質問が多かった、何を回答として述べれば好感が持てるのかなどといった深い情報を手にすることができたら、一旦人事面接は合格なので、次の面接に備えて回答を準備するようにしましょう。

人事に聞いてみた、なぜそのワードを転職者に伝えたのか?

とにかく、優秀な方はいち早く囲い込みたいから

優秀な方は取り合いです。どの企業も欲しています。そのため選考が遅れてしまい、結果入社の機会を失ってしまうと人事にとっての大きな失点です。

そのため、優秀な方と出会えたのであれば、どんな業務よりも優先的に対応をして早期に囲い込みをしたいと考えています。

当然人事は採用した人数が自身の評価として得られます。このため、とにかく急いで採用をして、確定をしていくことを望んでいます。

役員に変な人を回すことはできず、確かな方を推薦しないと怒られるから

役員に不確かな人をアサインすると大概怒られます。

場合によっては人事としての見る目がないと言われ、異動を命じられるケースもあります。そのため確かな人だと見極めてからではないと合格のサインは一才出しません。

仮に合格のサインを出してしまって転職者が前向きに解釈をしてしまったらトラブルになるリスクもあり、適格な方のみに前項で記載をしたサインは慎重に出すようにしています。

転職者の温度感を高めないと辞退をされるリスクが怖いから

優秀な方であればあるほど、他社からの引き合いも強いです。そのため自社のPRを徹底的に行い、転職者の興味を引く必要があります。

そのため、優秀な方を引き込もうと思えば思うほど、自社の魅力を転職者に伝えて興味喚起を図ります。そうすることで自社に入社をしていただく可能性があるため、必ず深い説明を行うのです。

もし、面談に不慣れな方は練習をしてみませんか?

今回の記事のように合格を獲得された方は、おめでとうございます。

もし次の面接に進まれるようであれば、記事を書いて良かったと本当に思います。

一方、もし面接でうまくいかないと感じて、不本意な結果となってしまった方がいらっしゃいましたら、一度仕切り直しで、面接トレーニングをしてみませんか?

方法としては「就職Shop」を使った面談トレーニングです。

実際の面接を想定してコンサルタントが、あなたの回答方法がどのように感じたのかをジャッジして、適切なアドバイスをしていただけます。そのトレーニングを通じて面接合格まで最短の道を進むことができます。

まず前提として特徴をお伝えします。「一切の料金はかからず、無料で利用できるもの」であり「あなたの些細な疑問もすぐに解消ができるもの」で「転職が実現するまで有効」を満たすものをご紹介しています。

具体的には「下記の就職Shop」というリクルートグループが運営するサービスを活用したトレーニングです。

リクルートが運営する「就職SHOP」

こちらは、就職や転職の相談を「完全無料」でしていただけるサービスです。

リクルートグループが運営をしていて、サービス開始から延べ10万人もの方が利用をしており、情報管理やクオリティなどは安心して利用することができます。

そのため、外部にあなたの転職活動の情報が漏れることは一歳ありません。

また、サービスも充実をしていて、下記の悩みに対して的確にアドバイスをしていただく事が可能です。

  • 転職理由が定まらない場合には、コンサルタント相談をするだけで項目の洗い出しと優先順位づけをしていただけます。

  • 職務経歴書に書き出す際に、書類通過率の良い内容になるまで徹底的に添削いただけます。

  • 希望条件を満たす求人を迅速に紹介をいただき、あなたの転職活動を強力にサポートいただけます。

  • 転職のモチベーションが下がった時など、親身になって相談をいただけます。

  • 面接での会話の仕方など、丁寧にひとつひとつレクチャーしていただけます。

  • あなたの専任のコンサルタントがつき、お困りごとを受け止めてくれます。

  • 転職者からの相談はもちろん無料、転職をした後も料金は一切かかりません。

これだけの事を、あなたが入社が叶うまでサポートをしていただけます。

そして何度も伝えてしまいますが「完全無料」で利用をすることができます。

転職活動が曖昧な状態だったとしても相談の中で気づき、適切にナビゲートをしていただけますので、安心して利用ください。

就職Shopとは、若者向けの仕事紹介カウンター|就職Shop

サービス利用の場合は上記の就職ShopのロゴからHPにアクセスをいただき「面談予約に進む」をクリック。

そして必要情報を記載して、エントリーするだけです。10分程度の申し込みで完了をします。

面接で合格のサインを多数勝ち取ることができていたら、あなたは優秀な人です。

自信を持って転職活動を進めていくことができると思います。

とにかくこのサインを獲得するまでは慣れが必要になるため、練習をすることが必要になります。

上記のサービスを利用することで、効率的に合格サインが得られるような状態になることが重要です。


下記は当サイトのまとめ記事になっています。転職初心者が最短期間で実現する方法をイチから順番に解説をしています。ご覧いただくことで、いざ転職を考えた時に「無駄なく、効率的に、誰よりも可能性高く」行えるようになるので必見です。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる