転職が怖いと感じ、動けない方へ【すぐに解消できる方法を徹底解説】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Google検索はこちら

こんな方の悩みに解決する記事を書いています

Aくん

転職をしようと考えたんだけど、ひとりで悩んでいるとネガティブな思考になっていってしまって、活動を始めることができなくなる。

Bさん

不慣れな中で転職活動を行なってしまうと、間違った選択をしてしまって、

何もかもを失ってしまう可能性すら感じてしまう。

Bさん

転職が身近なものであるのはわかるけど、こんなに不安を感じながら、みんなはどうやってやっているだろう。

こんにちは、慎です。

転職が怖いと感じる方は多くいらっしゃいます

もし「転職が怖い」と感じているのであれば、決して珍しいことではありません。

ひとりで恐怖を抱えている必要もありません。特に転職を初めて行う場合には、その気持ちは高まり転職活動の二の足を踏むのを阻むことだってあります。

この記事では、なぜ転職に際して不安に感じ、何を解消することで、

第一歩が踏み出せるのかを転職支援をしてきた経験をもとに、解説をします。

この記事を書いている人

(Twitter)
  • 人材業界経験17年目
  • 社長賞受賞経験あり
  • 2000名以上の転職相談
  • 1000社以上の支援実績
  • 求人広告経験
  • 人材紹介業経験

転職経験ゼロの方を中心に、不安を取り除き安心できる転職ノウハウや、会社の「リアル」な側面を余すことなく解説しています。

転職をしようと決意をしてから行動に移そうとすると、急に転職を行うことが怖く感じるようになるのは誰もが同じです。

そう思うのは当然ですが、明確な理由があります。その理由を把握して対処を行うことで、自然と転職に不安を感じることなく、前向きに転職活動を行えるようになります。

この記事では「なぜ転職は不安に感じるのか」「何に対して不安を感じていることが多いのか」「どうやったら転職を怖く感じることなく活動を進められるのか」という点について解説し、不安を解消します。

目次

転職が怖いと思うのは、「気持ち」が優先するものだから

あっきー

転職をしようと思った時には感じなかったんだけど、いざ活動を進めている中で、段々と不安に感じることが増えていってしまった。

実際に自分に相談をしていただく転職社の方も途中で気持ちが変わり、転職活動をやめてしまうという状況も決して珍しいことではないんだ。

転職を決意した気持ちは、時間が経つと冷めるものだから

転職は感情がきっかけになって動くことがほとんどです。

漠然と転職をしたいと感じていても、何もなければ、実行に移す方はいません。ところが、何かきっかけが生じると「転職をしたい」という気持ちが高まり実行に移されます。

それゆえに転職を決意したのに、数日経つとほとぼりが冷めて、急に転職の意欲が失われ、活動を進めることに対して、恐怖すら感じるようになります。

a) 近い将来に転職をしたいですか?(目安として3年以内)---【年代別グラフ】[必ず転職したい]全体:67%、20代:77%、30代:69%、40代:66%、50代:68%[転職したい]全体:26%、20代:20%、30代:25%、40代:27%、50代:27%[あまり転職したくない]全体:6%、20代:2%、30代:5%、40代:6%、50代:4%[全く転職したくない]全体:1%、20代:1%、30代:1%、40代:1%、50代:1%
出典:ミドルの転職「転職意向と転職活動の状況」について
b) a)で「必ず転職したい」「転職したい」とお答えの方にお聞きします。その理由は何でしょうか?(3つまで選択可)---【年代別グラフ】
出典:ミドルの転職「転職意向と転職活動の状況」について

このように、現職に不満を抱え転職を考えている人は多いのですが、きっかけなく動く方は稀で、何かが起きた時にその気持ちが高まり、転職活動をスタートさせる人がほとんどです。

例えば、賃金水準に不満を感じていたものの、短期的な生活としては問題ない方が居たとします。

ただ、子供が生まれたといったことや、会社業績低迷により賃金が急に下げられるといったきっかけが生じた時に、転職を決意するようになります。

このように気持ちが優先をされ、多くの人は活動をスタートをします。

そのきっかけとなる事柄が弱い場合には気持ちが冷めるにつれ、転職活動を行うことに対して否定的な感情を抱いたり、漠然とした不安を抱えてしまうようになります。

ひとりで考えると、どうしてもネガティブな方向になってしまうものだから

転職は人生を変えるイベントです、当然判断を間違えると思っていたものとは違う転職先を選んでしまい、後悔をしてしまうことだってあります。

そのため、転職活動を進めるとリスクばかりに目が行きがちになり、そのリスクを回避する方法ばかりを考えるようになってしまうため、不安に駆られることが多くなります。

自分の希望する求人の有無:23%、経済的な不安定さ:21%、転職活動期間の長期化:19%、自分の転職の可能性:17%、精神的な余裕のなさ:9%、現職の業務への支障:3%、家族からのプレッシャー:3%、その他:5%
出典:ミドルの転職「「転職活動中の苦労・不安」について」

転職活動は、上記のようにさまざまなことを考慮しながら進めていかなくてはならず、その対策をひとりで講じながら転職活動を行おうとすると、感じる必要もない自分のスキル不足や、将来的な不安まで考えるようになってしまいます。

転職活動を行う上で考える必要のないことまで考えるようになるため、不安を抱えるようになります。

転職をしようと思い立った時に、一度冷静になって考えてみることが大事です。

転職したい気持ち<転職しなくてはならない理由という構図になるのであれば、活動を開始すべきですが、

そのような構図にならない場合には、少し時間をかけて考えていくことが大事です。

みんなが転職で不安に感じていることは何か【解決記事も紹介します】

あっきー

まだ転職したい気持ち<転職しなくてはならない理由も明確にできたんだけど、漠然とした不安は残っているんだよね。

そうだよね、転職は見えないことへのチャレンジになるから不安を抱えるのは当然だよ。

それじゃ、みんながどのような点に不安を感じているのかをイチから解説していくね。

出典:BIZ QUEST「転職が怖い」と思う理由

新しい職場に溶け込めるのか心配に思う時に把握しておきたいこと

勤めている会社をやめて、転職をするということは、新しく人間関係をイチから作ることになるため、当然不安に感じます。

会社が異なれば社風や価値観も異なります。

馴染めるかどうかを転職活動中に判断をしていくことは難しいです。

これを回避するためには、入社前の情報収集が不可避ですが、その集めるポイントについて過去記事で解説をしていますので、ご参考くださいませ。

ブラック企業への応募をしないために気を付けておくべきこと

求人内容だけでは、今の会社よりも好条件に感じたものの、入ってみると全く異なる環境だったということは珍しくありません。

このような企業は一般的にブラック企業と呼ばれますが、一定、応募の際に見極め、回避をすることが可能です。

そのため何を見極め、どんな兆候の会社を回避すべきなのかをまとめた過去記事をご紹介します。

ただ、応募段階で100%見極めを行うことは難しく、面接を経て確認をしていくことも併せて行いましょう。

採用面接が怖いと感じるのは、どんな質問をされるのかがわからないから

人事が怖い剣幕で質問をしてくるイメージを持つと、どうしても面接が嫌だと感じることも多いのではないでしょうか。

面接は何のために行われ、何を判断するものなのかを把握することで、面接への恐怖は一定解消をされます。

下記の参考記事では、書類選考の際に見られる点、そして面接で見極められるポイントについて解説をします。

書類選考で見極められる項目について解説

面接で見極められる項目について解説

上記の二つの記事を見ることで、なぜ面接が必要であり、何を確認するものなのかという面接に関わる全体像が把握できるようになるため、自然と対策を講じることができるようになり、不安も和らぎます。

書類選考と面接では、それぞれ押さえておくべきポイントは異なりますので、双方必ずチェックしてください。

自分に自信がない場合に見ておきたいもの

自分に自信がないのは、ほぼ全ての人が該当するといっても過言ではありません。

謙虚に捉える日本人は特にこの傾向は強いと言われています。

ただ、自分に自信がないというのはネガティブな要素にも捉えられがちですが、実はポジティブな側面もあります。

それは、自分に自信がないために、能力を補おうと努力する学習意欲が高い人が感じることだったり、慎重に物事を考える傾向のある人が感じやすいことだったりするので、必ずしもネガティブと捉えなくても構いません。

もし自分自身が何をすべきなのかが明確になっておらず自信を持てないということであれば、一度キャリアカウンセリングをしてみると、自ずと自信が持てるようになるのでおすすめです。

退職時の引き留めが億劫に感じる際に、把握しておきたいこと

退職を申し出た時に、上司が鬼の表情になるのではと考えると、二の足を踏んでしまうのは躊躇してしまいますよね。

ただ、これも対応方法さえ理解してしまえば、淡々とコトは進み、穏便に退職をすることができるようになります。

退職を申し出た際にどのよな状況を迎えるのかが見えないために不安を感じることになります。

下記の記事では退職時に上司から言われることをまとめた記事となっています。

引き留めを受けた際に答えるべきこと、次の転職先を尋ねられた時に回答すべきことなどをまとめていますので是非参考ください。

辞めてからの転職活動はご法度、必ず在職中に転職を実現しましょう

辞めてから失業保険を受け取りながら転職活動をしようとしている人は考え方を改めましょう。

転職活動はどれだけ長期化するのか人によって異なるため、万が一長期化をしてしまった時に生活苦になってしまっては転職活動どころではありません。

そのため在職中に次の転職先を決めて、退職をすることが大事です。

ただ、離職期間が生まれてしまうのではという漠然とした不安を感じるのも無理はありません。

理由としては転職活動の全体像が把握できていないため、どんな順序で何から始めて良いのかがわからないため、そう思うのではないでしょうか。

そのため下記の記事では、転職活動に際しての「流れ」を整理したものです。

結局、転職活動中に不安を感じることのまとめ

転職活動を始めた当初の不安感について

これは、そもそも転職活動をすべきかどうか、という点について迷いが生じ、それがきっかけとなり不安感を感じることです。

「転職を行いたい」ではなく「転職をするべき」という状況になるまでは、活動をするのは控えましょう。

まずは転職をするという気持ちを確固たるものにして、臨むことが不安解消には先決です。

転職活動中の不安感について

将来のことについて不安を感じます。当然転職は自分に大きな影響をもたらすものゆえ、誰もが慎重になるため、考えすぎてしまう傾向にあります。

ただ、大事なのは自分にあった転職先とは何かを定義して、その条件に合致をしているものを探していくことが転職活動であり、その事柄に影響をするもの以外であれば、考える必要はありません。

そのため、転職に必要な助方を書き出し、それ以外のことは考えない、という一定の割り切りが必要と言えるでしょう。

転職直後に抱える不安感について

これは、自分自身が選択をしたことが間違っていなかったと確かめる際に不安に感じることです、そもそもですが、事前にイメージをしていたことが100%マッチしていたという職場はありません。

そのため細かいことでのミスマッチを感じてしまい後悔をするというのは、あまり意味のないことです。

大事なのは自分が転職を行う上で大事にしたいことの上位3つ程度がしっかりとある会社かどうかだけを見ておくべきであり、細かいところについてはある程度の許容が必要だと感じることで、この不安感は解消されるはずです。

最後に、それでも不安を感じている方へ、切り替える魔法の言葉をプレゼント

あっきー

誰もが転職活動を行うにあたり、不安を感じているんだね。

自分だけでないということがわかってちょっとホッとしたけど、でもやっぱり完全に不安を拭うというのは、なかなか難しいね。

そうだね、不安を感じるのは自身の気持ちだから、完全に払拭をするのは難しいよね。

ただ、そんな躊躇をしてしまっている状況のあっきーに、自分自身も響いた言葉をプレゼントするね。

不満か、不安。どちらを取るべきか

現職に残るということであれば、不満を抱え続けることになるでしょう。

それが許容できる範囲のことであれば、転職をする必要はありません。ただ、一定許容できないような状況であれば、転職を決意すべきです。

その際に自分が持っている不満と将来抱えるであろう不安を天秤にかけた時にどちらを解消したいと思えるのかを考え、自分の気持ちを整理してみましょう。

今しかできない選択肢もある

いつかは転職をしたいと感じていても、正直年齢を重ねれば重ねるほど転職の難易度は高まります。

それだけ選考で厳しく見られるようになり、自ずと採用率も低くなります。

そのため、転職を決意したのであれば、5年先10年先でも同様に選択が可能なのかという時間軸で検討をしてみて、今しかできない判断であれば、決意をしていくということが大事です。

一旦、良いことばかりを想定してみる

誰もがネガティブなマインドを持ってしまうと否定的なことしか想像できなくなるため、結果もあまり良いものが得られることはありません。

ただポジティブなものを書き出し、それらを認識することで、思考がポジティブに働き、不安に感じることがなくなります。これは思うだけでなく、一度書き出しをしていただき、自分自身が目視で認識をするというのが重要です。

転職で不安を感じる方は100%といっていいほど、ほとんどの人が感じることです。そのため、あなたが不安を感じてこの記事を見ているのであれば、それは普通のことであり、何ら怯える必要はありません。

ただ、動かないことで生じる損もあるため、まずは今を正しく理解をして、何をすべきなのかを明確にすることで不安は解消されるでしょう。

励みになりますので、コメントくださいませ!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント内容は、丁寧に拝見させていただきます!

コメントする

目次
閉じる